2017年2月フルモデルチェンジした新型マツダCX-5の外観インプレッション(1/5)

以前から気になっていた新型CX-5をようやく試乗することができました。初代マツダ・CX-5が登場したのは2012年2月なので、丁度5年ぶりのフルモデルチェンジです。

それではまずは外観デザインの紹介から。

マツダ・CX-5・ソウルレッドクリスタルメタリック・フロント

マツダ・CX-5・ソウルレッドクリスタルメタリック・フロント

マツダ・CX-5・ソウルレッドクリスタルメタリック・サイド

先代CX-5はかなり斬新な魂動デザインで登場し、5年の歳月を経た今でも古くさく感じることは全くありません。

車にあまり詳しくない人が見れば、どっちが新型なのかわからないかもしれませんね。

私もCX-5であることはわかっても、それが新型なのか旧型なのかすぐにはわかりませんでした。もちろん、今はすぐに判別できますよ。

じっと見比べると新型CX-5はよりワイド&ローになってカッコよくなっています。

フルモデルチェンジしてもそれほど大胆な外観デザインの変化が見られないのはいい傾向だと個人的には思います。

BMWやメルセデスベンツ、フォルクスワーゲンなどの輸入車はそうですよね。デザインコンセプトはかわらない。30年前のBMWも最新のBMWもそれがBMWであることは一瞬でわかります。

日本の自動車メーカーもレクサスのスピンドルグリルをはじめ、マツダの魂動デザインなどようやく象徴的なデザインコンセプトを持つようになってきました。

ユーザーにとって嬉しいのは、モデル末期に購入して、購入後数か月でフルモデルチェンジしたとしても、見た目にはそれほど違いがないため、新型に嫉妬することもないですから。

欲しいと思った時に買えばいい。いい傾向ですね。

さて、本題に入りますが、今回試乗したのは、ガソリン2.5リッターNAの4WDと2.2リッターのクリーンディーゼルターボエンジンのFFモデルです。

走りの印象はまた別の記事に書きますが、私が好印象だったのは2.5リッターガソリンエンジンのほうです。

外観に関しては、グレードによる違いがまったくわかりません。というか同じ外観をしていますね。

マツダ・CX-5・ソウルレッドクリスタルメタリック・リヤ

マツダ・CX-5・マシーングレープレミアムメタリック・リヤエンブレム

このように、ガソリン車のほうはリア・エンブレムにSKYACTIVE TECHNOLOGYと書いてあり、ディーゼルエンジン車のほうはSKYACTIVE D TECHNOLOGYと書いてあります。

エンブレムを見ないと識別できないということですね。

ガソリン、ディーゼル車どちらも一番下のグレードはタイヤ・ホイールのサイズが17インチで、それ以外のグレードはすべて19インチでアルミホイールのデザインもかっこよくなります。

マツダ・CX-5・マシーングレープレミアムメタリック・19インチアルミホイール

私が購入するなら、ガソリンエンジンの最高級グレードの25S L Packageの4WD(税込の車両価格が3,213,000円)にすると思います。

一番下の20S 2WDが税込2,462,400円なので、装備内容を考えると安いなーって思います。

CX-5最大の競合車となり得るトヨタのハリアーに比べるとかなり安い印象ですね。

でも、ハリアーかCX-5のどちらを買いますか?と入れれれば、私なら少々高くてもハリアーにします。ハリアーにするなら折角なので、もう少し無理して先日マイナーチェンジで追加されたハリアーターボにします(笑)。

理由は後席が広いから。でも、その分ハリアーのほうが全長が18センチも長いです。なので、CX-5のほうが取り回しはしやすいでしょうね。多少は。

独身ならCX-5でもいいですが、やはり小さな子どもがいるので後席は出来るだけ広々している車両を優先的に選んでしまいます。

ボディーカラーですが、マツダ車はどのモデルも赤をメインカラーにしていて、ソウルレッドクリスタルメタリックというワインレッドがすごく似合います。ただし、この色は特別塗装色で75,600円もしますが。。。

それならホワイトパールがいいかな。これも特別塗装で32,400円です。

マツダ・CX-5・マシーングレープレミアムメタリック・フロント

マツダ・CX-5・マシーングレープレミアムメタリック・フロント

マツダ・CX-5・マシーングレープレミアムメタリック・リヤ

マツダ・CX-5・マシーングレープレミアムメタリック・リヤ

こちらはマシーングレープレミアムメタリックという、これも特別塗装色です。54,000円なり。

マフラーは左右出しでスポーティーです。カッコいい!やっぱり左右出しがいいなあ。昔のっていたポルシェ・ボクスター(987前期)はセンター2本出しでなんかイマイチな印象でした。あのデザインにはセンター出しのほうがバランスがとれてるのかもしれませんが。。。

マツダ・CX-5・マシーングレープレミアムメタリック・LEDヘッドライト

ヘッドライトは今流行りの横長デザインですね。LEDで明るそうです。

マツダ・CX-5・マシーングレープレミアムメタリック・シャークフィンアンテナ

こちらはシャークフィンアンテナ。いい感じのデザインバランスです。

ということで、フルモデルチェンジした新型CX-5のエクステリアデザインのレビューでした。

次の記事

今回試乗した【CX-5】のスペック
車名 CX-5 メーカー名 マツダ
グレード名 25S PROACTIVE 発売日 2017年2月2日
フルモデルチェンジ
車両重量 1610kg 全長×全幅×全高 4545×1840×1690mm
乗車定員 5人乗り ホイールベース 2700mm
排気量 2488cc 最小回転半径 5.5m
駆動方式 4WD 最高出力
(kW[PS])
135[184]/6000
ミッション 6AT 最大トルク
(N・m[kgf・m])
245[25]/4000
燃料 レギュラー エンジン 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
JC08モード燃費 14.6km/L 型式 DBA-KF5P
現行モデル発売 2016年12月~
[2代目]
タイヤサイズ 225/55R19 99V
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのCX-5を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのCX-5を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

CX-5の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

CX-5を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでCX-5の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る