ボルボ・XC90試乗 外観デザインの印象(1/5)

最近、SUVという言葉がよく聞かれるようになりました。
車に興味のない人は、「SUVてなんのこと?」て思う人がほとんどではないでしょうか。簡単に言えば、SUV(spots utility vehicle)スポーティーで多目的な乗用車のこと。
90年代はのパジェロなどの4輪駆動車ブームがあり、そのときはそういった車のことをRV(recreational vehicle)と言っていたと思います。
RVのジャンルの一つがSUVと言われていますが、はっきりとした決まりはないようです。

今回は、ボルボ車のラインアップで最上級のプレミアムSUVと呼ばれているボルボ XC90を紹介します。
ボルボと言えば、昔から「頑丈で壊れない」が定番でした。
しかし、最近のボルボ車を見ると、今までのイメージとは全く違っていました。

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum 試乗車

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum 試乗車

特に、XC90は昨年フルモデルチェンジして、外観は従来のボルボのイメージを払拭するような、まとまりのあるデザインで好感が持てました。
店の情報によれば、2017年RJCカーオブザイアー・インポート受賞と日本でお馴染みの、2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーでは上位10位に選出されたとのこと。
XC90のグレードは

  • T5 Momentum
  • T6 R-Design
  • T6 Inscription
  • T8 Twin Engine Inscription

の4種類があり、今回は、最廉価のT5に試乗しました。

安全性だけではない先進的なデザイン装備

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum 右斜め前から

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum 右斜め前から

ボディーカラーはクリスタルホワイトで、ヘッドライトのデザインがとても特徴的に見えました。

ヘッドライトの中央にウインカー機能を持ったランプ(ポジショニングライトも兼ねた)が配置されています。

アルファベットのTを横にしたような配置形状は、とても独創的な印象を受けました。
それを挟んで上下にLEDのヘッドライトが配置されています。
最近日本の各車に装備され始めている自動のライトのON/OFFやLOW/HIGH仕様です。

また、ヘッドライトはアクティブベンディング機能と言うそうですが、カーブなどを走るときに進行方向に向きが変わる機能をもっていて、とても先進的です。
フロントの一番下に、夜間などに進む方向に応じて自動的に照らすフォッグライト(コーナリングライト機能)が装備されています。さすが、安全性を一番にしているボルボです。

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum ヘッドランプ

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum ヘッドランプ


ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum ヘッドランプ

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum ヘッドランプ


ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum フォグランプ

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum フォグランプ

足元は、グレード専用の19インチ10本スポークアルミホイールを履いていて、白のボディーカラーととてもマッチしていました。

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum 10本スポークアルミホイール(235/55R19)

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum 10本スポークアルミホイール(235/55R19)

ライト類にも先進性が感じられますが、安全技術でもカメラがフロントガラス上部中央に設置されていて、レーダーはフロントのグリル内に標準装備されています。
唯一変わっていないのが、フロントグリルにある斜めに目立つボルボのマークです。
ひと目でボルボ車だと分かります。

後ろから見るスタイルは極めてシンプルにまとめられていて、モデルチェンジ前とあまり変わった印象は受けません。
また、外観上のグレードの違いは、右側に貼ってあるT5のエンブレムだけでしかわかりません。

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum エンブレム

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum エンブレム

最近のボルボ車では、天気予報で表示される雷(表現がむつかしいのですが汗)のような形をしたモチーフのテールランプが全車に採用されていて、ボルボの個性を主張しています。

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum 右斜め後ろから

ボルボ・CX90 T5 AWD Momentum 右斜め後ろから

また、メッキされた大型のルーフレールやストップランプ内蔵のテールスポイラーが標準装備されていて、スポーティー感を強調しています。

次の記事

今回試乗した【XC90】のスペック
車名 XC90 メーカー名 ボルボ
グレード名 T5 AWD Momentum 発売日 2016年1月
フルモデルチェンジ
車両重量 2060kg 全長×全幅×全高 4950×1930×1775mm
乗車定員 7人乗り ホイールベース 2985mm
排気量 1968cc 最小回転半径 5.9m
駆動方式 4WD 最高出力
(kW[PS])
187[254]/5500
ミッション 8AT 最大トルク
(N・m[kgf・m])
350[35.7]/1500
燃料 無鉛プレミアムガソリン エンジン 水冷直列4気筒DOHC16バルブICターボ
JC08モード燃費 12.9km/L 型式 DBA-LB420XC
現行モデル発売 2016年1月~
[2代目]
タイヤサイズ 235/55R19
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたの愛車を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りの愛車を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

愛車の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

愛車を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットで愛車の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

Mr.A

Mr.A認定ライター

投稿者プロフィール

60代 男性 愛知県在住

免許を取って約40年、最近まではずっとマニュアル車に乗っていました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る