2017年2月フルモデルチェンジした新型マツダCX-5の内装インプレッション(その2)(3/5)

シフトレバーはブーツでおおわれています。高級がありますし、ゴミや埃が入らなくていいですね。グリップ感はなかなか良かったです。

マツダ・CX-5・シフトレバー

シフトレバーの右にスポーツモードのスイッチがありますが、そのスイッチの周辺がピアノブラック塗装されていて高級感があっていいのですが、スポーツモードのスイッチを運転中にブラインドで探す際に、このピアノブラックのところに指の爪があたってキズだらけになってしまいそうな気もします。

マツダ・CX-5・シフトレバー

シフトレバーを右に倒すタイプにするか、レバーのグリップの左手親指が当たる部分に小さなボタンを設けるとかで対応したほうがブラインドで操作しやすいかと思います。

パーキングブレーキは電子式で、オートホールド機能もあります。

この電子式パーキングブレーキですが、アルファードの場合、エンジンスタートして発進時はパーキングブレーキのボタンを操作して解除しなくてもアクセルを踏むだけで自動的に解除されます。

駐車時も停止してシフトレバーをPに入れると数秒後に自動的にパーキングブレーキがかかります。

新型CX-5の場合は、たしか営業マンは手動で操作する必要があると言っていた記憶があります。まあ、それは大きな問題ではありませんが。

なによりもオートホールド機能があることが私にとっては重要です。これは個人的には必須の機能です。信号待ちで足がすごーく楽になるのです。

ダッシュボード、エアコンの吹き出し口。ダッシュボードの材質は合皮でステッチが入っています。なかなか高級感がありますね。

マツダ・CX-5・センターコンソール

マツダ・CX-5・フロントエアコン吹き出し口

パワーウィンドウなどのスイッチパネルもピアノブラック調です。ピアノブラックはキズが目立つのであまり好きではありませんが、見た目はいいですね。

マツダ・CX-5・スイッチパネル

マツダ・CX-5・助手席ドア内張り

i-stop(アイドリングストップ機能)、レーンキープ、トラクションコントロールを切るスイッチや、パワーバックドアボタン、カメラビューに変えるスイッチなどがステアリング右側の下方にあります。

マツダ・CX-5・スイッチパネル

カメラビューのボタンはちょっと操作しにくいです。ステアリングホイール内にあったほうがいいですね。アルファードはそうなっています。

フロントシート。厚みがあって座り心地は良好でした。適度なホールド性もあって運転しやすいです。

マツダ・CX-5・フロントシート

マツダ・CX-5・フロントシート

運転席と助手席にはシートヒーターがあるので冬場は重宝します。ただ、シートベンチレーションは付いていません。本革シートだと夏場に座面や背中が蒸れるので、シートベンチレーションは欲しいですね。

たしかマイナーチェンジされたハリアーターボにはこのシートベンチレーションがあったはずです。

マツダ・CX-5・パワーシート

マツダ・CX-5・パワーシートのスイッチ

運転席は10way、助手席は6wayのパワーシートです。シートメモリー機能もあります。十分ですね。

さて、次はリヤシートです。座り心地は良く、リクライニングも2段階で可能です。ただ、足元スペースが競合車のハリアーに比べるとちょっと狭いのと、センターに出っ張りがあって結構じゃまに感じます。

マツダ・CX-5・リヤシート

ハリアーはほぼフラットなんですよね。

マツダ・CX-5・リヤシート

このように前列シートの背面がちょっと窪んでいることもあって、膝が前のシートにあたることはまずありませんし、窮屈でもないのですが、普段アルファードに乗っていることもあるので、窮屈に感じてしまいます。

大人4人がゆったり乗るのに十分な空間ですし、長時間乗っても疲れないとは思います。

もう少し広い方がいいという方は、今後登場予定のCX-8を待つという選択肢もありますね。CX-8は3列目シートもありますし。

最後にトランクルームです。開口部は広くて使い勝手はかなりよさそうです。深さも十分あります。トノカバーも付いていて、後続車からトランク内の荷物が見えることもありません。

マツダ・CX-5・トランクルーム

マツダ・CX-5・トランクルーム

マツダ・CX-5・リヤゲート

パワーバックドアのスイッチはここにあります。足をバンパー下に入れて開け閉めすることはできません。

あらためて内装の写真を見てみると、かなりクオリティが高いクルマであることがわかりますね。

レクサス級ではないにしろ、価格以上、それ以上の価値があることは間違いありません。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのCX-5を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのCX-5を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

CX-5の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

CX-5を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでCX-5の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る