日産・エルグランド ライダー試乗 高級感とスポーティーなデザインが両立したエクステリア(1/6)

今私が乗りたい車の候補に挙がっている日産エルグランドに試乗してきました。

そろそろフルモデルチェンジをしても良い時期にきているエルグランドですが、未だそのような情報はないようです。
個人的には現行モデルのエルグランドが好きなデザインで、ぜひに!と試乗をしてきました。

ここではエルグランドの主に外装についてお伝えしていきます。

今回私が試乗したエルグランドは、カスタムモデルの「ライダー」になります。
外装はノーマルタイプのエルグランドとは変わりますので、良い所と悪い所そして注目して欲しい所をご紹介したいと思います。

「ライダー」は特に外観デザインが特徴的で、おすすめポイントが満載です。

フロントマスクはライダー専用の高級感と走りを表した精悍な顔つき

まずは皆さん気になるのフロントマスクですが、エルグランドライダーの最大の特徴と言うべきフロントバンパーと専用のグリルが、今作のエルグランドライダーを全て表している様な気がします。

日産・エルグランド ライダー フロントマスク

日産・エルグランド ライダー フロントマスク

メッキを多用したフロントは、メーカーが詠うking of minivanを象徴しており、写真や実際に見た時も非常に高級感を感じとれます。
更に、乗って走ってみたいと思わせる作りは、さすが日産のスポーツスピリットの表れかと思います。

ひと昔の日産は走りや性能を追求し、いまだにその頃の車が色あせず走っているのは乗っていて楽しく、見ていても洗礼された車だったからではないでしょうか。

人によっては、日産はスポーツ精神を忘れたと言う方もいるかもしれませんが、決して忘れてはいないと思います。
エルグランドライダーはミニバンですが、ミニバンらしくない顔つきは走行性と同様に、乗り手に走る楽しさや喜びを与えてくれる素晴らしい車の表現をしていると思います。

メーカーエンブレムよりスタイルを重視したメーカーの本気度

皆さんは気付いているかもしれませんが、普通どんな車でもある物がこの車には付いていません。
それに気づくと、どれだけメーカーがこのエルグランドライダーを製作する際に強気かが分かると思います。

それはメーカーのエンブレムがないのです!
これにはビックリしました。

日産・エルグランド ライダー フロントグリル

日産・エルグランド ライダー フロントグリル

エンブレムより日産が推しているアラウンドビューモニターのフロントカメラがついているのが目立つのが残念ですが、エンブレムを無くす事により、車のイメージや本来のグリルの良さが非常に良くなり、フロントマスクのラインが綺麗に見えて、とてもいいと思います。

エルグランドライダーは、専用のアルミホイールも車体と相性が良く、アフターパーツを選ばなくても十分に見栄えが良いと思います。

日産・エルグランド ライダー アルミホイール

日産・エルグランド ライダー アルミホイール

純正でメッキホイールはなかなかお目にかかれないので、エルグランドを十分に引き立ててくれています。
但しインチアップを検討されている方は、アフターパーツを選ばれた方が良いと思います。

スポンサーリンク

専用バンパーと専用スポーツマフラーがリアを引き締めているスポーティーなデザイン

肝心のリアですが、これも引き締まった良いスタイルになっており、先代同様のリアテールランプがつながった感じは残りつつ、先代よりもシャープで綺麗なランプになっています。

日産・エルグランド ライダー リヤ

日産・エルグランド ライダー

エルグランドライダーは基本スポーツ性を追求していますので、マフラーもスポーツマフラーが入っています。

走行音はほぼ純正と変わらない音量ですが、低く良いサウンドの仕上がりになっており、今の騒音規制でのマフラーとしては十分なのかと思います。

日産・エルグランド ライダー マフラー

日産・エルグランド ライダー マフラー

リアバンパーはディフェーザー構造になっており、スポーティーなイメージは十分出ている感じがします。

実際乗っていて外観は見えませんが、周りから見ると対抗馬のベルファイアアルファードなどと比べても十分勝てるデザインではないかと思います。

全体的にみると先代より車高も低く乗り降りもしやすく、高級感とスポーティーなデザインの両立がしっかりとかみ合っていて素晴らしいと思います。

ライダーは更にダウンサスが入っていますので、ノーマルのエルグランドより低くなっています。
このサスペンションがなかなか良いのですが、詳細は走りの方で紹介します。

真横から見ても重厚感を保ちつつスポーティーさをしっかりと表現できているのは、日産の車作りの技術の高さを証明していると思います。

ミニバンにありがちなぼてっとした感じがなく、高さが低く見えますが、室内は十分な高さがあり、ミニバンの良い所はしっかりと作り上げている所は素晴らしいと思います。

日産・エルグランド ライダー

日産・エルグランド ライダー

今回試乗した【エルグランド】のスペック
車名 エルグランド メーカー名 日産
グレード名 ライダー 本革シート 車両重量 1,620kg
発売日 2014年1月20日
マイナーチェンジ
全長×全幅×全高 4980×1850×1810mm
乗車定員 7人乗り ホイールベース 3000mm
排気量 2488cc 最小回転半径 5.7m
駆動方式 FF 最高出力
(kW[PS]/rpm)
125[170]/5600
ミッション CVT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
245[25.0]/3900
燃料 レギュラー エンジン 直列4気筒DOHC
JC08モード燃費 10.8km/L 型式 DBA-TE52
現行モデル発売 2010年8月~
[3代目]
タイヤサイズ 225/55R18 98V
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのエルグランドを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのエルグランドを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

エルグランドの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

エルグランドを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでエルグランドの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ricky

ricky認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 北海道在住

30代のメガネ女子です。生活スタイルが男らしいといわれるダメ女子です^^;

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る