トヨタ30系新型アルファード試乗 ハイブリッドとガソリンモデルの走行インプレッション比較(6/8)

2015年1月にフルモデルチェンジした30系アルファード。
エアロ仕様のハイブリッドモデル(SR”Cパッケージ”)とノーマル仕様のガソリンエンジンモデルの3500cc(Exective Lounge)を試乗しました。
ヴェルファイアにも既に試乗しているのですが、ドライブフィーリングとしては同じかと思います。
ヴェルファイアではハイブリッドモデルとガソリンエンジンモデルの2500ccを試乗しているので、気持ちをクリアにした常態で試乗をしてきました。

ハイブリッドモデルに試乗!~SR”Cパッケージ”~

まずはハイブリッドモデルのSR”Cパッケージ”に乗り込みます。
SR”Cパッケージ”はハイブリッドモデルの中ではExective Loungeの次に高価なモデル。
トヨタ30系新型アルファード 運転席
トヨタ30系新型アルファード 視界

ちょっと女性ですと乗り込むのが大変ですね。
ただしステップがあることで幾分、緩和は出来ているかと思います。

座り込んでみると、特別感を感じますね。
身体をすっぽりと包み込むような感じというのでしょうか?
なかなか他の国産車では味わえない感覚だなと思いました。

また、インパネを見てもタコメーターが存在しないことが分かります。
トヨタ30系新型アルファード メーター

こちらに関してはステアリング部分にあるスイッチを切り替えることで、インフォメーションディスプレイが表示されます。
トヨタ30系新型アルファード インフォメーションディスプレイ

バッテリーの残量もインフォメーションディスプレイにての確認となります。
トヨタ30系新型アルファード インフォメーションディスプレイ
切り替えがその都度必要になってしまうので、その点は何とかならなかったのかな・・・と思いました。

早速、スタートボタンを押してシステムを起動します。
トヨタ30系新型アルファード スタートボタン
やはり、こちらもヴェルファイアと同様に静粛性が高く無音無振動です。

そして発進してみます。
後輪のアシストモーターがきいているので、スムーズに感じます。

エアコンやオーディオのスイッチをオフにしてみると、ロードノイズが入ってこないことにも気付きます。
この辺はヴォクシーエスクァイアなどと比べると突出している部分でしょう。
ダブルウィッシュボーンの恩恵を受けているのかも知れませんね。

停止して充電になる際に少し振動を感じますが、走行中などには気になるものではありません。
アクアも所持しているのですが、エンジンの感触なども含めて同じハイブリッドモデルとは思えません。
あまりエンジンの存在を感じないと言うのでしょうか?
でも飛ばしたい時はアクセルを踏めば、それこそ十分な加速を得ることは可能です。

実際に3500ccを試乗しているので、そちらと比較してしまえば力不足は否めません。
大人だけでフル乗車・・・なんてことになったら非力さを感じてしまうでしょう。
でもそこを求めてしまうならば、ハイブリッドモデルは購入出来ないと思います。
なお、後部座席に乗っていた私の家族は乗り心地が柔らかくてもっと乗っていたいと言っていました。

Ashburnで新車を最安値で購入する方法を教えます!

スポンサーリンク

ガソリンモデルに試乗!~Exective Lounge~

早速試乗したのはガソリンモデルの中で最上位にあたるExective Loungeです。
トヨタ30系新型アルファード Executive Lounge

こちらのグレードは専用の完成車検査ラインまで新設したというもの・・・
乗り込んでみても、自分で運転するよりは乗せてもらいたい車だと言うのが率直な思いですね。

スタートの仕方に関してはハイブリッドモデルと全く同じです。
そのままアクセルを踏んで走行して行きます。
走り始めてみると何とも言えないトルクフルな感じ!
最大出力・トルクは、280PS/35.1kgf・m。
2t以上あるボディですが、ガンガンと進んでいきますし気持ち良いくらいのものです。

「すごいですね」
と、思わず同乗した営業スタッフに言ってしまいました。
営業スタッフも自信を持ってお勧め出来るとのことで、笑顔を見せていましたね。
それにただ早いだけではなく、安定感も十分です。
ただしハイブリッドと比較して静粛性の面では劣ってしまいますが、そこはガソリンエンジンモデル!
加速とともにエンジンサウンドを楽しみたいものです。

Exective Loungeは車両総重量が他の3500ccと比べると20~30kgほど重いです。
でもこのボディサイズで20~30kgでしたら大きな変化はないのでしょうか・・・。
Exective Lounge以外も気になるところです。

兄弟車のヴェルファイアのガソリンモデルの2500ccには試乗をしていて、それなりに満足は出来ました。
でも3500ccの爆発的な加速を知ってしまったら2500ccには行けません。
旧型からの買い替えで3500ccに乗っていた方が、2500ccに下げることは少ないと話していました。
やはりこの加速感を覚えてしまってるからなのでしょうね。

アルファードの試乗を通してみて感じたこと

まず、加速の満足度でしたら3500ccがダントツです。
その昔、スポーツカーなどに乗っていてスピード感のある車が好きな方にも好評かと思います。
ただ気になるのが燃費とハイオクガソリンを使用するのでコスト面がかかると言うことでしょう。

また、3500ccのガソリンエンジンモデルにはアイドリングストップ機能がありません。
いちいち停止してしまうのが嫌だ・・・と言う声もあるのだそうです。
高級車に乗る方ですと、その辺はあまり気にならないのですね。

それに対して静粛性だったり燃費の面を考慮してくるとハイブリッドモデルかと思います。
ガソリンエンジンモデルの3500ccよりは非力があるものの、街乗りでしたら十分すぎます。
やはり、どの車種にも言えますが試乗して比較!これに尽きると思いますね。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルファードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルファードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルファードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルファードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルファードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る