ホンダ・フリード フルモデルチェンジは2016年9月予定か? エンジンはスポーツハイブリッドとガソリンエンジンの2タイプ

2008年に登場以来、使い勝手のいいコンパクトミニバンとして一世を風靡したフリードですが、8年目となる2016年秋にようやくフルモデルチェンジが決まり、2代目フリードが誕生します。
各メディアの情報によると、フルモデルチェンジは2016年9月に正式発表されるのでは?との噂が濃厚です。

外観のエクステリアに関しては、公式サイトにていよいよ画像が公開されました。

ホンダ・新型フリード 試作車画像

ホンダ・新型フリード 試作車画像

パッと見た印象はステップワゴンをひと回り小さくした感は否めませんが、実車で見るとまた印象が違うかもしれませんね。

ハイブリッドとガソリン車の2タイプ設定

新型フリードのパワーユニットは、ガソリン車とハイブリッド車の2タイプで、設定としては現行モデルと変わりません。
もちろん、ハイブリッドシステムやエンジンは刷新されます。

ホンダ・新型フリード 選べるエンジンタイプ

ホンダ・新型フリード 選べるエンジンタイプ
(Photo by HONDA Webcatalog)

  • ガソリンモデル:1.5L直噴 DOHC i-VTEC
  • ハイブリッドモデル:1.5L直噴 DOHC i-VTEC スポーツハイブリッド i-DCD

ハイブリッドエンジンについて

現行モデルのフリードのハイブリッドシステムは、「IMA」という一世代前のもので、カタログ燃費は21.6km/Lと、ライバル車のシエンタの27.2 km/Lからは大幅に引き離されている現状。

今回のフルモデルチェンジで、新型フリードにはフィットヴェゼルジェイドシャトル、グレイスにも採用されているスポーツハイブリッドと呼ばれる「i-DCD」が採用されます。

「i-DCD」は1つのモーターと、トランスミッションがCVTではなく7速DCTという組み合わせです。
無段変速のCVTとは違い、「DCT(デュアルクラッチトランスミッション)」はダイレクトな加速感でスポーティーな走りができるというのがウリです。
こういった走る楽しさを求めるのもホンダのこだわりですね。

ホンダ スポーツハイブリッド「i-DCD」(ヴェゼル)

ホンダ スポーツハイブリッド「i-DCD」(ヴェゼル)
(Photo by HONDA Webcatalog)

ただ、フィット、ヴェゼルで立て続けにリコールが発生し、ホンダのハイブリッドは大丈夫か!?という懸念が一時期ありますが、今はリコール問題も落ち着き、ユーザーの評価も高いようです。

以前にリコール問題が落ち着いてからの新型フィットハイブリッド車に試乗しましたが、思っていた以上に滑らかで加速のパワーも十分だった印象でした。

ハイブリッドシステムは異なりますが、オデッセイハイブリッドに試乗した際は、正直あまり良い印象がなかったので(試乗時にモーターの充電量が十分でなかったというのもありますが)、ハイブリッドに関してはフィットなどに搭載されている「i-DCD」の方が印象は良かったように思います。

そして、燃費については、シエンタ27.2 km/Lというカタログ数値を出しているので、新型フリードでは最低でもシエンタと同等、あるいは上回ってくる可能性も高いですね。
シエンタより1年以上遅れての発売ですから、そこはホンダも意地をみせてくるのではないでしょうか。

ガソリンエンジンについて

ガソリンエンジンは1.5Lの直列4気筒DOHCエンジンで、フィットやヴィゼルに搭載されているエンジンと同じものになるようです。
ヴェゼルで20.6km/L、フィット、シャトル、グレイスで21.8km/Lという数値を出しているので、新型フリードでも同等の燃費性能にもってくるのではないでしょうか。

シエンタのガソリンモデルが20.6km/Lとなっているので、こちらも同等レベル、あるいは上回ることも期待されます。

スポンサーリンク

新開発のダウンサイジングターボエンジン搭載は見送りに

新型フリードのガソリン車には、新開発のダウンサイジングターボエンジンとして
「1.0L 3気筒直噴ガソリンi-VTECターボ」が搭載されるのでは!?
との情報が流れていましたが、残念ながら今回のフルモデルチェンジでは見送られたようです。

ホンダは積極的にダウンサイジングターボエンジンを搭載していく方針だったようですが、1.5Lターボエンジンの新型ステップワゴンが残念ながら予想を下回る販売状況で、
ダウンサイジングターボエンジンでは売れない・・・
との判断もあったのではないかと思われます。

欧州車では多く採用されているダウンサイジングターボですが、日本では燃費重視のハイブリッド車の方がニーズが高いということでしょう。
高燃費を求めるか、走りを求めるか、といったところになるかと思いますが、コンパクトミニバンという車格を考えると、やはり燃費性能を重視せざるを得ないのかもしれませんね。

新型オデッセイに追加されたハイブリッドモデルの売れ行きが好調ということですから、なおさらでしょう。
ステップワゴンにもハイブリッドモデルが追加されると、もっと売れるのではないかと思いますが、いずれ登場するでしょうか。

トヨタもクラウンやオーリスに、レクサスはNXにダウンサイジングターボを採用していますが、まだ一般的にメジャーなモデルといった認識はないように感じます。
日本でダウンサイジングターボがメジャーなエンジンとなるのは、まだまだ難しいようです。

ホンダ・新型フリード 試作車画像

ホンダ・新型フリード 試作車画像

ハイブリッドモデルに4WD(AWD)の設定が追加に

現行モデルのフリードハイブリッドの駆動方式はFFのみの設定でしたが、フルモデルチェンジ後の新型フリードにはハイブリッドモデルにも4WD(AWD)の設定が追加になるようです。

ホンダはハイブリッドモデルにも積極的に4WD(AWD)を採用していて、通常はFFで走行し、状況に応じて後輪にも駆動力を配分するタイプの4WDシステム(AWD)となっています。

ライバル車のシエンタハイブリッドには4WD設定がないので、雪国住まいであったりウィンタースポーツをするユーザーさんには新型フリードのハイブリッドモデルは魅力ではないでしょうか。

ホンダ・新型フリード 試作車画像

ホンダ・新型フリード 試作車画像

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのフリードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのフリードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

フリードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

フリードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでフリードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る