レクサス・NX試乗 スイッチの多さだけ装備が充実(5/10)

レクサス・NXの内装インテリアインプレッション第三弾になります。
これまでインテリアカラー、シートカラーにインパネ周辺までお伝えしてきました。
次は多いと言われているスイッチ類にアクセサリー、ラゲッジルームをご紹介します。

見てるだけで気分が上がるインテリア・アクセサリーも質感十分!

まずドアを開けてみると・・・
レクサス・NX 内装

キラリと足元に見えるのがスカッフプレートです。
”I Package”とベースモデルに共通となるものです。
レクサス・NX スカッフプレート

”versionL”のものです。
レクサス・NX スカッフプレート

”F SPORT”はLEXUSロゴがブラックになる専用タイプです。
わずかな差ではありますが、ここは”versionL”と”F SPORT”に質感アップさせていますね。

ペダルはどうでしょうか?
レクサス・NX ペダル

”F SPORT”は専用装備としてアルミ製スポーツペダル&フットレストになります。
あまり目立たない部分ですが、格好良さはありますね。
レクサス・NX ペダル

全グレードともに標準タイプのものは光りませんが、オプションでの対応は可能!
夜になると足元にブルー、もしくはホワイトに光るスカッフプレート・・・
これが48,600円というなかなか良いお値段なのはネックです。
でもスカッフプレートはオプション装備が多い中、標準装備にされていることはポイントが高い!
乗り込んだ瞬間から気分が上がるのではないでしょうか。

あらゆる場所にスイッチ・・・多いだけの機能あり

レクサスの特徴としてスイッチの多さが挙げられています。
全モデル・全グレードに標準装備のパワーシート。
レクサス・NX パワーシート

運転席だけではなく、助手席にも装備されています。
レクサス・NX 助手席パワーシート

ステアリング横にもこれだけのスイッチがあります(汗)
レクサス・NX 運転席スイッチ

見れば何となくはわかるのですが、夜やとっさの時はわからなそう・・・
慣れが必要かも知れませんね。

でもオプション次第な部分もあるので、装備が少ないとこんな感じです。
レクサス・NX 運転席スイッチ
ここまでだとシンプルですが・・・・

ドアにもスイッチがあることが確認できます。
レクサス・NX ドアスイッチ

運転席のポジションメモリーキーで3パターンの登録が可能というもの。
この辺は高級クラスの車にはほぼ装備されていますよね。

そして、スタートスイッチはステアリングの左斜め上にあります。
レクサス・NX エンジンスタートボタン
ちょうど手をのばしてスッと押せる場所にあるので、この位置は良いと思いました。
車種によっては何故ここに?と思うものもありますからね。

シフトの横には、モードを変えるスイッチや電動パーキングブレーキのスイッチがあります。
ブレーキホールドのスイッチも装備されていて、とにかくスイッチが多いです。
レクサス・NX スイッチ

スイッチの多さだけ装備が充実しているということ。
まさにそんな感じではないでしょうか。

スポンサーリンク

ラゲッジルームもグレードによる違いあり

レクサスのラゲッジルームも見てみましょう。
レクサス・NX ラゲッジルーム

このボードは取り外しが可能です。
さすがに高級車なので、取り外してバキッ!とかなったら嫌だったので、このまま撮影です(汗)
レクサス・NX ラゲッジルーム
レクサス・NX ラゲッジルーム

後部座席を倒して広々と使えますね。
6:4分割可倒式シートですが、電動リクライニング&電動格納式機能があるのは”versionL”だけ。
”F SPORT”にのみ54,000円のオプションで装備出来ますが、他のグレードは設定すらありません。

パワーバックドアも”versionL”にのみ標準装備です。
こちらのボタンにて操作可能です。
レクサス・NX パワーバックドア
これは”versionL”以外のグレードでも54,000円のオプションで装備可能です。

アンダーラゲッジトレイもしっかり装備されています。
レクサス・NX アンダーラゲッジトレイ

何もない状態ではこんな感じです。
レクサス・NX ラゲッジルーム

シートアレンジという意味合いでは、特に面白味はないかと思います。
でもシートアレンジ云々な車ではないので、その辺は全然許容範囲ではないでしょうか。

ということで、インテリア第三弾は一旦この辺りで終了いたします。
続いては第四弾となり、内装インテリアインプレッション最終とさせていただきます。
まだまだレクサスの魅力は続いていきます。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのNXを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのNXを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

NXの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

NXを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでNXの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る