スバル・レヴォーグSTI Sport試乗 裏切らない走りとスポーティーかつ上品な乗り心地(1/11)

今回は1.6リッターのGT-Sと、新しく7月から追加デビューした2.0リッターのSTI Sportの2種類のレヴォーグに試乗してきました。
ターボエンジンの力強い走りとスポーティーな乗り心地がとても楽しかったので、走行性と乗り心地についてお伝えします。

スバル・レヴォーグ  STI Sport

スバル・レヴォーグ  STI Sport

まずは1.6GT-Sから試乗

先に試乗したレヴォーグのグレードは「1.6GT-S EyeSight」でした。
この「1.6GT-S EyeSight」は、現在あるレヴォーグ6タイプ(STIの2タイプを含む)の中でも一番売れているグレードなんだそうです。

スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight

スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight

そしてボディカラーもクリスタルブラック・シリカという人気色。
ちなみに一番売れている、ということでこの1.6GT-S EyeSightに試乗させてもらったのですが、同じくらい出ているグレードもあるそうです。詳しくはグレードの項目でお伝えします。

さて試乗してまず感じたのは、このGT-SのSがスポーツタイプのSだと強く実感できる、スポーティさでした。
運転していて道路の状況が感じられるほどサスペンションも少し硬い印象でした。でも悪くない!
やはりスポーツタイプという事で運転していて適度な硬さを感じましたが、直線などでスピードを出して行くと加速もさすがスピーディ、そして走りは安定している。さらに後ろから押してくれるようなターボの力強さも感じました。
素直に運転していて面白い!と感動しました。

そしてメーターですが、これは見やすく分かりやすいですね。

スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight メーター

スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight メーター

運転席正面とフロントパネルのセンターの2つに分かれているのですが、スピードなど正面にあることが見慣れているメーター二つはハンドルの奥に、時計や温度など、運転しながら目に入ると便利な情報はセンターの液晶に表示されていました。
もちろんどちららもカラーで見やすい。

スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight メーター

スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight メーター

センターのメーターは助手席の人も見たい情報が表示されるのでさらに便利だとも思いました。

スポンサーリンク

そして新グレード2.0STI Sport EyeSightに試乗!

先に試乗した1.6GT-Sでかなりの感動がありましたが、さらに力強さを感じるはずだという「2.0STI Sport EyeSight」にも試乗させてもらいました。

1.6GT-Sのボディカラーは人気のブラックでしたが、目の前に現れた2.0STI Sportは目の覚めるようなブルーでした。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

色の名称は「WRブルー・パール」というボディカラー。
このWRブルー・パールはSTIだけの特別な色なんだそうで、営業さんからも是非見てほしい!と言われました。

確かにきれいなブルー!そしてまさにスポーツカーっぽい!カッコよさは抜群ですね。
他にもフロント部分にSTIのエアロパーツなどがついているので、そこもポイントです。
この2.0STI Sport、何がすごいのか?ということについては、また別項にて詳しくご紹介させて頂きます。

さて2.0STI Sportに乗ってみると、1.6GT-Sよりも走りの力強さ、ターボのパワーをさらに感じました。
もちろん排気量の違いもありますが、2.0STI Sportの方が運転していてとても楽しかったですね。

乗り心地は1.6GT-S同様に道路の感触がよく伝わってはきたのですが、比べてみると2.0STI Sportの方がサスペンションが若干柔らかいのかな、と思いました。
1.6GT-Sの方が少し硬い感じがすると思ったので、営業さんに尋ねてみると、2.0STI Sportの方がステアリング剛性を見直しているおかげで、乗り心地も柔らかくなっているんだそうです。
スポーティーさと上品さを兼ね備えたような、まさに上級グレードだと感じました。

また、メーターは赤が基調になっていて、これはこれで特別感がありました。STI色なんですね。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight メーター

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight メーター

運転している時の見やすさという点では、特に差は感じませんでした。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight メーター

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight メーター

8ウェイパワーシートが便利で楽

まず驚いたのはシートの位置が電動で調整できるパワーシートだということでした。
シートの前後、高さ、リクライニングが調整できるのは当然で、シートのホールド具合も変えることができる8ウェイパワーシートになっています。

スバル・レヴォーグ  8ウェイパワーシート

スバル・レヴォーグ  8ウェイパワーシートレバー

これは便利でいいですよね。ちょっと感動ものです。運転のしやすさがこれだけでも変わるのはいうまでもありません!
グレード別設定にはなりますが、今回試乗した1.6GT-Sと2.0 STI Sportにもついていたので、試乗したときは本当に便利だと感じました。
運転席シートポジションメモリー機能も付いていて、4人分まで記憶できるようになっています。
シートの座り心地もいい感じで、運転がとてもしやすかったです。

スバル・レヴォーグ  STI Sport EyeSight シート

スバル・レヴォーグ  STI Sport EyeSight シート

また、レヴォークの運転席からの視界はとても広く感じました。
ピラー部分が細くすることで物理的にも視界を広くするデザインの努力をスバルはしているんだそうです。

取り回しのしやすいボディサイズ

そして意外に思ったのがサイズでした。
レガシーのツーリングワゴンの後継車、と聞いていたのでかなり大きいサイズのボディかと思っていたのですが、実際車を見るとそこまで大きく感じませんでした。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

レヴォーグは全長4,690mm、全幅1,780mm、全高1,490mmと、もちろんインプレッサなどに比べると大きいのですが、ワゴンの枠から考えると、そこまで大きすぎる感じはしませんでした。

横に置かれていたレガシーアウトバックが大きかったというのも、小さく見えた要因かもしれません。
そして、試乗してみると意外と小回りが利くことに驚きました。
試乗した日が平日で、ちょうど前後の予約などもなかったため、通常の試乗ルートから街中も走らせてもらえたのですが、商店街や住宅街の中でも取り回しがしやすいと感じました。

期待以上の裏切らない走り

やはり走りには自信があるスバルの車!
そして今スバルの中でも一番売れているレヴォーグということだけあり、裏切らない走りだと感じました。

最初は街乗りで使うならターボは不要なのでは?という気持ちもありましたが、ターボが付いていることで気持ちよくスピードが出せますし、まず運転していて楽しいのです。それは間違いありません。
さらに、意外にも小回りがきいたので、レヴォーグは街乗り向き?とも思ったくらいです。

走り心地・乗り心地で言えば、さすが売れているというだけあって、とても素晴らしかったです。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのレヴォーグを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのレヴォーグを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

レヴォーグの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

レヴォーグを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでレヴォーグの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る