スバル・レヴォーグSTI Sport試乗 アイサイトがステレオカメラを採用する理由とは(4/11)

スバルがレーダーではなくカメラにこだわる理由

アイサイトについて営業さんの話をきいて疑問に思ったのが、なぜアイサイトはレーダーではなくカメラを採用しているのか?
ということでした。
カメラではなく、レーダーの方が素人的に何となく性能がイイような気がしたので・・・。
実際、他メーカーでは上位車種の安全装備にはレーダーが採用されています。
また、スバルのカメラは人やバイク、自動車なども認識できるのに、他のメーカーではそれらを認識できるとは大々的に書かれていないのはなぜか?とも質問してみました。

スバル・レヴォーグ  ステレオカメラ

スバル・レヴォーグ  ステレオカメラ

営業さんからの回答として、まずレーダーは、出して、反射して戻ってくるまでの時間などで対象物を判断しますが、これはシステム的にはとても簡単なんだそうです。短時間で距離を測定できるし高性能なんだそうですが、レーダーでは人なのか自転車なのか、などの判断ができません。
そこでカメラが必要になるわけです。その為、他のメーカーでは、レーダーとカメラなどを組み合わせているだそうです。

そしてもちろん、スバルだってレーダーの性能は認識されていて、いち早くレーダーを試しているんだそうです。
安全装置に関して国内で一番最初に開発を始めたのはスバルで、他のメーカーが通った道はもうスバルははるか前に通っているんですね。
そしてレーダーだと細かいところまで認識できない、むしろカメラの方が良い、という結論に至って、左右2つのカメラ「ステレオカメラ」、そしてカラー認識を選択することになったわけです。

スバル・レヴォーグ  STI Sport

スバル・レヴォーグ  STI Sport

ではなぜ他メーカーではカメラを採用しないのか?

カメラで細かい認識をできるようにするには、プログラミングも細かく必要になるため、一番手間がかかるんだそうです。
道路状況やその車での見え方、また人・バイク、自転車などに対しての反応(これらは形もスピードも違うため)、試験などを何度も繰り返してデータをとらなければならず、また一車種ずつその車に対応したプログラミングをする必要があるので、とてもとても手間がかかって、つまり開発に時間がかかるんだそうです。

アイサイト ステレオカメラ

アイサイト ステレオカメラ
(Photo by SUBARU Webcatalog)

しかし、スバルがこのカメラのシステムを採用しようと決めたのは、スバルが取り扱っている車種が少ない為に、その車毎にプログラミングを作ることができるからなんだそうです。
そして、プログラミングできたからこそ、レヴォーグにはアイサイトバージョン3が搭載されています。

他のメーカーもいずれはカメラを採用する日がくるかもしれません。
しかし、それでもカメラを採用していくにはプログラミングの時間がとてもかかるでしょう。そうすると、上位車種から対応となると思われますが、では下位車種にそのカメラの安全装置がつくのはいつになるのでしょうか?恐らくすぐには搭載されないですよね。

しかし、スバルはどのスバル車にもアイサイトがつきます。
まずはバージョン2ですが、プログラミングが終わった順にバージョン3になっていきます。
現在バージョン3が採用されている車種はレヴォーグ以外にも、レガシィ アウトバックレガシィB4フォレスタースバル XV(ガソリンモデル)、インプレッサスポーツ、インプレッサG4、WRX S4とほとんどの車種に採用されてきています。

他メーカーが全てに同じレベルの安全装置が採用できるようになる頃には、スバルはもっと先をいっていることになるのでしょう。
やはりアイサイトへの自信はすごいですね。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スポンサーリンク

アイサイト以外の安全装備アドバンスドセイフティパッケージ

アイサイトは基本的にスバルの車に装備されていますが、レヴォーグには他にメーカーオプションで付けることができる「アドバンスドセイフティパッケージ」という安全システムのパッケージが用意されています。

スバルリヤビークルディテクション

まず「リヤビークルディテクション」という後方警戒支援システムです。
基本的にはアイサイトは運転者の目の補助であるので、後ろなどは見えませんから、後部にいる車への意識は弱くなります。
それらに対応する為に、車体後部のセンサーで後ろから近付く車を、ドアミラーのインジケーターやアラームで知らせてくれます。

スバル・レヴォーグ  ドアミラー LEDインジケーター

スバル・レヴォーグ  ドアミラー LEDインジケーター


輸入車にはよく装備されているシステムという印象ですが、レヴォーグにこれを付けることができるんですね。

サイドビューモニター

そして、ドアミラーのカメラの映像が見ることができるというサイドビューモニター。
運転席から見えにくい助手席側のサイドの映像をみることができるんですね。便利です!

スバル・レヴォーグ サイドビューモニター

スバル・レヴォーグ サイドビューモニター

さらにハイビームアシストや、アイサイトのアラームなどを運転しながら分かり易く認識できるようにフロントガラスに映し出されるアシストモニターもこのパッケージに入っています。

ちなみに、今回レヴォーグの試乗で、一度だけカーブで白線を踏んでしまって警告音がなりました。
その時、ただアラーム音が鳴るだけでなく、フロントガラスにアラームのLEDランプが点灯しました。
アラーム音はアイサイトによるものですが、LEDランプの点灯はアイサイトアシストモニターによるものです。
何のアラームかな?と思った私には、そのLEDランプの色が視界に入ってきたので、これは意外と便利だなと思いました。アラームが鳴るだけだと、何の警告?とうるさく感じるだけになりがちだと思うのですが、LEDランプで示されるとより注意する気がします。

つまりセイフティパッケージは、つけていると便利!と思える機能を集めたものなんですね。
実際にこのアドバンスドセイフティパッケージは、購入者の方は大体オプションでつけるのだそうです。

スバルの安全装備アイサイトまとめ

営業さんのアイサイトへの自信に満ち溢れた説明には少し圧倒されるほどでした。
しかし、知れば知るほどスバルのアイサイトが他メーカーよりも一歩先ゆくシステムなのだと実感しました。

台風や大雪、霧などの視界が悪い時にはやはり使えないということでしたが、それは運転者の目の支援をするというコンセプトなので、人間の目でも判断できないならば、カメラが判断できないというのも当然だと思います。
どんなに素晴らしい安全システムだったとしても、実際に車をコントロールするのは人間です。
限りなく人間の目に近い判断ができるまさに運転支援システムとして、アイサイトが国内外から評価を受けているということを改めて知ることができました。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのレヴォーグを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのレヴォーグを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

レヴォーグの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

レヴォーグを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでレヴォーグの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る