トヨタ30系新型アルファード試乗 高級シートと大型収納(5/8)

30系新型アルファードのインテリアインプレッション第三弾です。
第一弾、第二弾に引き続き、ハイブリッドモデルのSR ”Cパッケージ”の内装インテリアを見ていきます。

シートはこの上ない上質感

HYBRID SR C”Packageのシートは本革シートが標準装備です。
トヨタ30系新型アルファード 本革シート

座ってみると我が家のソファーよりも良いかも知れません(汗)
エンジンスイッチ・パワースイッチのオンオフ、シートベルトの着脱をすることで運転席が後方にスライドします。
乗車時は運転席がもとの設定位置に自動的にスライドすることから乗り降りがスムーズになります。
本革が標準装備になっているのは下記のグレードです。
HYBRID Exective Lounge
HYBRID G”F Package”
HYBRID SR C”Package”
Exective Lounge
GF
他のグレードになるとファブリック+合成皮革やファブリックのみになります。

まるでリビングが移動してきたかのような2列目シート

運転席と助手席のシートの質感も良いのですが、私は座るならばやっぱり二列目!
トヨタ30系新型アルファード 本革シート2列目

独立型のキャプテンシートになり、1クラス上の質感をこちらでも感じます。
トヨタ30系新型アルファード 本革2列目キャプテンシート

HYBRID SR C”Packageはリクライニングとオットマンの操作はボタン1つで可能です。
動きにゆったり感はありますが、自分ならではの設定をすることが可能です。
フルリクライニングしてオットマンも出した状態ですと、熟睡出来そうな心地よさです。
これはやっぱり実際に体験してもらいたいですね。
トヨタ30系新型アルファード 本革2列目キャプテンシート オットマン

座席の間には折りたたみ式のテーブルが設置されてるので、食事などにも使えます。
トヨタ30系新型アルファード 2列目テーブル

ドリンクホルダーはアームレストに一体化されています。
手をスッとのばす必要などもなく、機能的ではないでしょうか。
トヨタ30系新型アルファード 2列目ドリンクホルダー

3列目も手抜きなし

3列目シートはどうしても補助的なイメージがあるのでは・・・と思います。
たとえばヴォクシーエスクァイアですと、その辺の移動程度ならば座っても良いかなレベルでしょう。
長い時間座っていると疲れが出てしまいそうな質感です。

アルファードの3列目シートにも座りましたが、ヴォクシーやエスクァイアの「運転席」よりも良いです。
そもそもクラスが違うので比べること事態がいけないのですが・・・。
でもそのくらいの差があると言うことです。
トヨタ30系新型アルファード 本革シート3列目

後ろから全体を見渡してみるとこんな感じです。
トヨタ30系新型アルファード 後席からの視界
とにかく室内の広さを実感出来るのではないでしょうか。

続いて3列目の収納方法についてです。
まずはこうして3列目の背もたれを前に倒して折ります。
トヨタ30系新型アルファード 3列目シート収納
トヨタ30系新型アルファード 3列目シート収納

そしてレバーをひくことで跳ね上げ収納することが出来ます。
トヨタ30系新型アルファード 3列目シート収納

最初はちょっとやりずらさも感じましたが、営業スタッフの方にコツをきいたら難なく出来ました。
ちょっと後方視界の面で如何なものか?とも思いますが、スペースの有効活用は可能です。
トヨタ30系新型アルファード 3列目シート収納

AC100V 1500Wの電源も確保されていました。
トヨタ30系新型アルファード AC100V1500W電源

Ashburnで新車を最安値で購入する方法を教えます!

スポンサーリンク

ボディ同様の大型収納

これだけのボディサイズの車の収納はどのくらいのものでしょう?
数としては一般的な車と同様ですが、見て欲しいのがその収納の大きさ!

大型ハイグレードとされるコンソールボックスです。
トヨタ30系新型アルファード コンソールボックス

開けてみればこんな感じです。
置くだけ充電が設置されてるせいもありますが、大きさに対し収納力は普通ですね。
トヨタ30系新型アルファード コンソールボックス

こちらは2列目シートの前に位置する収納です。
トヨタ30系新型アルファード 2列目収納

電源やオーディオ入力端子などが設置されています。
トヨタ30系新型アルファード 2列目電源、オーディオ入力端子

開けてみると小物類が入りそうなものです。
トヨタ30系新型アルファード 2列目収納

他にはダッシュボードです。
トヨタ30系新型アルファード ダッシュボード

開けてみればシンプルですが、この辺は高級化のしようがないでしょう。
トヨタ30系新型アルファード ダッシュボード

シフトの横にも収納があります。
スライドして開閉しますが、こちらも小物入れには最適なスペースです。
トヨタ30系新型アルファード シフト横収納

ドリンクホルダーも運転席には蓋つきで設置がありました。
こちらはセンターコンソールボックス前のドリンクホルダー。
トヨタ30系新型アルファード ドリンクホルダー

運転席側のドリンクホルダー。
トヨタ30系新型アルファード ドリンクホルダー
やはり収納1つ見ても、質感にはこだわり抜いてますね。

インテリアも快適さや機能性を重視したものになっています。
でもやはり値段が値段になるので・・・
このくらいは普通にあって良いのかも知れませんね。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルファードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルファードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルファードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルファードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルファードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る