三菱・アウトランダーPHEV試乗 インテリアインプレッション(2/10)

アウトランダーPHEVのインテリアですが、値段の割には質感が微妙・・などと言った厳しい声も耳にします。
どうしてもトヨタ社のハリアーと比較されることが多いようですが、そもそもコンセプトに違いがあるのでは?と思えなくもありません。
早速インテリアを見ていきましょう。

質感だけじゃなく、内容にも注目したいインテリア

ドアを開けてみた感じですと、そこまで悪くないような・・・でも400万円超えの車と考えれば如何なのか?と自分の中でも意見が分かれます。
三菱・アウトランダーPHEV 運転席ドア

運転席&助手席のシート座面は710mmという高さになるので、乗り降りは自然に出来ました。
開口部も広くシート座面とステップの間に確保された高低差も十分なものです。

ステアリングはPHEV用として、4本スポークの本革巻きステアリングになっています。
三菱・アウトランダーPHEV ステアリング

シルバーアクセントも入っており、スイッチ類も多く付いていますね。
三菱・アウトランダーPHEV ステアリング

全体的にスイッチの多さを感じますが、それだけ装備があるということの証明なのでしょう。
G系グレードのみになりますが、ステアリングヒーターも装備されています。

そこに運転席&助手席にはシートヒーターも装備されています。
三菱・アウトランダーPHEV シートヒータースイッチ

冬場などエアコンがなかなか温まらない時は、ステアリングヒーターとシートヒーターで寒さ対策も万全!
身体を冷やしたくないという女性には有難い装備ではないかと思います。
それだけじゃなく、駆動用の電力の節約にも有効になりますね。

電動ブレーキの位置に残念さを感じるものの、内装の質感は上質

アウトランダーPHEVですが、電動ブレーキが標準装備です。
三菱・アウトランダーPHEV 電動ブレーキ

シフトの裏側にあるので、これが意外とプッシュしずらい・・・
もう少しどうにかならなかったのかとは思いますね。
三菱・アウトランダーPHEV 電動ブレーキ

でもこの辺は慣れでどうにかなるような気がしますし、インパネ周辺の質感は良好です。
三菱・アウトランダーPHEV ナビ画面

フルオートエアコンにパネルにはピアノブラック塗装がされていたりと、上質感は出ています。
三菱・アウトランダーPHEV フルオートエアコン
ライトを点灯するとオレンジ色に光ります。

スポンサーリンク

新設計のシート形状でリラックスしながらドライビング

マイナーチェンジの見所のひとつとされているのがシートになり、ステッチを採用する以外にもシート内部の設計まで行ったものだそうです。
三菱・アウトランダーPHEV シート
質感のアップはもちろん、よりリラックス出来るシートになっているかと思います。

運転席のみですがパワーシートが標準装備になっています。
三菱・アウトランダーPHEV パワーシート
これはPHEVの全グレードに装備されているものです。

実際に座ってみると床面に対して座面が高くなっており、視線の高さもあることから周りが見やすくなっています。
このコンビネーションシートは、スエード調素材と昇降温抑制機能を有する合成皮革を組み合わせたものです。
三菱・アウトランダーPHEV シート
表面温度の変化を抑制する表皮となっていることから、エアコンの使用による負担を軽減する役割があるとされています。

また、メーカーオプションで本革シートの選択も出来ますが、本革が絶対でなければコンビネーションシートでも質感は十分ではないかと感じます。

後部座席に座っても感じる広さとゆったり感

後部座席に座ってみると身体を包み込まれる感じになり、走行中にも安定感を感じる仕上がりになっています。
三菱・アウトランダーPHEV 後席シート

左右独立のリクライニング機能にセンターアームレストも装備されています。
三菱・アウトランダーPHEV 後席アームレスト

座ってみると足元にも余裕があるのは、ボディサイズの大きさもあるからでしょうか。
アウトランダーPHEVは床下にバッテリーが装備されているので、ガソリン車と比べて床面が45mmほど高くなっています。
座っていると膝が浮くと言ったレビューもありましたが、実際に座ってみると違和感はありませんでした。

インテリア総評

PHEV車やハイブリッド車ですと、車両重量の軽減のためにプラスチックを多く使っている傾向があります。
アウトランダーPHEVを見てみると、所々に使われてはいますが多用されていることはありません。

内装の見た目の高級さとしては物足りないと思う部分もあるかも知れませんが、使用するにあたっての機能や質感には努力をされたのではないかと思います。
実際に見る際にはただ眺めるのではなく、触れて試してみることで内装の良さが分かるのではないかと思いました。

三菱・アウトランダーPHEV

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアウトランダーを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアウトランダーを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アウトランダーの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アウトランダーを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアウトランダーの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る