30系アルファード S Aパッケージ納車後3000キロ走行してのインプレッション【内装・総評】

高級感のある内装

20系のアルファード・ヴェルファイアの内装クオリティの評判はイマイチでしたが、30系の新型はすばらしい内装デザインです。ネット上の評価も概ね同様の高評価が下されています。

S-Aも含めてエアログレードの内装色はすべてブラックとなり、シックで落ち着きのある感じになります。

30系アルファードの内装、ナビ回り

30系アルファードの内装、ナビ回り

反対にGなどの標準グレードの内装色はフラクセンといって白系になります。Gグレードについては発売直後に展示車を見てきたのですが、明るくて爽やかな印象がありました。Gのシートはファブリックとはいえ、S-Aのファブリック生地より高級なタイプです。

Gにするか、S-Aにするか、かなり悩ましい選択でした。

ただ、フラクセンの場合、汚れが目立つのではという不安はありました。特に私はジーンズをいつもはいているので、青い染料がシートにこすれて移らないか心配でした。

汚れたらクリーナーで落とせばいいのでしょうけど。神経質な性格なので気になるとずっと考えてしまいます。

30系アルファードの内装、昼間

30系アルファードの内装、昼間

小さな子どもに汚されるんじゃないか、というものありました。白系の明るい内装色は室内が広く感じられて開放的な印象もあり、その点では子どもがいる家族にはむしろいいのかもしれません。

Ashburnで新車を最安値で購入する方法を教えます!

スポンサーリンク

グレードによって高級感に差がある新型アルファード・ヴェルファイアの内装

アルファードの場合、S,S-A,Xの下位グレードとエグゼクティブラウンジの最上級グレード、そしてその間の中間グレードの3段階に分かれます。

S-CパッケージやGなどの中間グレードと、下位グレードには内装が結構差別化されているので注意が必要です。私は内装の装備よりも助手席スーパーロングスライドを優先しましたが、やっぱり今でも気になる部分ではあります。

どこが違うかは、展示車や試乗車でしっかりと見比べたほうがいいです。特に2列目と3列目のドア張り部分が気になってくるのと、装備面では下位グレードにはサンシェードが付きません。S-AにはデイライトとLEDコーナリングランプがないのも残念です。

統一感のあるイルミネーション

まず、イルミネーション色はキレイなブルーです。若い頃はオレンジや赤のイルミ色が好みでしたが、今はホワイトや青色がいいです。

30系アルファードのイルミネーション

30系アルファードのイルミネーション

BMWのオレンジ系のイルミネーションもいいなとはおもいますが、白系のほうが目にやさしく、見やすいですしね。

30系アルファード/ベルファイヤーのメーターのところは青ではなく、白いカラーになります。そしてガソリン車の場合、針が赤です。ハイブリッド車は針がブルーになります。

30系アルファードの内装、メーター回り

30系アルファードの内装、メーター回り

メーターの針の色は赤でも青でもどちらもいい感じですよ。赤だとスポーティーで、青だと他のイルミ色と統一感が出ますね。オプティトロンメーターですばらしく高級感があります。

特に夜間は車内のイルミネーションを眺めているだけでもうれしくなってしまうほどです。

以下の満足度評価で、内装を5にしなかったのはアルファードに対する評価ではなく、私が購入したS-Aパッケージというグレードに対する評価というのが理由です。

乗り心地も5にしたかったのですが、ミニバンという構造上の不利な点があるので、高級セダンなどに比べると若干劣るということです。ミニバンの中では最高の乗り心地ですから、これについては5の評価でもよいかなとは思いますが。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルファードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルファードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルファードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルファードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルファードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • なおちゃん
    • 2015年 6月 09日

    初めまして。レビューを拝見しました。私も先月の31日にアルファードの2.5SのAパッケージを契約し、7月の半ば頃と言われている納車を今か今かと待つ日々です。ゼロさんのレビュー、大変参考になりました。やはりアルファードを購入して間違いはなかったと思える内容で、非常に嬉しかったです。私はずっとセダンが好きで、Y33セドリック、Y50フーガ、UCF31セルシオとセダンばかり乗り継いできました(ちなみに私は30歳です)こんな私も結婚をし、昨年の夏には娘も産まれ大排気量セダンでは様々な面で厳しくなってきました。30アルファードはそんなセダン好きの私をも魅了してやまない車種です。これからは私もミニバンを乗り継ぐようになるのかもしれませんね(笑)ゼロさんのレビューはとても良い内容なので、車種を問わずこれからも読ませて頂きます。長々とすみません、ありがとうございました。

    • ゼロ

      なおちゃん様、私のレビュー記事に嬉しいコメントをいただきましてありがとうございます。アルファードS-Aを購入されたのですね!私はすでに4000キロを突破しましたが、本当に良い車です。楽しみに待っていてくださいね。ミニバン故構造上どうしてもセダンにはかなわない部分はありますが、概ね満足できるはずです。そして乗り心地は素晴らしいので娘さんも安心して乗せることができますよ。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る