スズキ・新型エスクード試乗 総評(6/6)

今回は、スズキの新型エスクード(1600cc/4WD/6AT/ボディカラー:アトランティスターコイズパールメタリックブラック2トーンルーフ)に試乗をさせてもらいましたが、自分の思っていた印象とは全く違う車でした。
昔のイメージのエスクードは、もっとゴツイ車のイメージでしたが、今回試乗してみて意外なくらいスポーディーでカッコ良かったです。

スズキ・新型エスクード  試乗車

スズキ・新型エスクード  試乗車

ハンガリー生まれの外国仕様車でもあるエスクード

新型エスクードはヨーロッパなどの外国でも販売されている関係で、ハンガリーで作られて逆輸入している車なんだそうです。
海外仕様ということもあり、車幅が1775ミリメートルもあって、確かに大きく感じました。
ナンバーも3ナンバーサイズとなり、最近はコンパクトクラスなんだけど3ナンバーという車が多いですよね。

そんな海外仕様のエスクードですが、外国の長いハイウェイでの使い勝手を考えて、ただのクルーズコントロールではない、アダプティブクルーズコントロールというものを採用しているんだそうです。

スズキ・新型エスクード アダプティブクルーズコントロール(ACC)スイッチ

スズキ・新型エスクード アダプティブクルーズコントロール(ACC)スイッチ

このアダプティブクルーズコントロールというのは、一定のスピードで走っていて、前にそれよりも遅い車が入ってきた時に、その遅い車のスピードに合わせて自動でスピードを変えてくれる、という機能なんだそうです。
そしてその車がいなくなったらまた速いスピードに戻してくれるそうなんです、もちろん自動で。
長距離で高速を走る時にとても便利な機能ですよね。
試乗では試すことができなかったのですが、この機能を使って高速を走ってみたいな、と思いました。

スポンサーリンク

ぜひアウトドアを楽しみたい人に乗ってほしい車です

エスクードはアウトドアや冬の雪山に出かけるような趣味を持っている人がぜひ選ぶ車だと思いました。
もちろん街中も走りやすいですが、車の使い方が日々の買い物や駅までの送り迎えだけでは、本来の車の良さが発揮できないかもしれません。
ただ、小回りもちゃんときくので、街中でも便利に使える優秀な車だと思います。

環境性能にも努力はしてます

エスクードはエコカー減税の対象車ではないということでしたが、それでも以前よりもかなり燃費も良くなっているんだそうです。
細かくいうと、2WDでは基準を満たせなかった項目があり、4WDだと基準を満たせていたりするそうで、今すぐの購入で4WDなら減税対象なんだそうです。
最近の車ではどの車もエコカー減税が適用されている基準の車だったりするので、それがないとなると環境問題を考えられてないようなイメージをもたれるかもしれませんが、アイドリングストップ機能も付きましたし、環境性能にもちゃんと努力して設計されているそうです。

試乗を通しての総評

今回の新型エスクードの評価を点数で出してみようと思います。
走り心地・乗り心地は、文句なしに5点満点です。
しっかりとした安定した走りをしてくれて楽しい試乗でしたし、もっと走らせたいと思わせてくれたので、5点にしました。
運転席のシートも包み込むタイプで座り心地も良く、内装もシックで運転していて落ちつく雰囲気で快適に感じたので5点満点としました。

安全性能は4点にしました。ミリ波レーダーもついて、以前のものよりも一気に安全性能は上がったとは思うのですが、人を検知する能力に長けているカメラを使ってのセンサーがほしかったとか、サイドエアバックがつけば満点にしたいところではあり、1つ減点とさせて頂きました。

外観・エクステリアは、サイズは大きいのにシンプルでスマート、そしてボディカラーも4色と潔いな、と思ったのですが、個人的な好みの問題で4点をつけました。

内装・エクステリアは、車に乗り込んだ瞬間に高級感があってオシャレだったので5点です。
ラゲッジスペースも使いやすそうでしたし、文句なしです。

スズキ・新型エスクード 内装

スズキ・新型エスクード 落ち着いたシックな内装

エンジンについては、アクセルを踏み込んでも耳につくような唸り音がなかったこと、1.6Lのエンジンになってももちろん走りやすく、力強さも感じられ5点満点です。
アイドリングストップは特に、再発進の時の立ち上がりの早さはストレスになることもなかったので、とても良い乗り味でした。

燃費については、2.4Lから1.6Lになったということだけでも効率の良いエンジンになったのだとも思いましたし、アイドリングストップが新型エスクードから搭載されて、努力を感じたので5点とさせて頂きます。

見積もりについては、金額の問題よりも、エコカー減税の対象車でないことがちょっと残念だったので、3点にしました。
値引きもがんばってくれるとのことだったのですが・・・。。
そして総合評価としては、4点とさせて頂きます。

新型エスクードは走りに重点おいたとても良い車だと思います。
個人的には普段アウトドアをする機会はないのですが、以前のエスクードのイメージとはいい意味で新しく変わり、外車と国産車のいいとこどりのようなスタイリッシュさがとても好印象でした。
街中でも取り回しも良く、ぜひロングドライブもしてみたいと思わせてくれる新型エスクードでした。

満足度評価
【エスクード/4WD 6AT】
総合評価 ★★★★☆
外観 ★★★★☆ 乗り心地 ★★★★★
内装 ★★★★★ 安全装備 ★★★★☆
エンジン ★★★★★ 燃費 ★★★★★
走り ★★★★★ 価格 ★★★☆☆
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのエスクードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのエスクードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

エスクードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

エスクードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでエスクードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • Xanthus
    • 2016年 4月 06日

    エ購入を検討しているので参考になります。ALLGRIPに注目していて、2WDについてはノーマークだったので記事は大変興味深かったです。
    すごくカッコイいし使い勝手の良さそうな車だと思うのですが、キーロック連動でドアミラーが格納出来ないこと、海外仕様に比べ色数の少なさやルーフレール、リヤフォグが無いことが残念で購入を躊躇しています。特に今どき2エアバッグはないだろうと…(海外仕様は7
    エアバッグなのにオプション設定すらしてないのは論外だと思います)悲しくなります。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る