2017年2月にフルモデルチェンジした新型プリウスPHV(内装)(2/3)

まずは運転席周りから紹介します。

ノーマルのプリウスと大きく違うのは、センターコンソールに埋め込まれる大型のナビ画面です。11.6インチの縦長で、まるでタブレットPCを貼り付けたような感じです(笑)。

電気自動車のテスラと似ていますね。

プリウスPHV・11.6インチメーカーオプションナビ

11.6インチメーカーオプションナビ

エアコンやオーディオの操作もこの大画面で行うようです。ナビなしのグレードの場合はスイッチ類のレイアウトが少しかわるようです。

ナビ画面以外では後席の真ん中に仕切りがある他、特に違いは見当たりません。

内装の材質はプラスチック感がありますが、値段相応かと思います。いや、それ以上に私は感じました。

プリウスPHV・内装

内装

ただ、ステアリングの一部やセンターコンソールの一部のホワイトの部分は個人的には嫌いです。

普通にブラックにすればもっと高級感が出るのに!と思いませんか?

と思ったのですが、よく調べてみるとセンターコンソールパネルの白い部分はディーラーオプション品でウッド調やブルージェルの模様に変更できるようです。なんかちょっといまいちですが。。。これなら白いままのほうがいいかな?!

ステアリングホイールの質感・触り心地はなかなか良かったです。親指を添えるところが少し窪んでいるのもグッドです。

プリウスPHV・本革巻きステアリングホイール

本革巻きステアリングホイール

太さも、太すぎず細すぎずちょうどいい感じ。

ディンプル加工がなされていればなお嬉しいですが、さすがにスポーティーなグレードでもないし、そこまではやってくれませんね。

シートの材質はファブリックでも見た目は十分に高級感があり、肌触りもいいです。
個人的には本革シートよりもファブリックのほうが暖かみがあって好きですね。

プリウスPHV・フロントシート

フロントシート

スイッチ類はどうでしょうか。こればかりは試乗だけでは使い勝手が良いのかどうかは判断しかねます。

プリウスPHV・エンジンスタートボタン

エンジンスタートボタン

シフトレバーは普通のガソリン車とはちょっと違っていつも戸惑うのですが、パーキングに入れるにはシフトレバー右のこのPスイッチを押す必要があります。

プリウスPHV・シフトレバー

シフトレバー

あとパーキングブレーキは電子式ではなく足踏み式で、そこは大いに不満な点です。

プリウスPHV・運転席ペダル

運転席ペダル

もちろん、フットブレーキのオートホールド機能もありません。残念ですね。。。

プリウスPHV・ルームランプ

ルームランプ

ルームランプは電球ですが、ディーラーオプションで白いLEDタイプに変更できます。

プリウスPHV・サンバイザー

サンバイザー

プリウスPHV・サンバイザー

サンバイザー

サンバイザーはごく普通ですね。30系アルファードのものと共通部品です。

プリウスPHV・バニティーミラー

バニティーミラー

スポンサーリンク

実はプリウスPHVは4人乗りで後席はセンターアームレストで常に分離されています。後席フロアも完全にはフラットではなく、若干ですが盛り上がっています。

プリウスPHV・後席

後席

小さな子どもがいる家族にとっては使いづらいかもしれません。

後席の足元スペースは広くもないですが、それほど窮屈というわけでもありません。私は身長168センチ程度ですが、それなりにゆとりがありました。長時間座っていても問題ないはずです。

プリウスPHV・後席足元スペース

後席足元スペース

乗り心地もかなりいいですしね。しっとりした上質な乗り心地です。もちろん、ただ足回りのセッティングが柔らかいだけでなく安定感もあります。ボディ剛性がしっかりしているのがよくわかります。

後席ドアパネル。ちょっと安っぽいですが、汚れには強そうです(笑)。雨に濡れる部分ですから、汚れにくいというのは重要ですよ。日本は雨が多い国ですからね。

プリウスPHV・後席ドアパネル

後席ドアパネル

しかし、中途半端な高さのアームレストですね。アームレストとしては全く物足りません。このあたりにバッテリーがはいっているようですが、どうせならもう少し高めにしてもよかったのでは?それかいっそのことフラットにできなかったのでしょうか?

プリウスPHV・後席センターコンソール(閉)

後席センターコンソール(閉)

プリウスPHV・後席センターコンソール(開)

後席センターコンソール(開)

後部シートのリクライニングはできたっけな・・・ちょっと忘れました。たぶんできなかったと思います。

プリウスPHV・後席シート

後席シート

トランクルームは深さはあまりありませんが、広さはあります。トノカバーが付いていて、荷物を隠すことができます。

プリウスPHV・トノカバー

トノカバー

プリウスPHV・トランクルーム

トランクルーム

プリウスPHV・トランクルーム

トランクルーム

プリウスPHV・トランクルーム

トランクルーム

プリウスPHV・トランクルーム

トランクルーム

深さがないので大き目のベビーカーを入れるのはちょっとやっかいかもしれません。横にするしかなさそうですね。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのプリウスPHVを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのプリウスPHVを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

プリウスPHVの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

プリウスPHVを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでプリウスPHVの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る