スバル・レヴォーグSTI Sport試乗 外観・エクステリアについて(5/11)

レヴォーグの外観、エクステリアについてのインプレッションです。

意外に取り回ししやすいサイズ

レガシーのアウトバックB4のボディサイズが大きくなってしまい、レガシーからの派生モデルとして生まれたレヴォーグ。
つまりは元々はレガシーのファミリーワゴンということになりますが、そう考えるとレヴォーグはボディサイズがコンパクト設計です。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

ただコンパクトと言っても、全長が4690mm、全幅が1780mmということで、トヨタのカローラフィールダーよりは全長は約290mm、全幅は85mm大きく、同じスバルのインプレッサよりも全幅は230mmミリ大きいので、レガシーワゴンのように大きくはない、という感じでしょうか。
しかし、乗ってみると意外と小回りがきいて、街乗りで困るほどではないという印象でした。

エアーインテークはターボ車の証?

まず、外観で気になるのはボンネットの穴、エアーインテークです。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

これはターボだからこそついている穴で、このエアーインテークからエンジンルームに空気を入れているんですね。
ひと昔前はこのエアーインテークがターボ車の証というイメージがありましたが、最近はエアーインテークが付いている車の方が珍しいですね。
この穴を見るとレヴォーグだ!という印象もあるので、これもデザインの内の一つかなとも思います。

また、レヴォーグはヘッドランプがカッコイイですよね。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

ただグレードにより変わるそうですが、下位グレードとなる1.6GT以外はこのヘッドランプのデザインになります。
LEDヘッドランプで、ランプの周りがブラックべゼルという黒で囲まれているので、これがなかなかカッコイイです。
ちなみに1.6GTグレードのみブラックベゼルではなく、通常の透明の光輝タイプになります。

スポンサーリンク

STI Sport専用装備

2.0STI SportはフロントにSTI 専用のエアロパーツがついていました。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

やはりエアロパーツがついていると、スポーティ感が増してカッコイイですね。
(STI Sportのエクステリアなどについては、別項にて詳しくご紹介します。)

もちろんSTI Sportではない標準モデルにもオプションでエアロパーツを付けることもできます。

アルミホイールはSTI専用の18インチでデザインはダークグレー+切削光輝となります。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight 専用18インチアルミホイール(ダークグレー+切削光輝)

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight 専用18インチアルミホイール(ダークグレー+切削光輝)

タイヤサイズは225/45R18ですので、かなり薄いタイヤということになり、試乗の時も路面状況を感じることが多かったですが、イヤな硬さではありませんでした。

また、リヤスタイルは特別な特徴はないですが、スマートにまとまったデザインで好印象です。
シャークフィンアンテナがちょっとかわいらしいですね。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

ボディカラーは8色展開

ボディカラーは8色で展開していますが、その中のWRブルーパールという色はSTIだけでしか選べない青色です。

  • クリスタルホワイト・パール(オプションカラー:32,400円高)
  • スティールブルーグレー・メタリック
  • アイスシルバー・メタリック
  • ダークグレー・メタリック
  • クリスタルブラック・シリカ
  • ピュアレッド
  • ラピスブルー・パール
  • WRブルー・パール(STI Sport 限定色)
スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight 限定色「WRブルー・パール」

ちょうど2.0STI Sportの試乗車がこのWRブルーパールでしたが、とても鮮やかで良い色だと思いました。
ただ、STIは内装色が決まっているので、内外装色の組み合わせとしては微妙と感じる人がいるかもしれません。

ちなみに、レヴォーグで人気のあるのはやはり白か黒なんだそうです。定番色が定番通り売れている、ということですね。
鮮やかな色や奇抜な色の展開はしていないので、特に突出して出るボディカラーはあまりないんだそうです。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのレヴォーグを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのレヴォーグを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

レヴォーグの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

レヴォーグを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでレヴォーグの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る