トヨタ・ランドクルーザー200試乗 充実したオプションとカスタマイズパーツについて(5/7)

新型ランドクルーザーのオプションは、外装内装共に品質や性能の良い物が用意されていて、メーカーオプションとディーラーオプションとで複数出ています。

その中で、個人的に気になるオプション装備をご紹介していきたいと思います。

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX

ナビゲーションシステムが凄い

新型ランドクルーザーメーカーオプションのナビゲーションシステムは、T-Connect SDナビゲーションシステムDCMパッケージというもので、基本は他の車種と変わらないシステムが搭載されています。

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX 内装

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX 内装

ランドクルーザーの最上位モデル「ZX」には、専用の後席のフロントシートバックに11.6インチFHDディスプレイを取り付けする事ができ、各モニターにHDMI端子を搭載しているので、前席と独立して外部機器、例えばスマホやタブレット端末など繋げて動画見たり、仕事などでも使える様になっています。

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX 後席

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX 後席

前席の映像を出したい時や、左右で違う画像を出したい時の為の切り替えをする事も可能で、それらをワイヤレスリモコンでコントロール出来ます。

ディスプレイも角度を調節可能で、見やすい角度でゆったりと鑑賞できます。

スピーカーも「ZX」グレードには18スピーカーのトヨタプレミアムサウンドシステムが用意されていて、サテライトスピーカー、ツィーター、ミッドレンジスピーカー、ウーファー、サブウーファーが徹底した音響解析の結果、立体感のある音響空間を実現してくれます。

下位モデルの「AX」系には9スピーカーが用意されていて、こちらも素晴らしいサウンドを楽しめます。

スポンサーリンク

充実の安全装備

間違いなく付けて欲しいと思うのが、T-Connect SDナビゲーションシステム専用のマルチテレインモニターです。
車を上から見下ろすように、前後左右の映像をナビ画面にリアルタイムで表示できて、目視以外にも見えない死角などをサポートしてくれる、何時でもまわりの安全を確保出来るドライバーにとって優しいシステムになっています。

トヨタ・ランドクルーザー200 マルチテレインモニター画像

トヨタ・ランドクルーザー200 マルチテレインモニター画像
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

また安全装備として、全車メーカーオプションのリアクロストラフィックアラートが用意されています。
この装備は駐車場から後退する際、左右から自動車の接近をドアミラー内のインジゲーター点滅や、ブザー及びナビ画面で知らせてくれるシステムです。

トヨタ・ランドクルーザー200 リヤクロストラフィックアラート

トヨタ・ランドクルーザー200 リヤクロストラフィックアラート
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

後方確認をしながらでも、見ている逆側からの接近などに威力を発揮してくれると思います。
但し、この機能は「ZX」には標準装備されていますが、ブラインドスポットモニターが必要ですので、「ZX」以外の車種はメーカーオプションで取り付け出来ます。
ちなみに、この機能は車線後方に自動車が接近しているのをドアミラーに点滅で教えてくれる機能です。
こちらも安全運転には欠かせない装備になると思います。

また、「ZX」と「AX」にメーカーオプションで、タイヤの空気圧警報システムも取り付けられます。
ナビゲーションシステムを中心に色々な機能を管理できるシステムがありますので、ドライバーにはかなり優しい車に仕上がると思います。

インテリア系はインテリアイルミネーションやLEDバルブセット、ウェルカムライトなど室内やドアの開け閉めでのライティング類などが用意されていて、後付けをしなくてもカスタマイズが可能です。

スポーティーからラグジュアリーまで幅広い外装オプション

ランドクルーザのエクステリアには4種類のコンセプトに基づいたエアロパーツが用意されています。
都会をイメージしたスポーティーなエアロが2種類、荒れ狂うオフロードを疾走するダイナミックなエアロと優雅さと大人の為のラグジュアリーなエアロの合計4種類があります。

トヨタ・ランドクルーザー200 カスタマイズカー

トヨタ・ランドクルーザー200 カスタマイズカー
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

私的にお勧めなのが、モデリスタのエアロがおススメです。
どうしてもSUVはバンパー下部が大きく開口してしまいがちなのですが、このエアロはそこをしっかりと厚みのあるバンパーにしてくれるハーフスポイラーが用意されています。
フロントスポイラーは、ダクト付きのスポーティーなエアロで、しっかりとランドクルーザーを主張してくれて見た目もワイルドになります。

リアはディフェーザー構造で、車体下部の空気を整流してくれ、なおかつ高級感を損なわない仕様になっています。

私のこだわりとして、マフラーは絶対に替えたい所ですが、しっかりとモデリスタさんは用意してくれています。
出口はスクエアーデュアルで、モデリスタエアロにジャストフィットしています。

トヨタ・ランドクルーザー200 モデリスタ スポーツマフラー

トヨタ・ランドクルーザー200 モデリスタ スポーツマフラー
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

サイドステップはトヨタ純正品のエアロカバーが用意されていますし、フロント・リアスポイラーもモデリスタに負けない程のスポーティーなエアロになっています。

外装は好みが皆さん違いますしアフターパーツも充実しているので、純正以外で考えても良いのかなと思います。
ランドクルーザーはカスタマイズされて乗られている方が多いので、自分好みのランドクルーザーに是非仕上げて頂ければと思います。

トヨタ・ランドクルーザー200

トヨタ・ランドクルーザー200



Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのランドクルーザーを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのランドクルーザーを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ランドクルーザーの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ランドクルーザーを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでランドクルーザーの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ricky

ricky認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 北海道在住

30代のメガネ女子です。生活スタイルが男らしいといわれるダメ女子です^^;

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る