トヨタ・アクア試乗 内装インテリアはマイナー前より少し良くなった

2014年12月にマイナーチェンジされたアクアですが、マイナー前のアクア現役オーナーとして、内装インテリアについて見ていきます。

まずはドアに手をかけてみましたが、ここは変わらず軽い・・・。
トヨタ・アクア 運転席ドア

コンパクトカーな上に低燃費実現のためにドアなども軽くしているのでしょう。
ただ開閉は楽に出来ると思いますが、慣れない方ですと違和感があると思います。

コンパクトカーとしては普通に良いインテリア

インテリアですが、旧モデルと比べたら少しだけ良くなったように思えます。
こちら、マイナーチェンジ後の「X-URBAN」モデル。
トヨタ・アクア X-URBAN

こちらは「G」グレード。
トヨタ・アクア Gグレード

ただ基本的な部分には変化はありません。
グローブボックスからナビゲーションにかけての流れるようなライン。
トヨタ・アクア インパネ

出し入れのしずらいドリンクホルダー。
トヨタ・アクア ドリンクホルダー

独特な形のステアリング。
トヨタ・アクア ステアリング

ステアリングの下部がフラットになっています。
これで乗り降りの際に邪魔にならないのが特徴の1つです。
なお、ステアリングはX-URBANとGで本革になります。

シートの表皮ですが、X-URBANは合成皮革とファブリックの組み合わせです。
トヨタ・アクア X-URBANシート

近くから撮影してみるとこんな感じ。
トヨタ・アクア X-URBANシート
コンパクトカーにしては良いと思うのですが、X-URBANは最上位グレードです。

Gのシート表皮も見てみましょう。
トヨタ・アクア Gシート
トヨタ・アクア Gシート
こちらはスエード調ファブリック表皮になります。

こうして見るとアクアの内装そのものは悪くありません。
実は旧モデルのアクアを購入する時に、プリウスαとも迷いました。
でもプリウスαは価格に対しての内装の質感が良くなかったのです。
それに対して、アクアの方が満足度の面が高かったので選びました。

シート表皮と内装カラーはあらかじめ決まっています。
注文時に指定がある場合のみにX-URBANにはオレンジ、Sにはブリリアントレッドに内装カラーの設定も可能です。
こちらはX-URBANのものですが、所々にオレンジが追加されていて格好良いです。
トヨタ・アクア X-URBAN内装カラー
トヨタ・アクア X-URBAN内装カラー
ボディーカラーをブラックとオレンジで組み合わせてみても統一感がとれそうですね。

アクアの収納力はいかに?

先に言ってしまうと収納は必要最低限になっています。
助手席のオープントレイ。
トヨタ・アクア 助手席オープントレイ

助手席グローブボックス。
トヨタ・アクア 助手席グローブボックス

X-URBANはセンターコンソールボックスがありません。
トヨタ・アクア X-URBANセンター

アームレストがあるからでしょうか?
ちょっとしたスペースとドリンクホルダーがあるのみです。
トヨタ・アクア アームレスト

Gにはセンターコンソールボックスがあります。
収納力が多いわけではありませんが、小物を入れるには丁度いい大きさです。
トヨタ・アクアG センターコンソールボックス
トヨタ・アクアG センターコンソールボックス

運転席のドアポケットもありますが、こちらも収納量はわずかです。
トヨタ・アクア 運転席ドアポケット

リヤもこんな感じです。
トヨタ・アクア リヤドアポケット

あとはフロントにわずかな小物収納スペースがあります。
トヨタ・アクア 運転席小物収納

コンパクトカーですと収納量はこんなものかも知れません。
少ないなりに何を入れるかをあらかじめ考えておけば良いかと思います。

スポンサーリンク

アクアの後部座席は思ったほど窮屈さがない?座席~ラゲッジルームまで

後部座席ですが、窮屈さを軽減するための努力を感じます。
このシート(前列)のラインわかりますか?
トヨタ・アクア シート
フラットな状態じゃなく、少しだけ反り気味に作られているのです。

これで多少の余裕であったり、空間の確保が出来ていると感じました。
凄く体格が良い方ですと窮屈さは否めませんが、女性や子供でしたら特に問題なさそうです。
トヨタ・アクア シート
トヨタ・アクア シート

ラゲッジルームはこんな感じです。
トヨタ・アクア ラゲッジルーム

アクアはハイブリッドのモーターを後部座席の下に搭載しています。
そのことにより、ラゲッジスペースの収納量を確保しています。
収納量的にはコンパクトカーにしてはこんなもの?と言う感じでしょう。

アレンジも特にありません。
ただ倒すだけのシンプルなものになっています。
トヨタ・アクア シートアレンジ

決して広々としてるとは言い難いですが、困らない程度ではないかと思います。
私の場合はフル乗車でなければ、後部座席にポンと荷物を置いてしまっています。
ラゲッジルームにあれもこれも入れたい!と言う方ですと、正直言って新型シエンタの方が良いかも知れません。

インテリアまとめ!質感を求めるのであればG以上は欲しいところ

実際に私が見たインテリアは「X-URBAN」と「G」の2グレードになります。
あくまでもカタログを見た限りですが、「G」と「S」の内装の質感の差がかなりあるように思います。
個人的主観になりますが、「G」と「S」の価格差でしたらGの方が満足度はかなり高いと感じます。
でも価格差がネックになっていたり、迷いのある方は実際に展示車を見ることをお勧めします。

最後に細々とした部分の画像を紹介します。
丸みを帯びたエアコンの吹き出し口。
トヨタ・アクア エアコンの吹き出し口

足元のアクセルにブレーキ、ETCの設置位置です。
トヨタ・アクア ETCの設置位置

ルームランプです。
トヨタ・アクア ルームランプ
トヨタ・アクア ルームランプ

ナビゲーションはオプションになりますが、メーカーオプション以外にも種類は豊富です。
トヨタ・アクア ナビゲーション

エアコンはデジタル表示のオートエアコンです。
こちらは全グレードに標準装備となっています。
トヨタ・アクア デジタル表示オートエアコン

以上、ざっと内装インテリアを見てみました。
次はいよいよアクアを試乗してみようと思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアクアを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアクアを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

アクアの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アクアの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アクアを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアクアの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る