トヨタ・ランドクルーザー200試乗 グレード間の主な装備の違いと値引きについて(6/7)

新型ランドクルーザーのグレードによる主な装備の違いや値段、気になる値引きについて、ここではご紹介したいと思います。
ランドクルーザーはトヨタSUVの最高グレードなので、値段も最高級です。
ベースグレードが3車種、特別グレード1車種、計4車種用意されています。

ではその価格と装備の違い、値引き額を分かりやすくご紹介したいと思います。

おすすめは最高グレードのZX

上記で書いた通り、新型ランドクルーザーのグレードは4車種あります。
価格としては、

  • 最上級グレード「ZX」:682万5600円
  • 「AX Gセレクション」:585万4582円
  • 「AX」:513万4909円
  • 最下位グレード「GX」:472万8437円

となっています。

装備の内容は高級SUVなので標準装備もかなり装備されており、全て書ききれないので、特に新型ランドクルーザーの一押しの装備を基準に比較していきたいと思います。

冒頭書いた通り、私は「ZX」をお勧めしますが、価格が高いので、私が今回のインプレションで書いたおススメの装備が標準装備なのか、それともオプションで装着出来るのか、装備されていないかを、「ZX」を基準にお伝えします。

トヨタ・ランドクルーザー200

トヨタ・ランドクルーザー200

足回りについて

まずアルミホイールは、各グレードで違います。

トヨタ・ランドクルーザー200 「ZX」

トヨタ・ランドクルーザー200 「ZX」
(Photo by TOYOTA Webcatalog)


トヨタ・ランドクルーザー200 「AX」

トヨタ・ランドクルーザー200 「AX」
(Photo by TOYOTA Webcatalog)


トヨタ・ランドクルーザー200 「GX」

トヨタ・ランドクルーザー200 「GX」
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

足回りの装備で「4-wheel AHC&AVS」(4輪アクティブ・ハイト・コントロール・サスペンション&アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム)は「ZX」のみの装備となっています。
正直、私的には、この装備が今回のランドクルーザーの一番の売りの装備ではないかと思いますが、この装備がなければ普通のSUVとほとんど変わらないと言っても良いと思います。

この装備に付随してドライブセレクトモードもセットになっていますので、「ZX」以外は車高のアップダウンが出来ないサスペンションになっていると思われます。

ランドクルーザーのオーナーさんは、大体カスタマイズを前提にお乗りの方と、ノーマルで乗られる方とではっきりと分かれると思いますので、アフターマーケットでエアサスを導入をしたりと言ういう方には「ZX」までは必要ないかと思います。

そして、基本オフロードを走らない方も実際多いと思いますので、その辺の装備が必要なければ中間クラスより下のクラスでも満足できる装備内容になっています。
車の使い方に合わせて選ばれても良いかと思います。

内装について

次に内装ですが、「ZX」と「AX Gセレクション」には、フロントシートがパワーシートを採用していて、「ZX」はセカンドシートのパワースライド機構とサードシートもセミパワーシートが装備されている点が大きな違いとなっています。

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX ポジションメモリー

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX ポジションメモリー

それ以外では、インテリアオーナメントの違いや、シートの生地の違いがありますので、内装の色でグレードを選ぶのも一つのポイントかと思います。

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX 内装

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX 内装

安全装備はほぼ全車標準装備になっているので、安心して運転できると思います。

内装の色も選択できるので、そのグレード毎に選択色が違いますので、実際にディーラーで確認して頂ければと思います。

外装はオプションでカスタマイズ可能ですが、選ぶ程の数はありませんのでカスタマイズを検討されている方は、アフターマーケットで探した方が良いパーツが見つかると思います。

今回のランドクルーザーは、装備重視か価格重視かで決めた方が良いと思います。

スポンサーリンク

実売価格の高さに相応しい装備と性能

どの車もそうですが、上級グレードになるほど良い装備やインテリアが付いています。

実際にお財布との話し合いになると思いますが、オプションもそれなりに高額なので、実売価格として「ZX」はおおよそ最低限のオプションやナビ、エアロなど装備した場合で800万円。
その他諸費用も入れると860万円前後になります。

あくまで参考価格なので、実際はディーラーさんとの駆け引きになります。

例えば、中間の「AX」をベースにオプションを装備していく際も、内外装をよくしたりメーカーオプションを装備したりしていくと700万は見えてくると思います。
昔のランドクルーザーのイメージとは全く違いますので、やはり購入出来る人が限定されてしまうのが悲しい所です。

例えるなら、トヨタ86、3台分位になってしまいますので、若い方でもごく少数の方がターゲットになってしまいます。
実際ディーラーでもお話を伺ったところ、社長クラスの方がターゲットになっている様なので、一般庶民には高根の花かもしれません。

私は今は懐かしいスポーツカーブームの頃に免許を取ったのですが、カッコイイ車に憧れて毎日働いて好きな車を買ったのを思い出します。
今の車は本当に装備も良く安全性も向上して、乗っていても楽に運転が出来ます。

この新型ランドクルーザーは、そんな車の中の頂点にくる優れた技術と性能で、オーナーの心を掴んで離さないでしょう。
ランドクルーザーのオーナーさんがうらやましい限りです。

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX モードセレクタースイッチ類

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX 内装

値引きよりオプションを値切れ

ディーラーでの値引き限度額は8万前後だと言われています。
ほとんど値引きは期待できません。

ですので、オプション品を付けてもらうか、オプションなどの総額から値引きしてもらうか、これに関してはディーラーとお付き合いが長い方や、下取り車をより高く引き取ってもらうかで勝負が分かれる所です。
元々ランドクルーザーのオーナーさんで、長く付き合いがあれば有利かもしれません。

それ以外でも、トヨタのユーザーさんや対抗自動車メーカーのオーナーさんも話の進め方次第で、良い金額で購入出来る可能性はあります。
いずれにせよ、強気のトヨタさんからいかに安く購入出来るか、じっくり営業マンと話し合いを重ねた方が良いと思います。
営業マンを焦らして出来るだけ有利になるような展開にするのも一つの手かもしれませんね。

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX

トヨタ・ランドクルーザー200 ZX



Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのランドクルーザーを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのランドクルーザーを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ランドクルーザーの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ランドクルーザーを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでランドクルーザーの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ricky

ricky認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 北海道在住

30代のメガネ女子です。生活スタイルが男らしいといわれるダメ女子です^^;

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る