日産・エルグランド ライダー試乗 本革シートが素晴らしい質感の高い内装(2/6)

外観エクステリアに引き続き、この項ではエルグランドライダーの内装についてご紹介したいと思います。

私が試乗したエルグランドライダーの専用内装を中心に、標準仕様の装備の良い所と悪い所、そしてこれは一押しの装備を紹介しながら、エルグランドライダーを解説したいと思います。

エルグランドライダーの専用装備の質の良さ

まず最初に乗り込んで気になったのが、各種ボタンの配置と分かりやすさです。
写真で見ても分かると思いますが、エルグランドの内装は意外とシンプルです。

日産・エルグランド ライダー 内装

日産・エルグランド ライダー 内装

エアコンパネルや専用ナビステアリングスイッチなどが付いていて、見やすさや操作性は合格点をあげることができますが、一部使いにくいボタンなどがあります。

特に気になったのが、ステアリングスイッチの操作性はちょっと慣れないと使いにくい部分があり、私的にはちょっと不満でした。
ハンドルの径も、若干細いかなと思います。

日産・エルグランド ライダー ステアリングホイール

日産・エルグランド ライダー ステアリングホイール

残念な事に、パドルシフトが付いていないのが非常にもったいないかなと思います。
ここまでスポーティーさを演出していて、パドルシフトがないのは残念でなりません。

シフトレバーはマニュアルゲート付きで、こちらはスムーズにチェンジが出来る位置にあり、扱いやすいと思います。

日産・エルグランド ライダー 内装

日産・エルグランド ライダー 内装

メーターなどの視認性は抜群で、ブルーに発光する見やすい色です。
アドバンストドライブデイスプレイメーターという中央に車体の情報が色々表示できる機能があり、これは各メーカー似たようなシステムですが、こちらも見やすく表示されていますので十分合格点をあげれると思います。

スポンサーリンク

シートは高級感を引き出す素晴らしい内装

エルグランドの内装は、ドアを開けた時の見た目の素晴らしさに感動し、シートに座ってまた感動しの連続でした。

上記で書いたスイッチ類を良く見えるように、洗練されたエルグランドライダーの専用フィニッシャーがスポーティーさを強調していて、各種モニターや計器類を盛り立てています。

ツヤのある木目調の専用フィニッシャーが高級感を演出し、シンプルでありながらも豪華さを感じる内装だと思います。

elgrand15

また、乗り込む際もワゴン車にありがちなステップに足を乗せなくても乗りやすい高さで、私は丁度良かったです。
私の身長は178cmですが、運転席は十分広く狭さを感じる事はまったくありませんでした。

日産・エルグランド ライダー ステップ

日産・エルグランド ライダー ステップ

実際のステップですが、大人なら普通に乗れると思いますが、女性は足を掛けないと乗り降りしずらいかもしれません。
ただ、ステップ自体が低いので、無理なく乗れると思います。

肝心のシートに関しては、私も色々な車に乗ってきましたが、十分上位にくる位の乗り心地で、身体をしっかりとホールドしてくれます。
長時間乗っていても疲れない程度の硬さで、ワゴン車にありがちなセカンドシートの方が良いと言うのではなく、フロントシートも十分くつろげるシートに仕上がっています。

フロントシートは両側パワーシートになっており、助手席は電動オットマンシート付で、快適なドライブを堪能できると思います。

運転席もエンジンオンオフでメモリー機能が付いており、乗り降りしやすい様にチルトが上がり、乗り降りしやすくなっています。
あらかじめ設定しておけばシートの位置や角度、ドアミラーの角度まで自動調整してくれます。

そして肌触りの良い本革シートでさすが、日産一押しのミニバンだなと思いました。
正直、某メーカーの高級SUVよりはるかに良いと思います。

エルグランドライダーの値段は500万程ですが、その値段以上に質感は良いと思います。

乗り心地は最高のセカンドシート

セカンドシートも十分な乗り心地を約束してくれる満足な仕上がりです。

日産・エルグランド ライダー 後席

日産・エルグランド ライダー 後席

セカンドシートですが、通常のセカンドシートは中折れ機能付きのキャプテンシートになっており、身体に合わせて調整可能で、身体をしっかりとホールドしてくれます。

このシートはライダーも同じなのですが、オプションでVIP仕様に変えられます。
詳しくはオプションに関する項でご紹介させて頂きます。

ミニバンはセカンドシートで良し悪しが決まると言っても過言ではないと思いますが、シート自体は完璧です。
ただ電動でないのが残念なポイントで、営業マンも残念がっていたのが印象に残っています。

せっかくここまで良い内容で、電動でないと言うのは非常に残念でなりません。
でも実際に座ると、全然電動でなくても満足出来ます。
それだけシートの作りが非常に良いというメーカーの自信の表れかと思います。

日産・エルグランド ライダー 後席

日産・エルグランド ライダー 後席

そして、サードシートについてですが、それなりと言った感じの作りになっていて、基本サードシートは収納されている方が多いと思いますので、あえて私はこだわらな方が良いかと思います。
ちなみに収納は手動なので面倒です。

サードシートを起こしてしまうと、下の写真の感じで、ほとんどラゲッジスペースがありません。

日産・エルグランド ライダー ラゲッジスペース

日産・エルグランド ライダー ラゲッジスペース

なので、基本格納しておくのがベストかと思います。

エルグランドの装備はトータル的に充実しており、完成度の高い内装に仕上がっています。
一度ディーラーで見てみて頂きたい1台ではないでしょうか。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのエルグランドを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのエルグランドを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

エルグランドの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

エルグランドを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでエルグランドの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ricky

ricky認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 北海道在住

30代のメガネ女子です。生活スタイルが男らしいといわれるダメ女子です^^;

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る