スバル・フォレスター試乗 流行りに流されず飽きのこないエクステリア(2/5)

今回マイナーチェンジとなったフォレスターは、歴代フォレスターの中で格好良さは一番ではないかと思います。

スバル・フォレスター

スバル・フォレスター 格好良さは歴代一番

そして、写真などで見るよりも遥かに実物が格好良いな・・・とも思いました。
ちょっとインプレッサを背高にしたような印象ではないでしょうか。

車幅が1,800mmをこえているかと思いきや、1,795mmとのことです。
でもそうは見えないボリューム感があります。

モビルスーツ系のエクステリアは流行りにのらない美しさ

最近のSUVは有機的とも思えるようなデザインが多いように感じています。
そんな中でフォレスターは飽きがこなそうなデザイン、また少し角張ったスタイルは国産車唯一ではないでしょうか。
エクストレイルCX-5がやや丸みがあるデザインになるので、対象的でもあります。

スバル・フォレスター

スバル・フォレスター 流行りに流されず飽きのこないデザイン


10年間乗っても飽きが来なそうな、そんなデザインだと思います。

まず、窓が大きいことが大きなポイント!SUVならではの死角の少なさがあります。
他社のSUVなどと比べても、この辺はオススメ出来るポイントかと思います。

スバル・フォレスター

スバル・フォレスター 窓が大きく視界良好

リヤを見てみると少しシンプルかとも思います。

スバル・フォレスター

スバル・フォレスター シンプルなリアスタイル

でもフロントフェイスとはまた対象的で、ギャップという意味合いでは面白さはあるかも知れませんね。
2種類のフェイスを楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

エクステリアの充実度の高さで選ぶならばS-Limitedか2.0XT EyeSight

6つのグレード展開からなるフォレスター

  • 2.0i
  • 2.0i-L
  • 2.0i-L EyeSight
  • X-BREAK
  • S-Limited
  • XT EyeSight

エクステリアでは大きな違いはないように感じます。
でも2.0iがスチールホイールだったり、他のグレードはそれぞれアルミホイールが違ったりしています。
他にはフォグランプまわりの違いが見分けた方のポイントになっています。

NAモデルでは最上位となるS-LimitedやターボエンジンモデルのXT EyeSightにはフォグランプの周りにメッキリングを使用しています。

スバル・フォレスター フォグランプ

スバル・フォレスター 上位グレードのフォグランプにメッキリングが施される

他のグレードになるとフォグランプはありますが、メッキのライナーが使用されています。
この辺は好みもあると思いますが、見た目のスッキリ感だけで言えばメッキリングの方が良いでしょうか。

また、S-LimitedとターボエンジンモデルのXT EyeSight共にフロントバンパーもスポーティーモデルになっています。
質感といった部分でも他のグレードとの差が出ていると思います。

スバル・フォレスター S-Limited

スバル・フォレスター S-Limited フロントバンパーはスポーティーモデル

2.0iは必要最低限しか装備されていないので、他との比較になれば見劣りするのは否めません。
2.0i、2.0i-L、2.0i-L EyeSight、X-BREAKは落ち着きがあって大人らしい格好良さがあります。
S-LimitedとターボエンジンモデルのXT EyeSightが迫力のある格好良さという位置付けでないかと思います。

後付けできないシルバールーフレールは是非検討の価値あり

カタログや試乗車も含めて、あらかじめシルバールーフレールが装着されています。
選ぶ方も多い装備になるので、最初から標準装備にしても良かったのでは・・・?とも思います。
機能的でもあり、見た目にスタイリッシュさが出て来ますよね。

スバル・フォレスター シルバールーフレール

スバル・フォレスター シルバールーフレール

実際にこれがあるとないのとでは、差が出てしまうかと思います。
オプションになってしまうのですので、必要ならば装備しなくても大丈夫なものではあります。
でも納車になってから「やっぱり欲しかった!」となっても、装備することは出来ません。
あくまでも新車購入時のみになってしまうので、よく考える必要があります。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのフォレスターを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのフォレスターを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

フォレスターの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

フォレスターの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

フォレスターを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでフォレスターの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る