スズキ・新型エスクード試乗 走行インプレッション(1/6)

2015年10月にスズキのエスクードがフルモデルチェンジし、試乗させて頂きました。

スズキ・新型エスクード  試乗車

スズキ・新型エスクード  試乗車

新型エスクードとの併売で旧型もあり

スズキのお店に行ってみると、新型エスクードと並んで、がっちりとした体格の旧型エスクードも並んでいました。

スズキ・旧型エスクード 「エスクード2.4」

スズキ・旧型エスクード 「エスクード2.4」として併売される

旧型エスクードも「エスクード2.4」という名前でしばらく販売するらしいです。
新型のエスクードが出たので、旧型の車名がエスクード2.4と変わったらしいです。
ちょっとわかりにくいですが、旧型のゴツイ体型のエスクードが好きな人には、継続して販売されるのはありがたいですね。

すっきりした新型のエスクード

新型を旧型を並べてみてみると、かなり外観も変わっている感じがして、すっきりした印象。

スズキ・新型エスクード

スズキ・新型エスクード モデルチェンジ前と比べスッキリした印象

まぁ色も違うので、白の車体の方が大きく見えると思いますし、印象が違うのも当然だとは思うのですが。
新型の方はアトランティスターコイズパールメタリックという鮮やかなカラーにブラックルーフの2トーンカラーということもあってか、すっきりしていて、SUVっぽいカッコよさを感じました。

試乗での印象

乗り込んでみると、シックな内装で、旧型の印象とは違い、とてもオシャレな感じを受けました。
運転席の座り心地も良く、視界も広く良好でした。

スズキ・新型エスクード

スズキ・新型エスクード 視界良好で取り回しも良い

さて実際に走り出してみると、走り出しが滑らかで、しっかり走る感触がありました。
重心が安定していて、さすが本格SUV、足回りがガッチリしていると感じました。

また、車内も静かで、結構急な坂を上がる時にエンジンをふかしても、一気にうなるようなこともなく、なめらか回転数を上げてスピードアップしてくれました。
坂道をしっかり走ってくれるのは安心感がありますね。

また、平坦な道でスピードを一気に上げてもしっかりついてきてくれます。
無理しているような感じも全くなく、余裕を持っている感じです。
総じて、走っていてとても楽でした。
街中だけでなく、高速などもっとスピードが出せるところで長く走ってみたいと思わせてくれたエスクードです。

スポンサーリンク

新型からアイドリングストップシステムが搭載された

車体を外から見ると大きく感じましたが、商店街のようなところを走ってみても意外と小回りが利いて、運転席からはボディの大きさをさほど感じずに走ることができました。
信号待ちでしばらく止まっている間に、カーブを曲がってきた反対車線の車がこちらの車線にはみ出してきたので、慌ててハンドルを切ったのですが、アイドリングストップの状態からの走り出しも早く、すぐ反応してくれて、好感度が上がりました。

今回モデルチェンジをして、新型車からアイドリングストップも付くようになったそうです。
もちろん燃費やエコなどの問題で最近はアイドリングストップが付くことが基本、みたいな感じになっていますが、急な走り出しにもストレスがないことが確認できました。

また、平坦な道でけっこうスピードを出し、そしてその後ぐっとブレーキを踏む、ちょっとした急ブレーキをかけてみましたが、ストレスなく減速してくれて、そしてしっかりと停止。
ガッタンと前のめりになるようなところもなく、ブレーキングも全く違和感なく良好でした。

新しい4WDシステムのオールグリップ

エスクードにはFF車と4WDの両方のモデルがあり、今回試乗した車は6ATの4WDだったのですが、新しくなった「オールグリップ」という4輪制御システムはほとんど実感できる試乗ではありませんでした。
シフトをMレンジにしてマニュアル車のように操作して運転もできますし、新しく設置されたオールグリップモードスイッチを使用して、ドライビングモードを選んで運転することもできます。

スズキ・新型エスクード オールグリップモードスイッチ

スズキ・新型エスクード オールグリップモードスイッチ


オールグリップモードスイッチでは「AUTO」「SPORT」「SNOW」「LOCK」の4つのドライビングモードが設定されています。

今回はAUTOモードという2WDで走るモードで試乗し、4WDに切り替わる場面もなく試乗が終わってしまったので、エコな運転となりましたが、できれば4WDを感じるような試乗コースも走ってみたかったですね。
なかなか街中の試乗だけでは4WDを感じるような運転というのは難しいので、新型エスクードの新しい四輪制御システムをぜひ体感できるようなコースがあるといいなと思います。

もちろん街中での試乗で、十分運転しやすいということは実感できました。
安定感のあるSUVらしいSUV車といった印象のエスクード。
オンロードで運転していて楽しいと感じたので、通勤などの普段使いでも十分楽しめるのではないでしょうか。

今回試乗した【エスクード】のスペック
車名 エスクード メーカー名 スズキ
グレード名 ベースグレード4WD 車両重量 1210kg
発売日 2015年10月15日
フルモデルチェンジ
全長×全幅×全高 4175× 1775× 1610mm
乗車定員 5人乗り ホイールベース 2500mm
排気量 1586cc 最小回転半径 5.2m
駆動方式 4WD 最高出力
(kW[PS]/rpm)
86[117]/ 6000
ミッション 6AT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
151[15.4]/ 4400
燃料 レギュラー エンジン 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
JC08モード燃費 17.4km/L 型式 DBA-YE21S
現行モデル発売 2015年10月~
[4代目]
タイヤサイズ 215/55R17 94V
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのエスクードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのエスクードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

エスクードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

エスクードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでエスクードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る