マツダ・デミオ 17年乗った初代デミオから新型DJデミオへ乗り換え

約17年間乗った初代デミオを新型DJデミオに乗り換えて、ほぼ1年以上経過したので、その感想をお伝えします。

マツダ・デミオ 13S

マツダ・デミオ 13S

新型DJデミオへの乗り換えは泣く泣くの決断でしたが・・・

そもそも私の自家用車遍歴は、最初は自宅の軽自動車アルトで、社会人初めの自家用車でした。
その当時は2輪車と併用していて殆ど移動の足で、燃費は抜群でした。

その車を事故で失くしたのを機に、最初の自分自身の自家用車を購入しました。
それが、ホンダ・シビック、当時ワンダーシビックといわれたモデルです。
これも当時の車としては燃費が良くて、レジャー向きの楽しい自家用車でした。
当時の趣味がアウト・ドア系だったので、主に名古屋市経由の長野県・岐阜県スキーツアーの足として大活躍してくれました。

そのシビックも、やはり経年劣化で約8年で7万kmを走行し、次の自家用車としてプリメーラに買い替えました。
こちらも日産車らしく、安心してドライブできる自動車でした。

同じ様にスキーの足として存分にドライブし、約9年10kmの走行で、本当は10年間以上の使用も視野に入れていたのですが、当時発売されたSUV・初代デミオに一目惚れして買い換えました。

その頃から、読む雑誌も「オートメカニック」とかのDIY系になり、やる気満々でドライブしました。
アルミホイール・タイヤを3万kmで交換し、タイヤは当時出たエコピアが好きだったので、その後の2回ともBSもしくはエコピア指名買いでした。

また、買い替えを相当先に予定していたので、マツダスピードパーツも購入しました。
最初がフロントグリル、車体がディ―プグリーン系でも、シルバーのフロントグリルはお気に入りでした。
その後、ダウンサスペンション、マフラーにとアフターパーツにも熱を入れ、そこまですると、後は吸気系か点火系のみになり、当然の様にアーシングにも手を入れました。

最初はキットモデルから入り、独自のモノを購入しては、一人悦に入りました。
それらの思い入れから、20年間20kmを想定していたのですが、2014年ころから家族のバッシング対象になり、独り抗戦出来ずに新型DJデミオが出たので、泣く泣く買い換えました。

マツダ・デミオ 13S

マツダ・デミオ 13S

スポンサーリンク

スカイアクティブデミオは更にお気に入りに!

デミオにはディーゼルエンジンとガソリンエンジンがありますが、お財布事情、予算の関係からガソリン車を選びました。
グレードは「13S」で、オプションでトノカバーとバックカメラを装備しています。

マツダ・デミオ 13S

マツダ・デミオ 13S

外観的には、アクセラよりもファットな感じがするデザインで、赤色だと間延びした感じになるので、紺色系のディ―プクリスタルブルーマイカを選びました。

欲を言えばノーズ部分とボディサイドの印象が間延びしているので、思い切ってコンパクトカーらしく仕上げた方が良いのでは?!とも思っています。

デミオには話題のハイテク装備が満載ですが、確認は始動時のワーニングランプのみなので、非常に味気ない、運転中にも何らかの形で視認出来ないと宝の持ち腐れなのでは?!と、オーナーとしては少々勿体無い気持ちです。
マツダコネクトは、スマートフォンと連動できれば更に良いのですが・・・。

マツダ・デミオ 13S センターディスプレイ

マツダ・デミオ 13S センターディスプレイ

やはり「be a driver」を謡いながらも、運転席の次世代対応が中途半端、いっその事、運転席の操作系全てを高級オーディオのスイッチみたいにするか、スマートフォンのホーム画面くらいに、所有者がカスタマイズ出来れば個人的には合格です。

前の初代デミオも最終的には燃費スペシャル仕様だったので、スカイアクティブのデミオも気になっていので、購入後ははやる心を抑えて色んな場所へドライブしました。

またスマートフォンアプリのE燃費とかも登録しているのですが、平均値からは相当な偏差値ですが、新型デミオの同一車種グループだと偏差値50前後が自分としてはとても悲しいです。

とにかく、購入後一年半で走行距離が二kmを越えた事からも、ドライバーをその気にさせる流石のマツダ車だと思います。

マツダ・デミオ 13S 内装

マツダ・デミオ 13S 内装

今のところ、新型DJデミオの平均燃費はリッター約18kmで、前車の初代デミオの頃とは雲泥の差です。
今でもドライブするたびに、新しい発見がある歴代の所有車の中でも屈指の楽しい自家用車で、これからも更に楽しいドライブに心躍る自家用車に為りそうな予感で一杯です。

マツダ・デミオ 13S

マツダ・デミオ 13S

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのデミオを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのデミオを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

デミオの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

デミオを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでデミオの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

やっとこ認定ライター

投稿者プロフィール

50代 男性 静岡県在住

休日はほとんど車でドライブしています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る