ダイハツ新型ムーヴ 安全装備のスマートアシストが進化

2014年末にフルモデルチェンジをしたムーヴが、2015年6月にマイナーチェンジで新たに進化しました。
6代目となったムーヴを見てきましたのでご紹介します。

大型化したヘッドランプが特徴

モデルチェンジ前と比べると一目瞭然、厚みのあるボディーと凛々しくなったフェイスが特徴で、ヘッドランプの大型化とサイドのラインが一新されています。

展示されていたのは中間グレードの「X」。
ダイハツ ムーヴ
ダイハツ ムーヴ

そして、ボンネット、バックドアはボディ軽量化のため樹脂製になりました。
また、長い間、横開きだったバックドアが縦開きに。縦開きタイプだと開けた時の視界や、雨よけになったり、アブソーバ構造などなど、賛否両論あるようですが、私個人的には縦開きの方が使いやすくていいと思います。

ダイハツ ムーヴ

エアコンは大きく進化

前モデルから大きく変わった装備の一つとして方向指示器があります。
新モデルより電子式となり、操作するとレバーは戻るようになっています。使い始めは違和感があるような気もしますが、これは慣れれば特に問題なく良いかと思われます。

ダイハツ ムーヴ

そしてエアコンも大きく進化しています。
今までアイドリングストップ中はエアコンのコンプレッサーが停止し冷たい風が出なかったんですが、スマートクールの採用によりその点が解消しています。
これからの暑い季節、これは助かりますね。

また、運転席シートリフタ(Lグレードはメーカーオプション)、チルトステアリング(Lグレードを除く)が標準装備されて、シートの上下位置が調整できるようになりました。
よく軽自動車を乗っている方で、ハンドルと顔の位置があまり変わらないくらいの小柄な人がいますが、そういう方にはぜひこの上下位置調整のできるシートリフタがあると、もっと運転しやすくなるのではないでしょうか。

ダイハツ ムーヴ

スポンサーリンク

安全装備のスマートアシストSAからSAⅡへ進化

ダイハツのムーヴは軽自動車の中ではいち早く衝突軽減ブレーキなどの安全装備を導入していますね。この点は素晴らしいと思います。
従来の衝突軽減警報・ブレーキシステム、誤発進抑制装置、先行車発進お知らせ機能がパッケージになったスマートアシスト「SA」から、スマートアシストⅡ「SAⅡ」となり、単眼カメラによる走行中の車両や歩行者に対して警報で知らせる機能や、ソナーによる後方誤発進抑制機能が加わりました。
また、60km/h以上で道路上の車線を検知している時には車線逸脱警報が働く機能も付いています。眠たくなった時には活躍しそうです。
安全装備に関しては普通車でもまだまだこれからの装備といったところなので、軽自動車でこの装備が付くのはすごいです。

支援ブレーキ、誤発進抑制機能、先行車発信お知らせ機能は、実際にムーヴをプライベートでも乗っている営業の方から聞きましたが、申し分ないくらいの性能を実感しているとのことでした。

燃費について

前述していますが、ボディーではボンネットやバックドアが樹脂製になったり、後方の一体型スポイラーやフロントスポイラーの空力改良などにより燃費も上がっているそうです。
カタログ燃費ではL、Xグレード(2WD)では31km/L、Xターボグレード(2WD)では27.4km/Lとなっています(JC08モード)。
特にアイドリングストップ機能が取り入れられてからは大きく燃費が向上していて、環境に配慮されたあらゆる樹脂部品が増えた事により、ボディの軽量化にも拍車がかかってハイブリッド車にも追いつく勢いですね。

このような進化が各メーカーがこぞって競い合い、共有し合って日々自動車が進化をしているのは素晴らしいことだと思います。
近年自動車業界で見られる光景として、化石燃料を必要としない電気自動車(EV)、水素を燃料とする燃料電池自動車(FCV)の開発が進む中で、ハイブリッド車やクリーンディーゼル車などが主流になりつつあります。
インフラや税金など多々問題や課題を解決しながら、できるだけ運転者の負担を増やさないようにして欲しいものです。

さて、この新型ムーヴは総合的に見て私の中ではかなりポイントが高いです。
特に安全装備については重視しているので・・・。
また個人的に軽自動車はノンターボ車で事足りると考えていて、アルミ、イルミ等のエクステリアや高価な内装も今のところ特別希望しないので、ムーヴカスタムの方ではなくノーマルのムーヴで十分だと考えています。
オススメグレードは、プッシュボタンスタート、オートエアコン、運転席シートリフタ、アルミホイールを装備している「X」ですね。

ダイハツ ムーヴ

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのムーヴを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのムーヴを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ムーヴの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ムーヴを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでムーヴの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る