【愛車レビュー】マツダ・アクセラスポーツ15S 競合はインプレッサ一本で!値引きは!?(5/5)

アクセラスポーツ購入記として、購入動機から購入に至るまでを記したいと思います。

デリカD2からの乗り換え

それまでは三菱のデリカD2(スズキソリオのOEM車)に乗っておりました。
親族から頂戴したこの車、価格よし、燃費よし、居住性良し、維持費よし、スライドドアよし!と、ママのほしいもの全てぶち込みました!という感じの素晴らしい商品力を持った車でありました。道具としてはこの上ない車であったことは紛れもない事実でした。

しかし、自称車好きの私には毎日乗るたびに不満が募る車でした。
運動性能がこの上なく低いのです。ステータスのすべてを便利さに全振りしたような車なので仕方のないことなのです。
ただ、私には合わなかっただけでソリオが素晴らしい車であることはここで改めて申し上げます。

そんなこんなで我慢の日々が続きましたが、車検を機に、いつもお世話になっているディーラーで冷やかしの見積を取ってっもらったことがことのきっかけでした。
なんと下取りに40万円の値段をつけてくれるというではありませんか。
買い取り参考価格はネットで15~20万だったので、その瞬間に、買い替えモード全開になってしまいました。

アクセラスポーツ、インプレッサスポーツの一本勝負!

今回の乗り換えについてはテーマを設定しました。
「予算は200万前後、維持費は少なめで運転が楽しいクルマ」。
昔、インプレッサのスポーツワゴンに乗っていた際に、運転の楽しさ、程々のユーティリティ、負担の少ない維持費、とバランスのとれた車だったことを思い出し、長く乗ることも見据えて国産Cセグメントカーに照準をあわせていました。

具体的には、アクセラスポーツ、インプレッサスポーツ、オーリス の3車種が候補に上がりました。
ただし、私はアンチトヨタなので、オーリスはそうそうに候補から外し、最初からインプレッサとアクセラの一本勝負に持ち込みました。

まずはネットでの情報収集を開始します。
アクセラスポーツは176万のスタートながら、事実上最下位グレードは売る気がない仕様なので一つ上の15S、196万がスタートラインとなります。一方インプレッサスポーツは大阪スバルのお買い得仕様である165万円がスタートラインになることが判明しました。

スポンサーリンク

まずはアクセラスポーツに試乗

最初は電話でアポイントを取ってから商談に向かうことをおすすめします。
マツダに電話する際、10年ほど前に競合のすえ、MPVを買ってあげることができなかったセールスさんがいましたので、その方を指名し、店舗に向かいました。

昨今のマツダは販売好調につき、全然がっついて来ません。一昔前とは大違いだなと関心しました。
販売店全体で試乗を積極的に勧めているそうで、商談の前に試乗を行いました。

予算的には1500ccのガソリン2WD一本だったのですが「後悔のないように」と2200CCのディーゼルにも試乗させてくれました。
予算的に無理なのはもちろんのこと、かなり軽減されているとは言え、がらがら音が気になったのでガソリン車での商談をお願いしました。試乗の感想としては

○だった点
  • デサイン
  • 静粛性
  • インテリア
  • 低速の粘り
  • 6ATのダイレクト性
  • 正確なハンドリング
  • コントローラブルなブレーキ
✕だった点
  • ドライバーにはタイトで良いのだがその他の席は狭いと感じる
  • 後方視界不良
  • ノーズの長さ(取り回し)
  • ショックのかたさ
  • シートの柔らかさとヘッドレストの角度
  • ナビのできの悪さ
  • マツダコネクトの使い勝手
  • エンジンブレーキ操作のわずらわしさ(パドルシフトにて解消可能)
  • ドリンクホルダーなどの利便性

このようなことが気になりました。

お値引きをお願いする際に気をつけたのは
「長々と交渉する気はないし、金額の折り合いがつかなければ今の車に乗り続けるだけなので、一発目でそれなりの金額をお願いします。」とお伝えしました。

196万に消費税、10万相当のオプションをつけ、本体値引きが一律10万円、下取りが20万円、諸費用が22万で200万ちょうどに端数を合わせて提示してくださいました。
個人的に気持ちの伝わる良い見積書だと思いました。頑張ってくれているなと。

「前向きに検討する」と伝えてスバルへ向かいました。
余談ですが、その際も、トヨタなら必ず「今ここできめてくれ」と引き止めたはずです。そういう引き止めがなかったことも好印象でした。

次にインプレッサスポーツに試乗

スバルには両親がアウトバック購入からお世話になっているセールスさんがいらっしゃいました。
こちらも走りを売りにしているメーカーなので早速試乗です。こちらの試乗では

○だった点
  • 空間
  • 見切り
  • ラゲッジ
  • 回頭性
✕だった点
  • アイサイトなし
  • CVTとボクサーの相性のわるさ
  • アクセルレスポンスがクイックすぎる

こちらは1600CCで165万からの大バーゲン価格であり、いまならなんと30万円相当のナビまでくれちゃって、金利は1%前後だったと記憶しています。
とにかく7月のボーナス商戦、年末にフルモデルチェンジを控えての在庫処分を大々的にやっていました。

商談の持ち込み方は全く同じようにしました。とにかく短期戦に持ち込みたかったのです。無理なら諦めようと思っていましたので。

出てきた見積もりは購入意欲のそがれるものでした。
もともとの施策に甘えて、値引きが全くなされていなかったのです。確か5万円程度だったと思います。
更に下取りに関しても10万円の表記であり、この時点でマツダとは10万円、三菱のひやかし見積もりから30万円の差がありました。「本気の見積もり」をお願いした私は肩透かしをくらい、スバルをあとにしました。

とりあえずどちらにも前向きな検討を伝え、しばらく放置しました。相手からの連絡を待つようにしたのです。

最終的には金額に加え、営業マンとのフィーリングが大事なポイントに

先にしびれをきらしたのはスバルでした。
どうにも月のノルマが厳しいようで「いつ決めるのか、ナビがなくなる」と焦らせてきたので、ますます滅入ってしまいました。
三菱の下取りが40万円であることを伝えるとあからさまにうろたえ、「上に相談します!」と電話をきり、再度かかってきたものは「35万までなら」とますます弱気になっていました。
インプレッサは決して悪い車ではなく、大変良くできているのですが、2WDにはアイサイトがつかないというスバルの姿勢に疑問を感じ、また、セールスマンとの相性も合わなかったので最終的にはお断りさせていただきました。

ただ、このままマツダで契約しても良かったのですが、下取りをどうにかしたかったのもので、三菱の40万という数字をお伝えしたところ、、、、驚きの45万回答を頂きまして、即決してしまいました。
セールスさんも少しおっちょこちょいな方で、結局本体から14万、用品値引きは難しいとのことで下取りが45万、JAF無料、ガソリン満タン、端数切りなど頼んでもないのに、「これも引いときますね」と支払いを182万ちょうどになるように値引きを行ってくれました。
即決の際も「え?もう買ってくれるんですか?」と向こうが驚いていました。

アクセラスポーツ 15S 注文書

アクセラスポーツ 15S 注文書

車購入の際は金額ももちろん大事ではありますが、営業マンとのフィーリングも大事にするように心がけています。
インプレッサより、支払額で言えば高い買い物になりましたが、モデル末期と新モデルのマイナー後、アイサイトなしとレーダーブレーキありなど30万ほどの差は埋まるものと考えました。

満足度評価
【アクセラスポーツ/15S】
総合評価 ★★★★★
外観 ★★★★★ 乗り心地 ★★★☆☆
内装 ★★★★☆ 安全装備 ★★★★☆
エンジン ★★★★☆ 燃費 ★★★★☆
走り ★★★★★ 価格 ★★★★★

最初の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアクセラを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアクセラを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

アクセラの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アクセラの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アクセラを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアクセラの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

べす認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 大阪府在住

車大好きです。30歳にして13台の車をのってきました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. スズキ ハスラー
    エクステリアデザインについて とにかくかわいいの一言に尽きる。コロッとしてもちっとしている。 …
  2. スズキ新型ソリオ
    ワゴンRの大きいバージョンとして誕生し、独立を果たしたスズキソリオ。 地道に売上を伸ばし、独立して…
  3. 皆さんは「EV」「電気自動車」と聞くと、どんなクルマを思い浮かべるでしょうか? 日産リーフ?テスラ…
  4. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーとデリカD5はもともとはプラットホームを共有する姉妹車という位置づけであった。 アウ…
  5. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVは通常のアウトランダーの利便性、走行性能、積載性などの快適性を、とても低いラン…
  6. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVの走行性能について掘り下げて見たいと思う。 メルセデスSクラス超えのトル…
  7. 三菱・アウトランダーPHEV
    三菱はその企業体質から、技術力が大変高いにもかかわらず不祥事が続き評価を落とし続けている。 結果的…
  8. トヨタ・C-HR
    トヨタの世界戦略車C-HR。そのチャレンジングなデザイン、パワートレーン、価格。全てが今までのトヨタ…
  9. トヨタ・C-HR
    見た目にかなりインパクトのあるトヨタのコンパクトSUV、C-HRに試乗した。 今までのトヨタにはな…
  10. マツダ・デミオ
    私の愛車DJデミオ、13S Lパッケージの総評についてお話しします。 走りを楽しみたい、且つフ…
ページ上部へ戻る