三菱・デリカD5ディーゼル車試乗 走行性能(2/4)

デリカD5は3つのパワートレインと2種類のトランスミッション、2種類の駆動方式を持っている。
エンジンは2.2Lのディーゼル、2.4Lガソリン、2.0Lガソリンの3つ。
ディーゼルには6ATが、ガソリンにはCVTが組合される。
ディーゼルと2.4Lガソリンには4WDが、2.0Lガソリンには2WDが用意されている。
それぞれへの組み合わせは存在しないので、様々な機構を持っている割には結局3種類となる。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 右サイド

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 右サイド

ディーゼルモデルに試乗!

今回はディーゼルモデルに試乗することとなった。

エンジンを始動するとすぐにディーゼルとわかるサウンドと振動が発生する。
マツダを始め、欧州車ではディーゼルはメジャーなのだが、個人的にはスタイリッシュな外観にはガラガラ音は似合わないと考えている。
ではデリカはどうなのかと言うと、こちらはキャラクターにマッチしていて、発売当初は搭載を考えていなかった事が嘘ではないかと思うほどだ。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 運転席

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 運転席

ガコっと少し重たいシフトをDレンジへ入れる。
出足は非常にゆったりしている。悪く言えば遅い。

ただし、三菱としては、アウトランダーPHEVも用意しているので、出足を含めたオンロード性能を重視するユーザーにはそちらをどうぞ、というスタンスなのかもしれない。
「多くの家族や仲間を安全に目的地まで届ける。」といったコンセプトをもったこの車にはマッチしているチューニングであると感じた。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR センターパネル

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR センターパネル

ただ、中間加速はなかなかのものである。
試乗車のため限界加速を試すようなことはしないものの、流れを十分リード出来る加速力はある。

その一方で、ブレーキの効き始めが遅く、踏みましする機会が多かったようにも思う。
ベースのガソリン車からは約200キロ増量している。もし、ブレーキが同じものであったとしたら少し不安にも思う。

スポンサーリンク

アイポイントについて

アイポイントは非常に高い。アルファードなどの大型ミニバンですら天井が見えている。
大きな車、アイポイントの高い車に乗ると、人は偉くなったと錯覚するそうで、そういった気分に少なからずなった事は事実だ。

ただし、前述の通り、瞬発力は控えめなので、俗にゆう「オラオラ系」の運転をする気にはならない。
大きな心でゆったり大船に乗った感覚で運転できる。
不思議と飛ばそうという気にもならなかった。
ひょっとすると「腰高」=「不安定」と心理的に感じているからかもしれない。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR

直進安定性能について

直進安定性能は、その全高とオールシーズンタイヤを履くことを考慮すれば優秀だ。
ドイツ車のようなものは当然期待できないが、120Km/hまでならば安心して走行可能だ。
日本においては十分な性能であると考える。

レーンチェンジなどではやはり多少グラつく。ただし、すぐさま不安を覚えるようなロールでは無く、あえてゆったりとした足回りにチューニングしているのかとも思える。
2WDから4WDには走行中も変更可能で、切り替えた時には変化を感じる。
リアが逃げる感じが減少する。
大雨などでは擬似的な4WD LOCKモードが使えるが、今回は使用するに至らなかった。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 左サイド

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 左サイド

ワインディングでの安定性について

ワインディングは得意ではない。厳密には、デリカとしては全く問題はないものの、ドライバー含め、同乗者の安心感から攻める気にならないという方が正しい。
繰り返しになるが、ロールは他のミニバンと同程度発生する。
アイポイントが高いため、より傾いている感覚を覚えるものと思われる。

ただ、決して運動性能が低いわけではない。むしろ総合的な運動能力ではミニバン界No1の性能を誇る。
それは、ほぼノーマル状態でパリダカサポートを走りきった結果にも現れている。
羊の革をかぶった、狼とまでは行かないが、秘めたるポテンシャルはひしひしと感じる。
その証拠に、ラリードライバーの増岡選手が駆るデリカが動画で見ることが出来る。
重心の移動を適切に行なってやることにより、純正でも見事な走りを見せている。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 前席

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 前席

デリカD5走行性能まとめ

2500CC前後のMクラスミニバンにおいて、リアサスペンションを独立させているモデルは多くはない。
全くカタログ映えしないところにコストがかかっており、良質な乗り心地を提供してくれたいた。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのデリカD:5を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのデリカD:5を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

デリカD:5の買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

デリカD:5の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

デリカD:5を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでデリカD:5の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

べす認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 大阪府在住

車大好きです。30歳にして13台の車をのってきました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る