マツダ・ロードスター試乗レビュー 改めて問いたい「スポーツカーとは何か」(5/6)

前述の通り、数値上のスペックを問うことがこれほど無意味に感じる魅力的なスポーツカーは世界中探してもなかなか無いでしょう。
実際ロードスターのカタログを目を皿のようにして隅々まで読んでもスペックを誇示するような記述はほとんどありません。ロードスターの魅力はスピードやパワーとは違うところにあるのです。

かつては300馬力を超えるクルマというのはスポーツカーでさえ特別な存在でしたが、今やフルサイズセダンや果ては大型SUVでも300馬力を超えるクルマは珍しくありません。
ファミリーカーが一世代前か二世代前のスポーツカーを凌駕する性能を有しているのが当たり前の昨今、世界中のスポーツカーが400馬力、500馬力は当たり前、ハイエンドモデルになるともはや800馬力オーバー、F1マシンなみのパワーを持つモンスターマシンが財力さえあれば、町のショールームで購入出来て公道を走ることが出来る時代です。

マツダ・ロードスターSレザーパッケージ レッドトップ

マツダ・ロードスターSレザーパッケージ レッドトップ

しかし、800馬力のモンスターマシンを手にしたところでそのドライバビリティを堪能できる場所はごく限られているのではないでしょうか?
仮に、そのパワーを存分に発揮できる国際規格のサーキットに持ち込んだ所で、その強大なパワーを使いこなせるドライバーはそうそういないでしょう。

近年のスポーツカーは多段ATや2ペダルセミAT化が進み、昔気質の「走り屋」からは3ペダルMTが消えていくのを惜しむ声が聞こえてきますが、筆者の個人的感覚では後輪駆動車で素人が足踏み操作の油圧ダイアフラムクラッチとHパターンの手動ギアボックスで制御できるのはせいぜい300馬力が限界に思えます。
それ以上を超えると、プロのレーサーでもない限り、ちょっとしたことで即クラッチを焼き付かせるか、変速ギアを破砕させるか、はたまたパワーを御せずにそのままスピンするかのどれかでしょう。

マツダ・ロードスターSレザーパッケージ 試乗車

マツダ・ロードスターSレザーパッケージ 試乗車

電子制御デバイスのアシストなしで一般のドライバーでは扱いきれないほどのパワーを秘めたをモンスターマシンをロードカーとして販売するというのは自動車メーカーとして社会責任上好しとされるとも思えません。

そうなると当然、4輪トルク制御のAWDシステムはもちろん各種スタビリティコントロールやブレーキバランスの制御デバイスも必須、変速ギアは当然シフトミスのないフルオート、そんな強大なパワーを持て余したクルマを街中で走らしたところでストレスがたまるだけでしょうし、サーキットに持ち込んでも、ドライバーはドライビングというよりマシンのオペレーターとしてタイムアタックに徹するという形になり、そこにクルマを操る面白さがあるのかというのも疑問です。

マツダ・ロードスターSレザーパッケージ エンジンルーム

マツダ・ロードスターSレザーパッケージ エンジンルーム

スポーツカー=優れた動力性能という常識の中で、「人馬一体」のドライビングという行為を愉しむためスポーツカーを追求すればするほど過ぎたパワーは無用の長物となるという現実にマツダのエンジニアはさぞかし戸惑った事でしょう。

しかし、世の中にはモアパワー・モアスピードの誘惑に負けて、ニューモデルになる度に初代のコンセプトとはかけ離れてしまったスポーツカーは星の数ほどあります。
頑なに初代からのアンダーパワーを目いっぱい使って軽量ボディを思いのままに操作するというコンセプトを貫き通すというのは大変な事だと思いますが、パワーがもっと欲しい人はパワーのあるクルマを選べばいいのです。

いっそ豊富なオプションとアフターマーケットパーツで自分の走るステージやドライビングスキルの変化に合わせてカスタマイズするのも良いでしょう。
アンダーパワーの小型軽量スポーツカーの美点の一つに維持費も安く、部品も豊富で安価で流通しているというのがあります。専用設計、ハイテクデバイス満載のマシンではちょっとしたセッティング調整でも容易にいきません。部品も高価で交換には制御コンピューターの書き換えが必要などワークスマシンなみの手間が要求されます。

入門者には優しく、上級者には奥深い世界が待ってる、ここまで文化的に成熟したスポーツカーを送り出したマツダは自動車会社としても欧州の伝統的なメーカーに文化的な面でも追いつこうとしているのが感じられました。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのロードスターを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのロードスターを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ロードスターの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ロードスターを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでロードスターの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

天上院 聖璃華認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性

愛車は1973年型トヨタセリカLB2000GTと1969年型スバル360スーパーDXを所有する無類の旧車マニア。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る