三菱・デリカD5ディーゼル車試乗 デザイン・ユーティリティ面での総評(4/4)

世界中を見渡しても、ワンボックス多人数乗車ボディ+本格的4WDというレイアウトの車というのは珍しい。
海外では大型クロスカンリーやSUVがその役割を担っているし、大きな荷物を積む必要がある時には、別にピックアップトラックなどを使い分けしている事が考えられる。

その一方、日本では複数台所有することが一般的ではなく、道は狭いがきちんと舗装されている。
こういった事情から、他のメーカーは”世界的な需要がない”と判断し、デリカにライバルを当てることをしてこなかった。
その結果としてデリカは唯一無二の存在として長年、コアなファンを獲得しその存在感を増すこととなり、現在に至っている。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 右サイド

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 右サイド

エクステリアデザイン

現代の車としてはかなりスクエアなデザインをまとっていて無骨なイメージを醸し出している。
しかしながら、よく見ると幾重にもプレスが施され、”デザイン”されている事がわかる。
シンプルかつ機能的にデザインされている。これが10年たっても古さを感じさせないポイントなのかもしれない。

もちろんデザイン面でのモデルチェンジがマイナーを含めて行われなかった事にも起因する。
「良いものは変える必要がない」という事であろうか。
そのデザインからは、他のミニバンにはない力強さ、安心感、タフネスなイメージが伝わってくる。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR

インテリアデザイン

直線を基調としたシンプルかつ機能的なデザインである。
一部グレードを除き、メッキや木目での装飾はほとんどない。
素材はプラスチッキーであるが、車のキャラクターによく合っていると思う。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 内装

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR 内装

ドレスアップグレードのローデスト(日産のライダー、ホンダの無限などに相当する)を選択した場合においては、少しちぐはぐな印象となってしまうかもしれない。

メーター回りもとてもシンプルだ。伝統的な2連メーターの間にインフォメーションディスプレイを備えている。
これといったギミックもないが、視認性に優れている。
ハンドルは4本スポークデザインで少し野暮ったさも感じるが、なんでもかんでも3本スポークにすればよいというわけでもなく、これもキャラクターにあっていると感じた。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR ステアリング

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR ステアリング

スポンサーリンク

ユーティリティ

エアコンダイアルは、とても便利で素晴らしい。
昨今、コストダウンとデザイン面からボタン等を一か所にまとめたデジタル式のエアコン操作パネルが一般的である中、デリカは3連のアナログタイプのダイアル式を採用している。
これが意味するところは、ブラインドでの操作性の向上である。
運転操作に集中しながら一瞬でエアコンの状況を把握し、操作できるのがアナログの良さである。
またこれはグローブを装着しての雪山走行なども想定している。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR センターパネル

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR センターパネル

デリカの売りである4WDの切り替えスイッチも同様に大きなダイヤルを備えている。
走行中でも簡単に、即座に切り替えが行える為、街中、高速、ラフロード、雪山、ゲリラ豪雨、など刻一刻と変わる道路状況にすぐに対応できる。

その一方で絶対的な積載性はそう高くはない。
2列目シートが座り心地の為に1列目とそうかわりないボリュームがあり、ほとんど折りたたむことができない。その為最大荷室長が車体のわりには短い。
また3列目のシートについても同様で、つくりが良い反面、シート自体の収納はミニバンの中ではかなり悪いほうに入る。
左右につりさげて収納するのだが、とても重たく、女性では難しい。
収納後も左右のはみだしがとても大きく、大きなものを積むためにシートを畳みあげても結局邪魔になって積めないということもあるかもしれない。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR ラゲッジスペース(サードシートを跳ね上げ時)

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR ラゲッジスペース(サードシートを跳ね上げ時)

デザイン面、ユーティリティ面でのデリカD5の総評

デザインの好き嫌いは当然あるものの、機能美を持った数少ないファミリーカーであると感じた。
シンプルなデザインは流行のオラオラ系ではないものの、個人的には力強いオーラを感じるものとなっていると考えている。
内外装的に、家族への愛情を保ちつつ、アウトドアな雰囲気を醸し出す、ライフスタイルの影響を与えてくれそうな車であると感じた。

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR リヤ

三菱・デリカD5 ACTIVE GEAR リヤ

満足度評価
【デリカD5】
総合評価 ★★★★☆
外観 ★★★★★ 乗り心地 ★★★★☆
内装 ★★★☆☆ 安全装備 ★☆☆☆☆
エンジン ★★★★★ 燃費 ★★★★☆
走り ★★★★★ 価格 ★★☆☆☆

最初の記事

今回試乗した【デリカ D:5】のスペック
車名 デリカ D:5 メーカー名 三菱
グレード名 ACTIVE GEAR 発売日 2017年4月21日
特別仕様車
車両重量 1,880kg 全長×全幅×全高 4730×1795×1870mm
乗車定員 7人乗り ホイールベース 2850mm
排気量 2267cc 最小回転半径 5.6m
駆動方式 4WD 最高出力
(kW[PS])
109[148]/3500
ミッション 6AT 最大トルク
(N・m[kgf・m])
360[36.7]/1500
燃料 ディーゼル エンジン 直列4気筒DOHC16バルブICターボ (ディーゼル)
JC08モード燃費 13.0km/L 型式 LDA-CV1W-LLHFZ3(V00)
現行モデル発売 2007年1月~
[初代]
タイヤサイズ 225/55R18
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのデリカD:5を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのデリカD:5を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

デリカD:5の買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

デリカD:5の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

デリカD:5を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでデリカD:5の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

べす認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 大阪府在住

車大好きです。30歳にして13台の車をのってきました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ホンダ・新型ステップワゴン
    ホンダのステップワゴンがマイナーチェンジし、ようやくハイブリッド車が追加になりました。 今回の…
  2. ホンダ・新型ステップワゴン
    2017年秋、ついにステップワゴンにもハイブリッドが追加されました。 今までのステップワゴンの…
  3. ホンダ・新型ステップワゴン
    今回のマイナーチェンジでハイブリッド車が追加になったステップワゴンですが、スパーダに関して言うと、こ…
  4. MINIクロスオーバー
    我が家のMINIクロスオーバーに関する総評についてお伝えします。 ディーゼルエンジンの音 …
  5. MINIクロスオーバー
    MINI クロスオーバーを買う時の費用や月々掛かる維持費等費用関連について、その負担感の実態も含めて…
  6. MINIクロスオーバー
    MINIクロスオーバーに付いている様々な装備についてレビューしたいと思います。 運転には関わら…
  7. MINIクロスオーバー
    あまり特別なものはありませんが、クロスオーバーの内装インテリアについてお伝えします。 マツダコ…
  8. MINIクロスオーバー
    クロスオーバーの外観は、MINIらしい可愛らしさも勿論備えていますが、そこにアウトドアが加味されてい…
  9. MINIクロスオーバー
    今年の4月から乗っている、愛車MINIクロスオーバーの走りや乗り心地についてお伝えします。 前愛車…
  10. ホンダ・N-BOX
    初期型のN-BOXは本当に爆発的に売れ、モデル末期まで売れ続けていました。 今回そんなN―BOXが…
ページ上部へ戻る