ルノー・新型アルピーヌ 名門アルピーヌが2017年に復活!日本での販売は翌18年から(1/7)

1960年代に欧州のラリーシーンを席巻した「伝説の名車」が来年(2017年)カンバックを果たします!
そして、再来年から欧州に次いで日本でも市販ロードカーがリリースされることが決定しました。

「アルピーヌ・東京ランデヴー」で日本初披露

10月11日、東京六本木ヒルズで新生アルピーヌの日本でのお披露目となる『アルピーヌ-東京ランデヴー』が開催されました。

ブランドの本格的な復活に向けて開催されたこのイベントには、マネージングディレクターのマイケル・ファン・デル・ザンデ氏、副常務のベルナルド・オリビエ氏(前ルノー・スポールの責任者)、デザイナーのアンソニー・ヴィライン氏のほか、週末に開催される『WEC富士戦』のため来日したレーシングチーム『シグナテック・アルピーヌ』を率いるフィリップ・シノー監督、同チームのレーシングドライバーであるグスタボ・メネゼス選手、ニコラ・ラピエール選手、ステファン・リケルメ選手が会場を訪れました。

プレスカンファレンスのあと、オリビエ氏とヴィライン氏の手によって車体を覆っていたベールが剥がされると、市販を前提にしたコンセプトカーのアルピーヌ・ヴィジョンが姿を現しました。

アルピーヌ・ヴィジョン (アルピーヌ-東京ランデヴーにて)

アルピーヌ・ヴィジョン(アルピーヌ・東京ランデヴーにて)


アルピーヌ・ヴィジョン (アルピーヌ-東京ランデヴーにて)

アルピーヌ・ヴィジョン(アルピーヌ・東京ランデヴーにて)

ジャパン・プレミアムとなったこのクルマは、今年2月にラリーの聖地・モンテカルロで発表されたクルマと同じもので、弧を基調とした流線型のボディ、2灯式ヘッドランプの内側に補助灯が収まるところなどは、かつてのラリーシーンで活躍し、アルピーヌを代表する名車となったA110を彷彿とさせます。

60年代ラリーで活躍した「アルピーヌA110」 (アルピーヌ-東京ランデヴーにて)

60年代ラリーで活躍した「アルピーヌA110」
(アルピーヌ・東京ランデヴーにて)


60年代ラリーで活躍した「アルピーヌA110」 (アルピーヌ-東京ランデヴーにて)

60年代ラリーで活躍した「アルピーヌA110」
(アルピーヌ・東京ランデヴーにて)

スポンサーリンク

アルピーヌ・ヴィジョンが純白のボディを選んだ理由とは?

しかし、アルピーヌのイメージカラーと言えば、フランスのナショナルカラー(その国を体現する色で、モータースポーツではかつて国別に車両の塗装色が指定されていました)のフレンチブルー。
ところが、コンセプトカーのボディ色は純白です。

アルピーヌ・ヴィジョン (アルピーヌ・東京ランデヴーにて)

アルピーヌ・ヴィジョン(アルピーヌ・東京ランデヴーにて)

これについてザンデ氏は「創業者であるジャン・レデレのアルピーヌに対する思い・・・理念を反映した結果、イメージカラーであるフレンチブルーではなく、アルピーヌ・ヴィジョンにはホワイトが似合うと考えた結果です」と語っていました。

アルピーヌ マネージングディレクター マイケル・ファン・デル・ザンデ氏 (アルピーヌ・東京ランデヴーにて)

アルピーヌ マネージングディレクター マイケル・ファン・デル・ザンデ氏(アルピーヌ・東京ランデヴーにて)

かつて同社の創業者であるレデレは、アルピーヌの由来について、次のような言葉を残しています。
「(この車名を選んだ理由は)ワインディングをドライブする喜びが凝縮されているからです。クルマを運転していてもっとも楽しいと感じた瞬間は、5段変速のルノー4CVでアルプスを駆け抜けたときでした。そして私にとってもっとも大切だったのは、私が作ろうと思っていたクルマで、私が体験したのと同じくらいの喜びをお客様にも感じていただくことでした。このように、アルピーヌという名前は、象徴的で、もっともふさわしいものなのです」。

すなわち、コンセプトカーが純白のボディを与えられた理由とは、創業者のレデレに敬意を表し、原点回帰という思いを込めて、アルプスの山々の残雪をイメージしたボディカラーを与えることだったのです。
ザンデ氏は続けて「もちろん、市販車にはフレンチブルーの設定もありますので、ファンの方は安心して下さい(笑)」との言葉を残すことも忘れてはいませんでした。

アルピーヌ・ヴィジョン (アルピーヌ・東京ランデヴーにて)

アルピーヌ・ヴィジョン(アルピーヌ・東京ランデヴーにて)

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルピーヌを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルピーヌを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルピーヌの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルピーヌを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルピーヌの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

山崎 龍

山崎 龍

投稿者プロフィール

1973年1月東京生まれ。
自動車専門誌の編集を経て、現在はフリーライター。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る