ルノー・新型トゥインゴ試乗 コンパクトカーの変遷を辿る(3/7)

90年代末、FF全盛の中で突如現れたスマート

90年代、もはや駆動方式にRRを用いる乗用車はポルシェ911やアルピーヌA610などの一部スポーツカーに限られていました。そんな中で突然彗星のように出現したのが、RRレイアウトを採用したマイクロカーのMCCスマートでした。

1997年にデビューしたこの超小型車は、ダイムラー・ベンツ社と時計メーカーのスウォッチの提携(のちにスウォッチ社は撤退し、ダイムラーの1社企画となります)により誕生しました。
都市部で用いるふたり乗りのミニマムトランスポータートして企画されたスマートは、全長2560mm×全幅1515mm×全高1550mmという限られたサイズの中で、快適性と高い安全性を得るために、時代に逆行するかのようにRRを採用したのです。

MCCスマート

MCCスマート(1997年)

衝突安全性確保のためにRRを採用

しかし、これはダイムラーベンツ社の技術陣が熟考に熟考を重ねた上での決断でした。
彼らが実現しようとした安全性とは、「衝突事故の発生時には同社のフラッグシップであるメルセデスベンツSクラスと同等の生存性を確保するもの」という驚くべきものでした。

当時、同社のフラッグシップだったSクラス(W140型)は、全長5120mm×全幅1885mm×全高1490mmという堂々とした体躯。これと全長3m足らずのスマートがブツかって同じだけの生存性を確保すると言うのですから、並大抵のことではありません。ところが、スマートは重量物であるエンジンを後部に配置し、車体前面をすべてクラッシャブルゾーンとすることでこの難問を解決したのです。

実際にスマート・フォーツーはユーロNCAP(欧州新車アセスメントプログラム)の衝突安全テストでは、5段階評価中4という高評価を得ています。公開されている大型車とのオフセットクラッシュテストの映像でも、キャビンは強固なセル構造で守られ、衝突後でも乗員の生存空間は充分に確保されており、ドアの開閉さえも可能でした。

smart fourtwo

smart fourtwo(2代目)

スポンサーリンク

将来のコンパクトカーRRが有望なのか?

このスマートの創意工夫は、21世紀のコンパクトカー作りにおいて、高い安全性という観点から示唆に富んでいるように思えます。
衝突事故時にいちばんの問題となるのが、じつはフロントに置かれた頑丈で重く、変形しづらいエンジンがキャビンに飛び込んでくることなのです。その結果、乗員はエンジンに押しつぶされて深刻なダメージを負い、ときには死に至るわけです。

一応、自動車メーカー各社は、衝突時にエンジンが地面に落下するような仕掛けを取り入れ、乗員への深刻な被害を防ごうとしていますが、そもそもフロントにエンジンがないRRならばそうした懸念もなくなるわけです。

しかも、RRは前方に邪魔なエンジンがないため視界が良好で、タイヤの切れ角が増すので小回りが利くと言うメリットがあります。さらに騒音と振動の源になっているエンジンがリアエンドに追いやることで、防音・防振材を大量に詰め込まなくとも静粛性を確保できるというメリットもあるのです。
これは軽量化にも繋がるわけでまさに一石二鳥です。

smart fourtwo

smart fourtwo(3代目)

技術の進化がRRを復活させた

また、初期のRRで問題になった高速安定性や旋回時の操縦性の問題も、タイヤやサスペンションのさらなる進化や、トラクションコントロールやABSなどの電子デバイスの登場により、現代なら充分にコントロールが可能となっているのです。
たしかにラゲッジスペースの容積はFFに劣るかも知れませんが、これもスペース効率に優れたハッチバックボディを採用することである程度は補うことができます。
つまり、実用車としてのRRが進化を止めてしまった40年前と現在とでは、クルマ作りの前提条件がまるで異なるわけです。

そのことを裏付けているのが、毎年各地で開催されているモーターショーの中にあります。
市販車としてのRRは、ポルシェとスマートくらいしかありませんが、各自動車メーカーが展示しているコンセプトカーの中には、スマートのフォロアーをいくらでも見つけることができます。

市販車に関しては慎重な各自動車メーカーですが、将来あるべきコンパクトカーの姿として、RRを検討しているのは紛れもない事実でしょう。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのトゥインゴを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのトゥインゴを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

トゥインゴの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

トゥインゴを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでトゥインゴの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

山崎 龍

山崎 龍

投稿者プロフィール

1973年1月東京生まれ。
自動車専門誌の編集を経て、現在はフリーライター。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る