ルノー・新型アルピーヌ アルピーヌの軌跡を振り返る(3/7)

アルピーヌの黄金時代「A110」がラリーシーンを席巻

そして、63年には初期アルピーヌの集大成とも言えるA110がパリサロンで発表されました。
オリジナルの交換フレームのシャシーに搭載されたのは、ルノーR8(ユイット)用の956cc水冷直4OHVで、最高出力は48psに過ぎませんでしたが、その翌年には、ルノー車のエンジンチューナーとして著名なアメデ・ゴルディーニが、R8の上級グレードに搭載されていた1100ccエンジンをベースに、徹底的にチューニングを施した1100ゴルディーニが登場します。
最初のモデルの2倍近い出力となる96psを叩き出しました。

アルピーヌ・A110

アルピーヌ・A110

その後は1300cc、1500cc、1600cc(レース仕様では1800ccも)と排気量を段階的に拡大して行き、それに合わせて出力も向上し、シリーズ最強の1600Sでは最高出力129psを叩き出したのです。

また、A110では販売拡大を狙ってベルリネッタ、クーペ、カブリオレ、GT4の4種類のボディが用意されたことも特徴でした。
デザイナーはA106、A108に引き続きミケロッティが担当しました。

軽量小型でハイパワーなA110は、公道レースや初期のWRCで大活躍。1971年のモンテカルロラリーで総合優勝を収めたほか、数々の競技で勝利を掴みました。
その結果、モータースポーツでの活躍によってアルピーヌの名は不動のものとなったのです。

アルピーヌ・A110

アルピーヌ・A110ラリー
(Photo by Wikipedia Author Ericd on en.wikipedia)

A110は商業的にも大成功し、同社の生産期間中にアルピーヌは、フランス北西部の大西洋に面したディエップに本社機能と工場を移転。自動車メーカーとして本格的な量産体制を整えたのです。
加えて、A110の名声はフランス国外にも響き渡り、スペイン(FASAルノー)、メキシコ(ディナルフィン)、ブラジル(インテルラゴス)、ブルガリアでもノックダウン、あるいはライセンス生産が行われたのでした。

スポンサーリンク

アルピーヌの斜陽「A310」デビューからブランド休止まで

しかし、1972年にツールド・フランスでランチアが、ラリー専用設計の超軽量小型ボディに、強力なフェラーリ・ディーノ246GTのV6エンジンをミドにマウントしたストラトスを登場させると、ラリー競技の場で非力なA110は、次第に活躍の場を失って行くことになったのです。

ラリー人気で名声を得たアルピーヌでしたが、後継車種となるA310はより大きく、豪華な、グランツーリスモ的なキャラクターとなります。この当時のスポーツカーメーカーがそうであったように、アルピーヌもまたポルシェ911の市場を意識したクルマ作りを行ったのです。

アルピーヌ・A310

アルピーヌ・A310


アルピーヌ・A310

アルピーヌ・A310

ところがA310の車重は、A110 1600Sに対して、100kgも重い830kgになったのにもかかわらず、エンジンはルノー12用の1605cc水冷直4OHVをチューニングしたものを搭載したため、最高出力は127psに留まり、市場からは「車重に対してエンジン性能が非力過ぎる」との評判が立ちました。

後期モデルではプジョー・ルノー・ボルボ(PRV)が共同開発した2664cc水冷V6OHCを搭載し、最高出力は150psへと改善されましたが、車重はますます重くなり、A110にあったライトウェイト・スポーツカーの乗り味は完全に失われました。

その間にアルピーヌは、過剰な投資が祟って経営が悪化。1973年にレデレ家はルノーに株式を売却し、アルピーヌはルノーの傘下に収まりました。
その5年後、創業者のルデルはアルピーヌの経営から完全に身を引くことになったのです。

その後、アルピーヌはルノーの子会社として、ルノーの量産大衆車5(サンク)のハイパフォーマンスバージョンに名称を貸し出すなどしたほか、競技車両の製作などを行い、それらへの部品供給を担当しました。

ディエップの工場からはA310の後継車種に当たるV6GT、V6ターボ、A610が相次いでラインオフして行きましたが、傑作車・A110を上回る人気を獲得することはできず、ブランド休止まで失地回復を図ることができませんでした。

アルピーヌ・A610

アルピーヌ・A610

1995年にA610の生産が終了すると、アルピーヌブランドでの活動は休止しましたが、アルピーヌ社とディエップ工場は存続し、ルノースポールのブランドで、ルノー・スピダーの開発・生産を担当したほか、2代目クリオRS(日本名ルーテシアRS)、クリオV6、2代目メガーヌRS、3代目クリオ RSの製造を担当しました。
(ただし、すべてのルノースポールブランドの生産を担当したわけではありません。ラインナップの一部はルノー工場で生産が行われています。)

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルピーヌを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルピーヌを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルピーヌの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルピーヌを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルピーヌの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

山崎 龍

山崎 龍

投稿者プロフィール

1973年1月東京生まれ。
自動車専門誌の編集を経て、現在はフリーライター。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る