ルノー・新型トゥインゴ試乗 ルノー日産アラインスとダイムラーとの提携で誕生した新型トゥインゴ(4/7)

前置きが長くなりましたが、いよいよ本題に入りたいと思います。
そう、2016年9月に販売を開始したばかりの新型トゥインゴについてです。
歴代トゥインゴがFFのコンパクトハッチバックだったのに対して、今度の3代目はスマート・フォーフォーと車体・エンジンを共用したRR車として開発されました。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

現在、ルノー日産アライアンスはダイムラー・ベンツとパートナーシップを結んでいます。
現行スカイラインがメルセデスベンツの4気筒エンジンを搭載したり、インフィニティQ30(日本未発売)がメルセデス製の主要コンポーネンツを流用したり、ルノー・カングーにスリーポインテッド・スターを与えた商用車をメルセデスブランドで販売したりと、詳しいことは経緯も理由も定かではありませんが、なぜか両グループはお手々つないでの仲良し同士になっています。
今回のトゥインゴ、スマート・フォーフォーの姉妹車もこうした両社の関係から生まれたことだけはたしかなことです。

トゥインゴ開発の主導権を握ったのはどっち?

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

となると、気になるのはどちらが開発の主導権を握ったのかということですが、これについてトゥインゴを借り出すときに、旧知のルノー・ジャポンの広報氏に訪ねてみたところ、
「本国から情報が伝わってこないので、じつはよくわからないんですよ」
としながらも、
「エンジンはルノー製の1L直3ターボを搭載していますので、ルノーが果たした役割は大きかったのではないでしょうか」
と話してくれました。

後日、ルノーの事情に詳しい同業者に電話で話を聞いたところ、
「今回のトゥインゴとスマートの開発に当たっては、ルノーが主導権を握ったようだよ。ただ共同開発の役割分担についてはわからないな。MCCは創業から10年目でやっと黒字化したような有様だし、どちらも開発コストと販売価格を抑えたかったから手を結んだわけで、きっといろいろと事情はあるんだよ。開発時状況については開発者に直接訪ねないとわからないんじゃない?」
とのことでした。
つまり、その辺の事情を知りたければ、現車をじっくり検分して、あれこれと想像して行くしかないのかもしれません。

スポンサーリンク

コンパクトカーとしてのパッケージングは優秀

ルノー広報部から借り出したばかりのトゥインゴ・インテンス キャンバストップを近くの駐車場に停めて、まずは各部をチェックすることにしました。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

エクステリアは近未来調のスマート・フォーフォーに対して、トゥインゴはどこか牧歌的で愛嬌のあるルックスをしています。個人的な好みを言ってしまえば、親しみやすいルノーのスタイリングのほうが好ましく感じました。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

まあ、両車とも基本的には同じクルマで、外板の凹凸だけが若干違うだけですから、この辺は個人の好きずきでよろしいと思います。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ


ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ


ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

広報資料によるとトゥインゴのディメンションは、全長3620mm×全幅1650mm×全高1545mmと、2代目後期モデルにくらべて80mm(前期モデルに比べて20mm)小さくなるいっぽうで、ホイールベースは125mmも長い2490mmになっています。
先代モデルの前後オーバーハングの長さは1335mmもありましたが、新型では1130mmと、200mm以上も短くなっています。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ
全長3620mm×全幅1650mm×全高1545mm

乗用車の場合、単純に言ってしまえば、ホイールベースの内側がキャビンスペースとなるため、新型は旧型よりも全長を短くするいっぽうで、居住空間は旧型よりも拡大したということになります。
そしてロングホイールベースを利用して、先代までの3ドア車からリアシートへのアクセスが容易な5ドア車に設計を改めたというわけです。

一般的なFFではトラクションを得るために、駆動輪となる前輪に過重が掛かるように、どうしても重量物であるエンジンを前車軸の真上から外側に配置しなければならなくなります。
そうなると必然的に前方にフロントオーバーハングが突き出すことになるのですが、全長を長く取れないAセグメント車では、これはそのままデッドスペースになります。

ですが、トゥインゴのようなRRならば、エンジンを車体後端のトランク下に積むことになるので、衝突時の安全確保のためのスペースを残して、フロント部分をバッサリ断ち切ることができるわけです。
その結果、車内の有効空間を広げた新型トゥインゴは、ことパッケージングに関して言えば、旧型を一歩も二歩もリードしているということができます。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ


ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ


ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ エンジンルーム

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ エンジンルーム

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのトゥインゴを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのトゥインゴを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

トゥインゴの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

トゥインゴを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでトゥインゴの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

山崎 龍

山崎 龍

投稿者プロフィール

1973年1月東京生まれ。
自動車専門誌の編集を経て、現在はフリーライター。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る