日産・ノートe-POWER試乗 走行インプレッション(4/5)

私は今まで電気自動車に乗ったことがないので、今回のノートe-POWERの試乗には本当にワクワクしながら車に乗り込みました。

日産・ノートe-POWER X(e-スタイリングパッケージ)

日産・ノートe-POWER X(e-スタイリングパッケージ)

ドライブモードはノーマルモードが一番自然

ハンドル左の運転スイッチを押すと、微かにエンジンの音が耳に入ってきました。
シフトノブを軽く下方向に動かしてドライブにしましたが、アクセルを踏んでいないために車は動く気配がありません。
パーキングブレーキを外して、いざアクセルを踏み込むと、スルスルと加速して車が動き始めました。

日産・ノートe-POWER X 運転席

日産・ノートe-POWER X 運転席

ガソリンエンジンの自動車だと、動き始めのエンジンの唸りが、高級車であれ軽自動車であれ感じられるところですが、全くありません。

更にアクセルを踏み込むと、スート速度が上がって行くのが視覚的に感じられました。
道路を走っていても、アクセルのみで車が敏感に反応してくれて、ガソリン車とは全く違う運転感覚に襲われました。

ディーラーの営業マンは、私より少しだけ若い年配の方で、親切丁寧にe-POWERについて説明をしてくれました。
「エンジンはバッテリに充電をするだけで、リーフと一緒で電気自動車です」と。

試乗している途中で、ドライブモードの切り替えがあるということで、さっそくモードを切り替えることにしました。
切替スイッチはシフトノブの下、パーキングブレーキ側にドライブモード(DRIVE MODE)スイッチがあります。

「ノーマル」「S」と「ECO」の3つのモードがあり、試乗したときはノーマルモードで通常のガソリン車と同じような感覚。
(ただし、エンジンが動いていると言う意識はないです。)

Sモードに切り替えた途端、アクセルはとても敏感になり、しかもアクセルから足を話すと、ブレーキがかかかると言う状況になり、完全にアクセルから足を話すと、車は止まりました。
電気を回収する回生ブレーキの機能が一番働き、エネルギ-をセーブできるモードでした。

次にエコモードに切り替えると、アクセルを踏むと緩やかな加速になり、足を離すとグーと速度が遅くなり、Sモードとは違う感じを受けました。

エコにこだわり過ぎるのは・・・私には合わないなあと思いました。
私としてはノーマルモードが、一番電気自動としてすばらしい加速とナチュラル感が感じられました。

スポンサーリンク

e-POWERのエンジンルームは?

ボンネンットの内部は、発電専用エンジンとe-POWERと表示してある駆動モーター、インバータが半分ずつを占めていて、うまく収められているなと思いました。

日産・ノートe-POWER X エンジンルーム

日産・ノートe-POWER X エンジンルーム

バッテリーは、通常の電気自動車と違って小さく、前席シートの下に収められいて、車の値段を安くすることにも貢献しているのかなと思いました。

エンジンルームを眺めながら、日常の点検はエンジンと何をするのかなと頭をよぎりました。
バッテリーはシートの下にあり、見えませんでしたが、メンテナンスはどうするのかな?とも思いました。
たぶん必要はないことだと思いますが・・・。

カタログ燃費は34.0km/Lですが、実燃費は23km/Lぐらいとのことで、満タンで約900Kmも走れるなんて、凄いことで驚きです。

NOTE e-POWER X 主要諸元

  • 駆動方式:FF
  • トランスミッション:-
  • 全長×全幅×全高:4.100m×1.695m×1.520m
  • ホイールベース:2.600m
  • 車両重量:1170kg
  • エンジン:1.198L水冷直列3気筒DOHC 
  • 最高出力:58KW(79PS)/5400rpm
  • 最大トルク:103N・m(10.5kgf・m)/3600-5200rpm
  • モーター最高出力:70KW(95PS)/3008~10000rpm
  • モーター最大トルク:254N・m(25.9kgf・m)/0~3008rpm
  • サスペンション前、後:独立懸架ストラット式、トーションビーム式
  • タイヤサイズ:185/65R15
  • 使用燃料:レギュラーガソリン
  • JO8モード燃費:34.0km/L
  • 車両本体価格:195万9120円

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのノートを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのノートを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

ノートの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ノートの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ノートを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでノートの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

Mr.A

Mr.A認定ライター

投稿者プロフィール

60代 男性 愛知県在住

免許を取って約40年、最近まではずっとマニュアル車に乗っていました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ホンダ・新型ステップワゴン
    ホンダのステップワゴンがマイナーチェンジし、ようやくハイブリッド車が追加になりました。 今回の…
  2. ホンダ・新型ステップワゴン
    2017年秋、ついにステップワゴンにもハイブリッドが追加されました。 今までのステップワゴンの…
  3. ホンダ・新型ステップワゴン
    今回のマイナーチェンジでハイブリッド車が追加になったステップワゴンですが、スパーダに関して言うと、こ…
  4. MINIクロスオーバー
    我が家のMINIクロスオーバーに関する総評についてお伝えします。 ディーゼルエンジンの音 …
  5. MINIクロスオーバー
    MINI クロスオーバーを買う時の費用や月々掛かる維持費等費用関連について、その負担感の実態も含めて…
  6. MINIクロスオーバー
    MINIクロスオーバーに付いている様々な装備についてレビューしたいと思います。 運転には関わら…
  7. MINIクロスオーバー
    あまり特別なものはありませんが、クロスオーバーの内装インテリアについてお伝えします。 マツダコ…
  8. MINIクロスオーバー
    クロスオーバーの外観は、MINIらしい可愛らしさも勿論備えていますが、そこにアウトドアが加味されてい…
  9. MINIクロスオーバー
    今年の4月から乗っている、愛車MINIクロスオーバーの走りや乗り心地についてお伝えします。 前愛車…
  10. ホンダ・N-BOX
    初期型のN-BOXは本当に爆発的に売れ、モデル末期まで売れ続けていました。 今回そんなN―BOXが…
ページ上部へ戻る