東京モーターショー2015 フォルクスワーゲン・2016年導入予定の新型ゴルフ・トゥーラン、新型ティグアンを展示(1/5)

東京モーターショー フォルクスワーゲンブース

東京モーターショー フォルクスワーゲンブース

東京モーターショー2015のスタートはフォルクスワーゲンのブースからでした。
輸入車のブースでは最大規模となり、多くの人で賑わっています。
展示車次第では人気が高くてなかなか写真をおさめることが出来ません(汗)

当初の予定ですと、今回のモーターショーにてパサートのディーゼル仕様をお披露目し、日本国内での新たなパワートレーン戦略をスタートさせる予定だったそうです。
しかし、排ガス不正問題が深刻化する中で今回は断念せざるを得ないという結果になりました。

メルセデス・ベンツやBMWやボルボも日本国内にディーゼルを導入していることから、フォルクスワーゲンとしても早くの導入を目指していたことでしょう。

なお、日本国内では該当のクリーンディーゼル搭載車は正規輸入されていません。
ガソリンエンジンモデルをはじめ、EVやプラグインハイブリッドがラインナップされています。

想像と期待を超えるフォルクスワーゲンの新たな個性

フランクフルト・モーターショーにて公開された新型ティグアンをはじめ、コンセプトモデル1台を含む6台が日本初披露となりました。

まずはデザイン、居住性、快適性、走行性とすべてを革新したとされるゴルフ・トゥーラン
2016年に導入予定となっており、東京モーターショー2015ではHighlineとR-lineが展示されていました。

フォルクスワーゲン・Golf Touran R-Line

フォルクスワーゲン・Golf Touran R-Line

フォルクスワーゲン・Golf Touran

フォルクスワーゲン・Golf Touran

モジュールコンセプトである「Modular Quer Baukasten(MQB)」を採用、ホイールベースを延長し、シャープさとスポーティーさとダイナミックさを強調したデザインとなっています。

乗員が移動に快適さを感じるように、多彩なアレンジが可能なシートに収納ボックスやポケットは最大47か所に装備があるそうです。

またゴルフゆずりの走行安定性とラゲッジルームは最大1,857Lの大容量の実現を可能としました。

フォルクスワーゲン・Golf Touran

フォルクスワーゲン・Golf Touran ラゲッジルームは最大1857Lの大容量

どんなシーンでも気持ちよく楽しくを目指して作られたゴルフ・トゥーラン
乗ることで日々に豊かさが増すような雰囲気を感じることが出来ました。

  • 全長:4,632mm×全幅:1,829mm×全高:1,659mm
  • ホイールベース:2,786mm
  • エンジン:直列4気筒DOHCインタークーラー付きターボ
  • 最高出力:110kW×最大トルク:250Nm

(欧州公表値)

フォルクスワーゲン・Golf Touran

フォルクスワーゲン・Golf Touran 直列4気筒DOHCインタークーラー付きターボ

スポンサーリンク

新型ティグアンはよりスポーティーなボディプロポーションに

同じく2016年に導入予定の新型ティグアン。
2.0リッターTSI(ターボ付き直噴)エンジンで四輪駆動モデルです。

フォルクスワーゲン・Tiguan

フォルクスワーゲン・Tiguan

第二世代となる新型ティグアンはゴルフ・トゥーランと同じく、モジュールコンセプトに「Modular Quer Baukasten(MQB)」が採用しています。
フォルクスワーゲングループ初のSUVでもあり、よりスポーティーなボディプロポーションを実現!

荷室容量は145l増加の615lに拡大化されており、室内とカーゴスペースに大幅な改善が図られました。
オフロードとオンロードの両方のニーズを満たすことが可能とされており「SUVの中のSUV」と呼ぶに相応しい1台となっています。

フォルクスワーゲングループ初のSUV Tiguan

フォルクスワーゲングループ初のSUV Tiguan

20インチのホイールが装着されていました。

  • 全長:4,486mm×全幅:1,839mm×全高:1,632mm
  • ホイールベース:2,681mm
  • エンジン:直列4気筒DOHCインタークーラー付きターボ
  • 最高出力:132kW

(欧州公表値)

プラグイン・ハイブリッドモデル新型ティグアンGTEコンセプトモデル

また、コンセプトモデルである新型ティグアンGTEの展示もありました。

フォルクスワーゲン・Tiguan GTE コンセプト

フォルクスワーゲン・Tiguan GTE コンセプト

1.4TSIと電気モーターエンジンを組み合わせたプラグイン・ハイブリッドモデルです。
電気のみで走ることが出来る「Eモード」が装備されており、最大50kmのゼロ・ミッション走行が可能とされています。

燃費ですが、1.9l/100kmが達成されており、ルーフ上にソーラーパネルをはめこんであることが最大の特徴です。

フォルクスワーゲン・Tiguan GTE コンセプト

フォルクスワーゲン・Tiguan GTE コンセプト ルーフ上のソーラーパネルにより燃費1.9L/100kmを達成している

日本のような太陽光線の強いところでは充電効率が良くなるとされており、年間1,000km分の充電をカバーするとされとも言われています。
13kWhの容量のリチウムイオン電池と太陽エネルギーからの電気共有が可能、「ティグアンの将来性を示唆する」ともされています。
これは市販化の実現に期待したいところではないでしょうか。

フォルクスワーゲン・Tiguan GTE コンセプト

フォルクスワーゲン・Tiguan GTE コンセプト 市販化の実現に期待したい

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたの愛車を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りの愛車を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

愛車の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

愛車を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットで愛車の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る