代理店型と通販型の自動車保険は何か違いがあるの?

自動車保険に加入するには自動車保険を取り扱う会社には、従来からある「代理店型」と呼ばれる保険代理店と、最近多くなってきている「通販型」(ダイレクト型)という保険会社の2タイプがあります。
ここでは通販型(ダイレクト型)と代理店型の違いについてご紹介します。

自動車保険 代理店型 通販型

通販型(ダイレクト型)とは

今やインターネットがこれほど普及する世の中なので、「ダイレクト型自動車保険」という言葉は知らない人がいないほど利用されている方が多くなってきています。

通販型とは、皆さんがインターネットを通じて直接、保険会社と保険を契約する仕組みのことです。
誰でもいつでも手軽に加入できるというのと、保険料が安いというので人気を高めています。
自動車保険についてある程度知識がある人には、手軽で便利に安く済ませることができるでしょう。

通販型には、「ソニー損保」や「三井ダイレクト」のような国内通販会社と、「チューリッヒ」のような外資系通販会社に分かれています。
代理店型の保険会社のグループ会社として、「イーデザイン損保」や「そんぽ24」などの通販会社もあります。

自動車保険 通販型

代理店型とは

代理店型というのは、皆さんが保険代理店を通じて保険会社の商品を契約するという仕組みです。
保険代理店が取り扱う主な保険会社としては、「東京海上日動火災保険」や「三井住友海上火災保険」「損保ジャパン日本興亜」などが挙げられます。
自動車保険 代理店型

これらの保険会社は、全国に保険代理店や損害サービス拠点を配置しており、様々な事故に対応します。自動車保険だけでなく、火災保険や生命保険等、色々な分野の保険を手掛けています。

また保険代理店には、保険販売のみを生業とする専業代理店と、自動車ディーラーのような車の販売や修理に加え保険を販売する兼業代理店の二種類に分かれています。
自動車保険 代理店型担当者
通販型のようにインターネットで好きな時間にいつでも手軽に加入できる訳ではありませんが、対面で保険担当者が手続きしてくれる為、担当者と相談の上で自分により合ったプランを提案してもらえるので、ネットでは不安という方にはおすすめです。

ただ、代理店に代理店手数料というものが発生する為、通販型よりも保険料が高くなる場合が多くなります。
保険会社によってまちまちですが、大体保険料の2割程度が代理店に支払う手数料と考えていただければ、通販型は代理店手数料がかからない分、代理店型と比べて保険料が安くなるというのはお分かり頂けるかと思います。

メリットとしては、実際に事故を起こしてしまった時に、馴染みの代理店担当者と直接やり取りができるので、示談交渉等を進めるにも安心感があるということでしょう。

代理店型と通販型どちらにも共通して言えること

ざっと通販型と代理店型の違いがお分かりになられたかと思いますが、どちらにも言えることは、「最終的には自分で決め、責任を持つ」ということです。

どの保険会社に加入するにしても、自分の契約条件と補償内容をよく考え、納得して保険に加入するということです。
実際に事故に合った時、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と思わない為にも、しっかりと補償内容を理解しておくことは大切です。
自動車保険 事故対応

通販型と代理店型、どちらにもメリットデメリットはあります。
通販型だと、手軽で保険料は安いけれど事故対応の際、代理店のような担当者ではなく自力で保険会社に電話して対応しなければならないこと。
代理店型だと担当者に相談できて安心して保険に加入できるけど、通販型に比べると保険料が高く、一度付き合うとなかなか保険会社を変えにくいこと等が挙げられます。

単純に通販型と代理店型の保険料を比較するにしても、全く同じ条件と補償内容にして保険料を見比べなければ意味がありませんし、通販型同士を比較するにしても、保険会社によって設定プランも様々なので、よく考える必要があります。

また、事故を起こした際の示談交渉についてですが、通販型と代理店型で特に大きな違いはありませんが、保険会社によって修理見積もり等を出す際、修理工場に直接事故車を確認してから見積額に了承する保険会社もあれば、事故車を確認しないまま書面の見積り通りで了承する保険会社もあるようです。

実際に保険を使うことがなければそれに越したことはありませんが、万が一に備えて入るのが保険です。安心して車を乗ることのできる納得のいく自動車保険に加入しましょう。

おすすめの自動車保険一括見積サイト






次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたの愛車を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りの愛車を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

愛車の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

愛車を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットで愛車の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る