日産・リーフ試乗 総評(7/7)

電気自動車ならではの安定感

今回、初めて電気自動車に乗りましたが、とにかく静かなのはもう当然ですが、それ以外にも運転のしやすさにも感心しました。
走りの力強さはもちろん、ブレーキにも全く違和感を感じることはなく、試乗している間は本当に運転が楽しくて、あっという間に試乗が終わってしまった、という印象でした。

そして、電気自動車だということで、今までの車とは違う点がたくさんあり、その度に小さいことを質問してみましたが、それらにちゃんと返答をもらうことができて、日産がリーフに力を入れていることを実感しました。
特に、事故に対しての細かい質問にもしっかり回答してもらえたのが、とても好印象でした。

日産・リーフ

日産・リーフ 理想のゼロ・エミッション社会づくりへ

電気自動車ならではのデザイン

ボンネットを開けて中を見せてもらいましたが、やはり今までのガソリン車のエンジンルームとは様子が違っていますね。
また、エンジンがないがゆえに車に熱がこもらないということが、車のデザインにこんなに影響するのだということや、エアコンを使うと主電源の容量を使ってしまうので、熱が逃げないように工夫して設計されているなど、電気自動車であるが故のデザインというものが興味深かったです。
構造的にも、重いバッテリーを車体の下に配置してあることと、エンジンが前方にないことが走りの安定感につながっているんだなと実感しました。

マイナーチェンジで改良された点

今回マイナーチェンジした新型リーフは、今までのバッテリーから大きさは変えずにその容量が増えたことと、前方カメラを使った自動ブレーキと車線逸脱警報がついたことが大きな改良点です。
バッテリーの大きさを変えず容量を増やすというのは、車内空間の問題と直結しているので、大変な開発だったのではないかと想像します。
細かなところで、バッテリーをどうにかして長持ちさせようとする努力が垣間見えました。

スポンサーリンク

リーフの試乗を通しての総評

走り心地・乗り心地は文句なしに満足度5です。
とにかく居心地がいい空間で、運転しやすかったですし、パワー不足もありませんでした。
今までのオーナーさん達が、もうガソリン車に戻れないという気持ちもよくわかりました。

安全装備についてはほぼ満点なのですが、あと少し、他社のようなレーダー+カメラの機能が選べるようになれば・・・というのが希望です。

外観・エクステリアは、個人的な好みの問題で評価4です。
外観に関しては完全に好みがあるので、何か大きな問題があるということでもないのですが、個人的には4という評価にさせて頂きました。

内装・インテリアは、内装的には高級感もあって居心地もいいので5にしたいところだったのですが、個人的にラゲッジスペースの使い勝手があまり良くなかったので・・・評価3になりました。

充電・バッテリーに関しては、「排ガスを一切出さない電気自動車なのだから、少し手間がかかってもしょうがない、結果的に安く済むんだ」という考えと、「自宅で充電できないことを考えると、乗ったら毎回充電のことを考えなて乗らないといけないのか。心配だしちょっと面倒だな」という気持ちの両方があり、評価4です。

見積もりに関しては、いろいろな減税や免税、補助金があるにしても、やはり元々の車両本体価格が高い、と感じてしまいました。
電気自動車となると、このくらいの金額はするんだな、まだまだお手頃とまではいかないな、という感覚です。

そして総合評価としては、細かな気になる点はありながらも、リーフという電気自動車がトータル的に良い車だということには間違いないので評価4とさせて頂きます。
まだ金額も高いと感じるかもしれませんし、車内で気になるところもあるかもしれません。しかしランニングコストまで考えれば逆に安いと言えるところも出てきますし、他の車にはない電気自動車の良さは沢山ありました。
今までのオーナーさんの、電気自動車を選んだらもうガソリン車には戻れない、という気持ちもよくわかりました。

日産・リーフ 総合評価は★★★★☆

日産・リーフ 総合評価は★★★★☆

まだ電気自動車は、その価値を考えるとちょっとステイタスの一部のようにも思いますが、出始めた頃のことを考えると随分身近になってきたと思います。
そして、純粋にリーフで遠出してみたい!という気持ちも湧き上がってきました。
あの静かな車内は他の何にも代えがたいです。
金銭的に余裕が余裕があれば、ぜひオススメの車だと思います。

満足度評価
【リーフ】
総合評価 ★★★★☆
外観 ★★★★☆ 乗り心地 ★★★★★
内装 ★★★☆☆ 安全装備 ★★★★★
エンジン ★★★★☆ 燃費 ★★★★☆
走り ★★★★★ 価格 ★★★☆☆
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのリーフを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのリーフを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

リーフの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

リーフを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでリーフの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る