トヨタ新型シエンタ試乗 外観デザインイメージはトレッキングシューズ

新型シエンタが発表になるにあたり、インターネットで事前調査をしていました。
これまではシエンタには興味はなかったのですが、今回は違う!
それは何と言ってもエクステリアではないのでしょうか?
今回のシエンタのエクステリアは、今までの可愛らしい車から格好良い車に変わった気がします。
エクステリアに惹かれたこともあり、早速見に行ったのはトヨタのクルマテーマパーク「MEGA WEB(メガウェブ)」です。

大きく変化を遂げたエクステリア

「MEGA WEB(メガウェブ)」では新型車と言うことでシエンタの展示をメインにしています。
ハイブリッドモデルとガソリンモデルの2つのパワートレインから成り立ってますが、割合的には断然ハイブリッドモデルです。

まず、展示車のハイブリッドモデルの前面から撮影したものになります。
トヨタ新型シエンタ ハイブリッド

こちらはガソリンモデルを後方から撮影しました。
トヨタ新型シエンタ ガソリン車

フルモデルチェンジをしたことで、全体的な質感がかなりアップしたように思います。
旧モデルと比べるとかなりの成長を感じます。
7年ぶりのフルモデルチェンジで、出来ることを全てやったかのようですね。

この新型シエンタですが、トレッキングシューズをイメージしたというデザインだそうです。
トヨタ新型シエンタ

確かに、スタイルにトレッキングシューズを思わせる雰囲気がありますね。
そうなると、可愛い!と言うイメージが先行されそうですが、それだけではありません。

他にもグリル周りにメッキが施されていたり、ヘッドライトの形状や中の造形など凝っていることが分かります。
トヨタ新型シエンタ

これまでハイブリッド車ではプリウスαの売れ行きが好調だったように思えますが、今後はどうでしょう?
自社競合相手としてシエンタに売り上げが行ってしまわないでしょうか?
そんなことが頭をよぎるくらいに、今回の新型シエンタは格好良いなと思いました。

他の競合車種としてはホンダのフリード ハイブリッドがありますね。2015年もしくは2016年にフリードはフルモデルチェンジされハイブリッドの燃費も大幅に向上させてくるはずなのでとても楽しみです。

ハイブリッドモデルとガソリンモデルでのエクステリアの違いは?

ハイブリッドモデルとガソリンモデルのエクステリア上の違いは殆どありません。
少し離れた場所で見れば、どちらなのかは分からないくらいです。
判断するとしたら、他の車種などと同様の箇所ですね。

ハイブリッド車はフロントとリヤのトヨタエンブレムのブルー、リヤとサイドのハイブリッドシンボルマークの部分で判断することになります。
トヨタ新型シエンタ ハイブリッド
トヨタ新型シエンタ ハイブリッド
トヨタ新型シエンタ ハイブリッド
トヨタ新型シエンタ ハイブリッド

タイヤとホイールは185/60R15が標準となり、形状も同じです。
樹脂キャップが標準装備になってしまいます。
オプションでこちらの16インチにサイズアップ&アルミホイールに変えることが出来ます。
トヨタ新型シエンタ タイヤホイル

他にはUVカットガラスが装備されているのも共通です。(ガソリンモデル:Vパッケージ除く)

スポンサーリンク

カラーコンセプトは今日を何色にする?カラーバリエーションにも注目!

ボディーカラーですが、MONOTONEとして8色が展開されています。

  • エアーイエロー
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • グリーンマイカメタリック
  • シルバーメタリック
  • レッドマイカメタリック
  • ブラックマイカ
  • ブルーメタリック
  • ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

種類としては他の車種よりも1種類くらい多い程度ではあります。
しかし、何故か凄く種類が多く感じてしまうのは、インパクトの強い色が多いから?かも知れません。
特に目を惹くのがこのエアーイエローではないでしょうか?
トヨタ新型シエンタ エアーイエロー

カタログもこのカラーを使用していますが、一際目立っています。
車を購入する際は無難な色を選びがちになりますが、明るさと元気を貰えるような色は検討してもいいでしょうね。
特にお子さんなどには好評のようです。

ボディカラーをフレックストーンで楽しもう!

ボディカラーですが、MONOTONEとは別にFLEX TONEの設定があります。
こんな感じです。
トヨタ新型シエンタ FLEX TONE
トヨタ新型シエンタ FLEX TONE
ブラックマイカのボディーカラーにブルーメタリックが施されているのが分かりますか?

FLEX TONEの設定は5種類の展開になります。

  • ブラックマイカ×ブルーメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパール
  • エアーイエロー×ブルーメタリック
  • グリーンマイカメタリック×ブラウンパール
  • シルバーメタリック×ブルーメタリック

メーカーオプションとなり、54,000円の追加となります。
好みになると思いますが、周りと差をつけたい!なんて方にはお勧めですね。

見た目も含めて遊び心がつまった新型シエンタのエクステリア!と言う印象です。
最近の1500ccクラスの中では、日産のジュークと並ぶくらいの面白さがあるのではないでしょうか?

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのシエンタを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのシエンタを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

シエンタの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

シエンタを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでシエンタの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る