三菱・eKワゴン試乗 先進の低燃費化技術について(3/5)

マイナーチェンジで燃費が大幅改善

今回のマイナーチェンジでは、特にターボエンジンモデルの燃費が大幅に変化したとされています。
もちろん、NAエンジンモデルにも燃費面での変化はあるのですが、ターボエンジンモデルには及ばない僅かな数字です。

  • Tグレード(ターボエンジンモデル Safety Package)カタログ値:
    23.4km/l→26.2km/l(2WD)
  • Gグレード(NAエンジンモデル Safety Package)カタログ値:
    30.0km/l→30.4km/l(2WD)

実際にはカタログ値ほどは出ないとされていますが、それでも低燃費という部分では評価出来る内容かと思います。

それでは、何故ここまでの低燃費化の実現が出来たのでしょうか?気になるところです。
三菱が自信を持って勧めている、先進の低燃費化技術についてご紹介したいと思います。

三菱・eKワゴン・eKカスタム 共にマイナーチェンジでターボモデルの燃費が大幅に向上した

三菱・eKワゴン・eKカスタム 共にマイナーチェンジでターボモデルの燃費が大幅に向上した

エコサポートで更なる低燃費化が実現

いつものドライブがエコになる三菱の先進の低燃費化技術が「エコサポート」というものです。
自分でエコする賢いエンジンと言われているものですが、一体どんなものなのでしょうか?

三菱・eKワゴン エコサポートシステム

三菱・eKワゴン「エコサポート」オートストップ&ゴーとアシステバッテリーのイメージ図

(Photo by MITSUBISHI Webcatalog)

オートストップ&ゴー(コーストストップ機能つき)や発電のためのエンジン負荷を軽減するとされるアシストバッテリー、MIVECエンジンなどと組みわせた低燃費化技術が搭載されています。

  • オートストップ&ゴー
    減速時(13km/h以下)からエンジンが停止するコースと機能
    OFFスイッチが装備されているので、必要に応じての切り替えが可能
  • アシストバッテリー
    減速時のエネルギー回生によって発電した電気を電装品に供給出来るバッテリー

この2つの低燃費化技術が無駄なガソリンの消費をおさえて、エコドライブをサポートしているのです。

オートストップ&ゴーは、分かりやすく言えばアイドリング・ストップ機能のことです。
何故この呼び方をしているのかは分かりませんが、エコサポートとだけ聞くとなかなか分からないですね。

  • MIVECエンジン
    (Mitsubishi Innovative Value timing Electlic Control systemの略称)
    運転状況に応じた最適なバルブタイミングに制御してくれる

そこに排出ガスのクリーン化、低燃費化にと貢献する水冷クーラーつきEGR(排気再循環)を搭載、動力性能だけでなく燃費や環境性能も向上されたとなってます。
ターボエンジンに関しては1000ccクラスの車にも劣らぬ快適かつストレスフリーの走行の体感が可能、また低燃費化の実現にもつなげています。

なお、これらはekワゴンのEグレードには装備されていませんのでご注意下さい。

スポンサーリンク

エコドライブアシストを使って低燃費を目指そう

走行状態に応じて、メーター内に表示されるリーフの葉のゲージでエコ運転の状況を知ることが出来ます。
メーターの中にリーフが4枚あり、燃費が良ければ良いほどリーフが多くなるという感じですね。
カラーもイエローからグリーンへと変わっていきます。

メーターリングのカラーが変わるデザインは他社で目にしたことはありますが、リーフなどの物を使っているのは三菱の車で初めて見ました。
いざ運転したら、このリーフが気になってしまって集中力が欠けてしまいそうな気もしましたが・・・。

エコカー減税(免税)対象車

ekワゴン、ekカスタムともに平成32年度燃費基準+20%、平成17年基準排出ガス75%低減レベルを達成したことでエコカー減税(免税)の対象になっています。
取得税・重量税ともに免税、取得税80%減税・重量税75%減税、取得税60%減税・重量税50%減税とモデルとグレードによって変わります。

三菱・eKワゴン・eKカスタム

三菱・eKワゴン・eKカスタム 共にマイナーチェンジで先進の低燃費化技術が採用されている

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのeKワゴンを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのeKワゴンを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

eKワゴンの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

eKワゴンを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでeKワゴンの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る