マツダ新型デミオ試乗 外観エクステリアについて

ヨーロッパで受け入れられるスタイリッシュなデザイン

デミオが今回のモデルチェンジで女性にとっても本当にオシャレだと思う外観となり、思わず街中ですれ違うデミオに見入ってしまうこともあります。
2014年のグッドデザイン金賞を受賞したというのも納得のスタイルです。

マツダ新型デミオ

個人的には前モデルのリアマスクが好きで、あの木の葉型のリアランプの形が何とも言えずスマートで好きでした。
現モデルもリアランプは木の葉型には近いもののちょっとペシャンとなってしまい、ここは個人的に少し残念。
しかし、モデルチェンジ後もリア全体的なまとまりはとても良くて、木の葉型のリアランプはシャープになり、うまくデザインされているなーと感心します。

対して、フロントマスクは現モデルの方が圧倒的に良くなりましたね。
前モデルは少し丸みを帯びてどうもスッキリしない感じでしたが、このモデルチェンジでガラッと印象がかわりシャープになりました。
スタイリッシュでシャープなデザインは、男性でも女性でも受け入れられるデザインだと思います。
旧モデル以前のターゲット層は、正直若い方向けのデザインには思いませんでしたが、今は若者の方が似合うんじゃないでしょうか。
現モデルで年配の方が乗っているのを見かけると、ちょっと「おっ!」と思ってしまいます(笑)。
それくらいデミオのイメージが変わりました。
できればデミオという名前ではなく、別の新しい新型車として発売して欲しいとさえ思ってしまう程です。(昔のデミオの印象が強すぎて・・・)

マツダ車はここ最近のモデルチェンジで、鼓動デザインのマツダブランドを確立するべく、欧州ブランド車のような同じテイストのフェイスになってきています。その為アテンザ、アクセラCX-5CX-3、デミオあたりは、マツダ車をあまり知らないと同じ顔に見える人は多いのではないでしょうか。私のその内の一人でした。
これもいいのか悪いのかわかりませんが、モデルチェンジごとに全く別の車のようにデザインが変わってしまうのも、確かにどうかと思いますね。
そう考えるとマツダのデザイン戦略は、ここ最近の売れ行きからしても成功しているのだと思います。

そして、デミオは日本よりヨーロッパでかなりの人気なんだとか。
確かに欧州車を意識させるスタイリッシュなデザインと、クリーンディーゼルエンジンが日本よりも浸透しているヨーロッパで受け入れられるのは必然なのかもしれません。

これまでマツダと言えばロードスターくらいしか興味のなかった私ですが、デミオのスタイルはかなりお気に入りです。

スポンサーリンク

ボディーカラーは全10色

ボディカラーは全10色あり、ソウルレッドプレミアムメタリック(43,200円)、スノーフレイクホワイトパールマイカ(32,400円)の2色は特別塗装色となります。
試乗したのはワインカラーのソウルレッドプレミアムメタリックで、さすが匠塗(TAKUMINURI)というだけあって、鮮やかで間近で見てもかなりキレイな発色でした。

マツダ デミオ

その後、街中でディープクリスタルブルーマイカという濃いブルーのデミオを見かけたのですが、これが意外にも?すごく似合っていました。
なかなか他メーカーでは見かけないボディーカラー。決して派手な色目ではないのですが、目が釘付けになるほど美しかったです。

マツダ新型デミオ ディープクリスタルブルーマイカ  ディープクリスタルブルーマイカ

ディーゼル車だったので、グリルガーニッシュのソウルレッドに塗装とボディーカラーの色合いがバッチリ合っていましたので、余計に惹きつけられたのかもしれません。
やはりカタログで見ているのと実物は全然違いますね。本当にキレイでした。
男性の方にぜひおすすめですね。

グレード間の違い

外観のエクステリアに関してグレード感の違いですが、ガソリン車とディーゼル車の見分けはフロントグリルガーニッシュがソウルレッドに塗装されているかどうかの違いで、ソウルレッドの方がディーゼル車となります。これは一目瞭然ですね。

マツダ新型デミオ フロントグリルガーニッシュ

ガソリン車はガーニッシュが黒塗装で、最上位グレードの13S L Packageのみボディ同色塗装となります。

細かな仕様では、ディーゼル車とガソリン車の最上位グレード(13S L Package)にはフロントグリル部分がピアノブラック塗装となり、リア周りではマフラーカッターが付いてきます。フロントグリルのピアノブラックは近くでよく見ないとわからないですね。

アルミホイールはガソリン車だと最上位グレード(13S L Package)にだけ15インチのアルミが付きます。ディーゼル車は全グレードにアルミホイールが装備され、タイヤサイズが下位グレード(XD)のみ15インチ、上位2グレード(XD Touring、XD Touring L Package)は16インチとなります。

2014年秋の発売当初はクリーンディーゼルのスカイアクティブDエンジンを前面に押し出していたこともあって、ディーゼル車の方が売れ行きがよかったようですが、試乗した販売店では年明けから落ち着き、今はガソリン車の方が売れているそうです。確かに最近私の住んでいる地域で見かけるデミオは、ガソリン車の方が多いような気がします。
あなたの街ではどちらが多いでしょうか?

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのデミオを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのデミオを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

デミオの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

デミオを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでデミオの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る