ポルシェ・718ボクスター試乗動画レビュー

2016年ポルシェボクスター981がモデルチェンジされて、718ボクスターという名称になりました。ただ、これはフルモデルチェンジではなく、981ボクスターがマイナーチェンジされたものと認識しています。

911に対して718という名称ですね。ボクスターとは呼ばずに、718と呼ぶのが正しいのでしょうか。おそらくメーカーはそう呼ばせたいのだと思われます。

エクステリアとインテリアはあまり変わっていない

基本的な外観は981をベースとしていて、パッと見てわかるのは、リアのランプが水平のラインでつながったデザインが新しいなというところです。

このレビュー動画を見てわかる通り、内装はあまり変化がありませんが、ポルシェ911、991後期型と同じくステアリングホイールが新しくなっています。これは918スパイダーのステアリングホイールと似ています。未来的な感じがしていいですね。

あと、フェラーリのマネッティーノのように走行モードを選ぶスイッチがステアリングホイール内の右下についています。すごく使い勝手が良さそうです。

もうひとつの変更点は、新しいPCMが搭載され、日本仕様もこのPCMが使えるようです。したがって、カーナビは今までのクラリオンではなくなります。

この新しいPCMはApple Car PlayとAndroid Autoに対応しています。つまり、iPhoneやAndroidの画面をそのままPCMのモニターに映し出して操作できるのです。

私は、2008年から2012年まで987ボクスターSのマニュアル車を所有していました。色はキャララホワイトです。試乗動画ではオレンジ色の718ボクスターが登場しますが、ポルシェはやっぱり白が一番似合うと個人的に思います。

スポンサーリンク

野太いエンジン音

今回のモデルチェンジで一番大きな変更点はエンジンです。これはボクスターだけでなく、911でもそうですし、フェラーリなどでもどんどんダウンサイジングターボ化され始めています。

ポルシェでは、ライトサイジングと呼んでいて、水平対向4気筒ターボにすることによってかなりの軽量化に繋がっているようです。

私はまだ718ボクスターには乗っていないので実際に運転したときのフィーリングがどうなっているのかはわかりませんが、エンジン音はターボエンジン特有の低音で野太い音質であることはわかります。

しかしベースとなる音はポルシェの水平対向エンジンだということも同時にはっきりとわかりました。

気筒数と排気量は減りましたが、パワー・トルクに関しては大幅にアップしています。しかも燃費も向上しているのは素晴らしいですね。

ポルシェに乗る人たちはあまり燃費を気にするわけではないとは思いますが、そういう時代になってきているのでポルシェもさまざまな規制に対応せざるを得ないのです。

987ボクスターSを所有していた時、同時にフォルクスワーゲン・ゴルフGTIも所有していました。2リッター直噴ターボ、6速DSGです。その時に思ったのは、ゴルフGTIのエンジンがボクスターに搭載されたら面白いなあと。

確かにポルシェの水平対向6気筒NAエンジンは素晴らしい拭け上がりで、7000回転以上まできれいに回ります。一方で、ゴルフGTIの2リッターターボエンジンは5000回転くらいで頭打ちになって、それ以上回しても苦しい感じになり、いやな振動も出てきます。

しかしながら、街中でそこまで回す機会もないし、峠を気持ちよく走るにしても1500~4000回転も回せば十分で、トルクフルで気持ち良い走りができました。

987ボクスターも結局所有していた4年間で、5000回転以上エンジンをぶん回す機会はほとんどありませんでしたし、回せないなら低回転からトルクの出るターボエンジンのほうがいいのではと思ったのです。

動画を見る限り、エンジン音もこれで十分な感じはします。もちろんNAエンジンのほうが高音でいい音色をしているといえばそうですが、この野太いポルシェエンジンの音も私は好きです。みるからにトルクフルですし。

マニュアルかオートマか

私が以前乗っていた987ボクスターSは6速マニュアル車でした。987前期型なのでオートマはまだティプトロニックだったころです。

マニュアルで運転するボクスターは最高に楽しかったのは事実ですが、PDKのデュアルクラッチは素晴らしく滑らかですしマニュアル車並みにダイレクト感もあります。

ですので、次にポルシェを乗るならば私は間違いなくPDKを選びます。ただ、次は718ボクスターではなく911カレラに乗りたいです。

オープンに出来る時期

987前期型のボクスターのソフトトップは電動でしたが、ロックするところだけは手動でした。911カレラカブリオレはロック部分も電動でした。987後期型ではすべて電動になったようです。

しかも時速50キロまでなら走行中でも開け閉めが出来るので、突然の雨にもすぐに対応できます。

フルオープンにして走ると街中をゆっくり走っていたとしてもほんとに気持ちいいです。

一番気持ちよく屋根をオープンに出来る時期は、私の場合ですが、秋の終わりごろから冬にかけて、つまり10月から12月頃です。

意外に思うかもしれませんが、夏はオープンに出来ません。暑くて干からびてしまいます(汗)。

春は、花粉が飛んでいるので花粉症の私は開けることができません。一度、4月に京都の嵐山まで桜の花見にフルオープンで2時間ほど高速道路を走っていきましたが、もうそれはそれは大変なことになりました(苦笑)。

もう花見どころではなく、鼻水は止まらず、熱まで出て悲惨なことになりました。

ゴールデンウィークの5月頃も結構日差しが強く、昼間はオープンにしても暑いことが多いです。朝や夕方、夜ならどの季節でも問題はありませんが。

逆に、冬はオープンに持ってこいの季節なんです。シートヒーターはあったほうがよいですね。シートヒーターを付けて、エアコンも入れて、あとステアリングヒーターがあるとなおさらよいです。

これらのオプション装備があれば、真冬でも快適にオープンで走れます。とても気持ちいいです。

ボクスターはお買い得

実はボクスターと911カレラは特に前部に関しては共通部品が多く、内装も多くのパーツが共用です。新型718ボクスターならわずか658万円の価格設定で、911の半額程度でポルシェを味わうことができるのです。

軽快感に関しては911よりもボクスターのほうがはるかに優れていて、運転していて楽しいのはボクスターのほうだと私は個人的に思います。

ただ、私はデザイン面で次は911に乗ってみたいです。

さきほど、658万円で718ボクスターが買えると書きましたが、実際にはシートヒーターやステアリングヒーター、スポーツクロノ、スポーツエギゾースト、などのオプションを付けたいので、プラス150~200万円程度は見ておいた方がよいです。

まとめ

今回紹介したダウンサイジングターボエンジン化されたニュー718ボクスターの動画を見て、もう一度ポルシェのオープンカーを所有したくなりました。

今は小さな娘がいるのでまだ無理ですが、数年後に購入できるよう、貯金をしていこうと考えています。出来れば911カレラカブリオレがいいですね。金額面で届かなければ718ボクスターで。

ターボ化されてもポルシェのエンジン音は損なわれておらず、パワフルになっていますし、ほとんどの人にとってはより乗りやすいクルマになったと思われます。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのボクスターを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのボクスターを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ボクスターの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ボクスターを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでボクスターの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2016年 6月 09日

    以前、981の前期に乗っていた と書かれていますが、文章を読む限り987前期の間違いですね。

    • ゼロ

      ご指摘ありがとうございます。987と981を間違っているところが数か所ありました。。。早速、修正しておきました。(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る