ポルシェ・マカンGTS試乗動画レビュー

まずは、ポルシェの公式動画からどうぞ。

マカンのエクステリア

ポルシェ・マカンはコンパクトSUV、といっても横幅は1925mmもあるので、とてもコンパクトとはいい難いですが、その外観は同じくポルシェのSUV、カイエンとはかなり異なります。

リアは、カイエンよりも911に近いデザインの丸みを帯びていて、とてもスポーティーな印象を受けます。
フロントは兄弟車のカイエンとよく似ています。

全体的には、911をSUVにしました、という感じですね。やはりマカンのほうが新しいだけあって、洗練されたデザインだと思います。

マカンのインテリア

インテリアは、今のポルシェに共通のコックピット風の囲まれたデザインですが、カイエンが5連メーターであるのに対して、マカンは3連メーターになります。

これは、911が5連メーターなのに対して、ボクスターとケイマンが3連メーターであるのと同じですね。

スポーツクロノは、ストップウオッチの機能だけではなく、時計の表示もされるようです。私が以前乗っていた981前期型ボクスターのスポーツクロノはストップウオッチの機能しかなく、ほとんど見ることはありませんでしたが、時計にもなるなら嬉しいですね。

新型マカンには実際に試乗しましたが、内装の質感についてはカイエンに比べても遜色なく素晴らしいです。2016年モデルからは、新型のPCMが装備され、日本仕様にも導入されているようなので、これまでのクラリオンナビではなくなります。

クラリオンのカーナビが酷かったのは、マカンでの取り付け位置です。センターコンソールの下側に装着され、その上に物置スペースの穴があいていたのです。

これでは走行中にとても見づらく、危険でした。

新型マカンGTSからはもうその心配はありません。

後席シートはカイエンに比べるとやはり狭く、少し窮屈な印象を受けました。といっても、身長168センチの私が十分座ってリラックスできる広さではあります。リクライニングもありません。現行のカイエンはリアシートのリクライニングが出来たと思います。

もう少し広ければいいのになあとは思いますね。

その点、新型レクサスRXの後席はとても広くて快適です。

スポンサーリンク

マカンGTSのスポーツエギゾーストシステム


私が以前所有していた981ボクスターSにはオプションでスポーツエギゾーストシステムを付けました。ボクスターには絶対に付けたいオプションです。

マカンGTSにはスポーツエギゾーストが標準装備されますが、素のマカンやマカンS、マカンターボを選ぶ場合にスポーツエギソーズトを付けるべきでしょうか。

この車は一人で乗ることももちろんあるでしょうが、家族と一緒に乗る機会のほうが多いと思います。SUVといってもポルシェなんだから・・・という意見もあると思いますが、家族と一緒に乗るのに爆音は不要と思います。

むしろ、静かなほうがいい。

ただ、マカンSやターボはスポーツエギゾーストを付けなくても結構イイ音がするそうです。

もし、私がGTS以外のグレードを購入するならスポーツクロノは付けてもスポーツエギゾーストは付けないと思います。

30万円以上しますしね。

スポーツクロノはインテリアの質感もアップしますし、時計の機能もあるので是非付けたいです。

次は、非公式の試乗レビュー動画です。

新型マカンGTSのエンジン音、エクステリア、インテリア


いきなりですが、スポーツエギゾーストのいい音出していますね。さきほどスポエギはいらないと言いましたが、この動画を見ると、やっぱり付けたほうがいいのかなと思えてきました(笑)。

まあでも、家族と一緒にのるならなくてもいいかな。。。

GTSのエクステリアは、リアランプとホイールがブラックになっていてかなりスポーティーですね。街中で乗るにはちょっとやり過ぎ感は否めませんが。

インテリアは、アルカンターラに赤いステッチがかっこいい。

購入するならどのグレードにするか

素のマカンに以前試乗しましたが、2リッターターボでは少し物足りなさを感じました。もちろん、他のSUVと比べれば十分速いのは間違いありません。ただ、ポルシェとしてみると、・・・というだけです。

Sにすると100万円ほど高くなりますが、装備内容のグレードアップを考えるともっと安くなります。

営業の方も、どうせならマカンSのほうが絶対後悔しないですよと言っていました。

納期は、マカンSがやはり人気で一番長いらしく、注文してから1年待ちのようです。GTSはわかりませんが、私が2005年10月頃に確認したときは、素のマカンとマカンターボが6カ月ほどとのことでした。

GTSはスポーティーな外観と内装デザインで、上の動画を見ると欲しくなりますが、家族と一緒に乗る、しかも、私の家族には小さな子どもがいることもあるので、素のマカンかマカンSでいいかなと思いました。

オプションでエアサスとパノラマルーフ、スポーツクロノを付けたいところです。

ただ、娘がまだ小さいのでもし今買うなら、マカンではなくレクサスRXのほうが私の家族構成には合っているような気もします。

2018年のマイナーチェンジでどうなるのかも見てみたいところですね。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのマカンを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのマカンを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

マカンの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

マカンを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでマカンの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る