マツダ・アテンザワゴン試乗 シンプルな内装にマツダのこだわりが随所にあり

今回試乗したアテンザワゴンのグレードはディーゼルエンジンモデルの中間グレード「XD PROACTIVE」でした。
アテンザでも一番売れ筋のグレードだそうです。

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE

ここでは、内装面で個人的に感じたことをお伝えさせて頂きます。

高級車という位置づけで考えるとあっさりシンプルな内装

アテンザはマツダのフラッグシップモデルになるので、どれほどの内装なのか・・・?
と、運転席に座る前は期待をしていましたが、乗り込んでみると意外にシンプルであっさりした内装。
想像していたいわゆる高級車的な内装ではありませんでした。

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE 内装

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE 内装

そもそも高級車的な内装ってどんなの!?って感じですが(汗)、なにかゴチャゴチャした豪華な内装ではないという印象です。

マツダのコンセプトとしては、運転席をコックピットとして捉えていて、いかに運転に集中できるかということを最重要視しているのだそうです。

余計なスイッチ操作を減らすことで、運転に集中し、脇見などを極力しなくていいように、運転に余裕をもたせることでドライバーの体への負担を最小限にすることなどを考えて設計されているとのこと。
そういう説明を聞くと、このシンプルな内装は納得できますね。

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE メーター

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE メーター


マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE ドアスイッチ

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE ドアスイッチ

ステアリングの本革の感触が素晴らしい!

今回のアテンザの試乗で一番感動した部分が、ステアリングの本革です。
試乗をするにあたってまず握ったハンドルですが、個人的に初めての感触だったように思います。

アテンザのハンドルは本革巻きで、この革の感触が何とも言えない素晴らしい握り心地だったのです。

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE ステアリングシフトスイッチ

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE 本革巻きステアリング

革について営業さんに聞いたところ、革の中でも「一番革、二番革、三番革・・・」と種類があるそうなのですが、その中でも「一番革」という革の表皮の部分を加工したものが使われていて、かなり品質が高いのだそうです。

本革といっても色んな種類があり、個人的にステアリングを実際に握った時の感触を結構気にするタイプなのですが、アテンザの革巻きにはかなり衝撃を受けました。

少しツルっとした感じというか何というか・・・、かと言って握って手が滑るような感じではなく、どちらかというとしっとりとした感じの革とでも言いましょうか・・・。
とにかく握り心地がよかったのです。

そして縫い目のステッチの部分もかなり研究し尽されているそうで、指先があたる部分になるので、指にストレスのかからないようにデザイン設計されているのだそうです。

展示車などで車に乗り込んでハンドルを握るだけではなく、これはぜひ実際に試乗で運転して体感して頂きたいところですね。

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE 本革巻きステアリング

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE 本革巻きステアリング

スポンサーリンク

アクティブドライビングディスプレイ(ヘッドアップディスプレイ)は賛否あり

最新のマツダ車に装備されているアクティブドライビングディスプレイという、いわゆるヘッドアップディスプレイですが、これは実際のユーザーさんの評価が割れるところのようです。

アクティブドライビングディスプレイは、エンジンをかけると自動でメーターフードの上に半透明のパネルが立ち上がり、速度や前車との距離感、ナビを設定した時にルート情報などが表示されるというものです。

マツダ・アテンザワゴン アクティブドライビングディスプレイ

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE アクティブドライビングディスプレイ

欧州車やレクサス・トヨタ車などはフロントガラスに映し出す形式をとっていますが、マツダはなぜ別にパネルを立ち上げる形式をとっているのか・・・?

営業さんに尋ねたところ、フロントガラスだと雨などの悪天候であったり、フロントガラスが汚れていたりすると見えにくくなってしまうので、マツダは専用のパネルを設置しているとのことでした。
なるほど、確かにフロントガラスだと外部の影響を受けますもんね。

ただ問題なのは、このディスプレイパネルを強制的に閉じることはできないということ。
また、全車標準装備なので、不要だからマイナスオプションで外すということもアテンザではできません。

試乗で数十分乗っただけでは、アクティブドライビングディスプレイに関しては何とも評価し難いところですが、個人的には悪くはないと思いました。
特に長距離での走行となると、極力体に負担がかからないような設計になっている方が良いので、視線をあまり動かすことなく必要最低限の情報が見れる、というのは良いのではないかと思います。

7インチのセンターディスプレイ(ナビ)はやはり小さい

マツダ車にはダッシュボードセンター上部にモニターが設置されていて、ナビやオーディオの操作はもちろん、車のあらゆるセッティングに関する操作をこのディスプレイに表示し、シフトレバーの下側にあるコマンダーでコントロール操作するというシステムになっています。

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE 7インチセンターディスプレイ

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE 7インチセンターディスプレイ


マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE 電動パーキングブレーキ

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE コマンダーコントロール

このディスプレイが7インチなので、ちょっと(かなり)小さく感じます。
私自身が普段、軽自動車でも8インチやミニバンの9インチのモニターに見慣れているせいもあるのですが、7インチではちょっと物足りないような気がします。

設置場所は、ダッシュボードの上にちょこんと飛び出る形でのディスプレイ設置なのですが、マツダとしては敢えてこの位置に設置しているとのことで、ドライバーが視線を大きく動かすことなく見る事ができる位置ということだそうです。
ダッシュボード内に埋め込む形での設置となると、ドライバーが視線を下に動かすことになるので、ダッシュボードの上に設置しているというのがこだわりだとか。

アテンザの内装は基本的にシンプルで、おおぉー!と驚くような内装ではありませんでしたが、魅せる内装ではなく、あくまでもドライバーが運転に集中するためのこだわりを貫いた設計で、その上で質感を高めているという印象、といったところです。

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアテンザを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアテンザを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アテンザの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アテンザを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアテンザの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る