ディーラーの下取りに出す前に一括査定をしてみました

今回、車の一括査定を依頼したきっかけは、まず車が老朽化してきたということと合わせて、家族構成の変更もあり、2台所有を1台の新しい車にしたく売却した車だと手狭になってきたというのもあり、とても気に入っていた車種でしたが売却を決心しました。

しかし、サイトなどで検索したり、オートバックスなどでオイル交換時についでに査定してもらうたびに「残念ですが値段がつきません」と言われるたびに残念で、なんとか複数の会社に見積もってもらえないかと思いつき、よく引っ越しや保険である一括査定サイトを利用しようと思いました。

2005年式 プジョー206SW 走行距離9万キロ

2005年式 プジョー206SW 走行距離9万キロ

「プジョー206SW」を一括査定したキウイさん
体験者 キウイさん
40代/女性
居住エリア 京都府
査定をしてもらった
車種
プジョー
206SW
年式 2005年式
購入年月 2010年9月
中古車購入
走行距離 9万キロ
ボディ色 ブラック 装備していた
オプション
オーディオMDプレイヤー
事故・修復歴 なし 利用した
一括査定サイト
カービュー
査定額 カーセブン/2万
JAC/0
カーチス/0
ビッグモーター/0
実際の売却先と
売却額
ディーラーに下取り
1万

査定をしてもらうまでの各業者とのやりとりは?

カービュー一括査定を申し込んだ後、複数の会社からメールや電話で連絡があり、各社それぞれの担当者と都合を合わせていきました。

カービュー

カービュー

その後調整した日時で、自宅まで来てもらうのか、それとも業者の方に私がいくのかというところも合わせて、決めてきました。
特に私の方から業者の担当に連絡をするということはなく、だいたい日中の都合のよい時間に担当から電話という形式が一般的でした。まれに仕事中にかかってきたものは出られませんでしたが、また連絡をくれました。

査定をしてもらった時の状況は?

一括査定を申し込んだ後に、カーセブン、、JAC、カーチス、ビッグモーターの4社からメールが来ました。
しかしながら、実際に連絡が電話やメールで来て自宅に来てくださったのはJAC以外の3社でした。各社の担当者は自宅まで来てくださり、うちの駐車場で外観、内装、エンジンルームや不具合のヒアリング、今回の売却にいたる経緯などいろいろとヒアリングしたり雑談を交えながら和やかに進んでいきました。
実際にエンジンをかけながら数分状態を見るということも当然ながらありました。
各担当は紙などにメモを取っていました。

実際に買い取ってもらうまでの流れは?

その後、各社上司などと確認後、査定額詳細を連絡くれました。
その結果、私は新しく買う車についてディーラーと交渉をしている際、売却額があまりつかないこの車のことも相談して、売却額も数万にしかならないことも伝えて、結局新しく買う車の下取りでどうかと提案を受けて実際悩みましたが、結局時間がないこともあり、
ディーラーに持っていくついでに下取りをしてもらおうと決心しました。
ですから、入金はなく支払額が少なくなったという状況です。引き取りもなく、私が結局ディーラーに持っていきました。

各業者の印象は?

◆カーセブンは今回唯一私の愛車を評価してくださったので、とても好印象です。数万円であったとしても評価をしてくれたことは感謝します。そして、対応も丁寧でよかったですよ。
◆JACはメールだけでその後なんの反応もなく電話すらなかったので印象はよくないです。
◆カーチスは特に可もなく不可もなく、普通によい対応でしたよ。電話印象もよかった。
◆ビッグモーター(ハナテン) もよかったですけど、やはり査定額0ですと言われると印象があまり残りません。

一括査定サイトを利用してよかった点

時間がなかったので、一括で複数の業者に依頼をできたのは時間の節約になり助かりました。
加えて、一度よい査定額が出ると、他の業者にもこんな額が出たのですが、という交渉材料にはなるので、一括で見積もりを出すのはよい案ではないでしょうか。
また、業者によっても対応は様々ですから、今後も車を乗り続けるとどうしても乗り換えというのも発生するので、今後、どの業者に依頼したら気持ちよく取引できるかという未来の参考にもなるのでよかったです。

一括査定サイトを利用して残念だった点

特にありません。

これから一括査定をしよう考えている方にアドバイス!

特にこれ!というのは思い当たりませんが、売ると決めても決めなくても、これは近い将来売るかも・・・の段階でもいいので、時間に余裕を見て依頼をした方ができるだけ高い値段で売れるのではないでしょうか。
どの業者の方もズバリこの値段!というのは決めておっしゃらないです。それでこれは以前にどこかで査定されたか、いくらぐらいの査定額だったか?と探りを入れてこられます。
ですから、できるだけ多くの場所で見てもらって希望に近い額で売れるように売る側も工夫されると愛車とよい別れができるのではないでしょうか。

今回利用した車一括査定サイト

カービュー



次の体験談

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたの愛車を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りの愛車を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

愛車の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

愛車を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットで愛車の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る