スバル・XV試乗 飽きのこないシンプルなインテリア(4/5)

スバルXVのインテリアを見渡してみて感じるのは、全体的にシンプルであるということです。

スバル・XV 内装

スバル・XV 全体的にシンプルな内装

逆にこのシンプルさが飽きがこないのかも知れませんが、ネットなどでは評価は分かれてます。

スバル・XV 内装

スバル・XV 飽きがこないシンプルな内装は評価が分かれる・・・

ピアノブラック加飾に、ステアリングやセレクトバーに本革を使ったりしてはいるので決して悪いとは思いません。

スバル・XV 本革巻きステアリングホイール

スバル・XV 本革巻きステアリングホイール


スバル・XV 本革巻セレクトレバー

スバル・XV 本革巻セレクトレバー

エアコンも左右独立式にするなど工夫があります。

スバル・XV 左右独立温度調整機能付 フルオートエアコン

スバル・XV 左右独立温度調整機能付 フルオートエアコン

しかし、上質感や高級感の部分ではレガシィOUTBACKレヴォーグなどと比べると見劣りはしますね。
値段相応という声もありますが、乗り出し金額が300万円を超える車と考えると少し寂しさがあるかも知れません。

シートカラーはもう少し自由さがあっても良かったかも?

XVのシートカラーですが、ガソリンエンジンモデルはブラックのファブリックにオレンジのステッチになります。

スバル・XV ガソリンエンジンモデルのシート

スバル・XV ガソリンエンジンモデルのシート

ハイブリットモデルはシルバーのウルトラスエードにシルバーのステッチです。

スバル・XV ハイブリッドモデルのシート

スバル・XV ハイブリッドモデルのシート

統一性があってどちらも悪くはないのですが、XVのボディカラーは明るめのものからダークなものまで幅広い設定があります。
それらのことを考えると、ブラックとシルバーのそれぞれから選べるようにしても良かったかも知れません。

最上位グレードの2.0i-L EyeSightには運転席&助手席ともに8WAYのパワーシートが標準装備です。

スバル・XV 2.0i-L EyeSight 運転席パワーシート

スバル・XV 2.0i-L EyeSight 運転席パワーシート


スバル・XV 2.0i-L EyeSight 助手席パワーシート

スバル・XV 2.0i-L EyeSight 助手席パワーシート

その辺で高級さを出している割には、後部座席がリクライニング出来ないなどと言った点があります。
多少でもリクライニング出来ると長距離ドライブなどの際には疲れが軽減されるのに・・・という感じでしょうか。

メーターの視認性やデザイン性は合格点

メーターは立体的なデザインで色の使い方も綺麗になっていると思いました。
まず、ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルはメーターのデザインがそれぞれ違ってきます。

ハイブリッドモデルは専用となる常時発光式ブルー照明メーターになります。
ガソリンエンジンモデルは常時発光式ホワイト照明メーターです。

スバル・XV  ガソリンエンジンモデルの常時発光式ホワイト照明メーター

スバル・XV  ガソリンエンジンモデルの常時発光式ホワイト照明メーター


シルバーのリングを施すなどして、スポーティーさや先進感が出ていてなかなか良いです。

また、中央には3.5インチのマルチインフォメーションディスプレイが装備されています。

スバル・XV マルチファンクションディスプレイ

スバル・XV マルチファンクションディスプレイ


瞬間燃費、平均燃費、後続可能距離、ECOゲージ履歴、VDC作動状態、アイサイト作動表示などの情報の確認が可能です。
切り替えが可能になっていることから、運転席まわりは機能の豊富さも感じることが出来ますね。

スポンサーリンク

収納はやや少なめ

収納は少なめですが、無駄なものを置かないと考えれば良いのかも知れません。

グローブボックス

スバル・XV グローブボックス

スバル・XV グローブボックス

フロアコンソールボックス

スバル・XV フロアコンソールボックス

スバル・XV フロアコンソールボックス


スバル・XV フロアコンソールボックス

スバル・XV フロアコンソールボックス 中の収納量は少なめ

蓋付きのドリンクホルダーはセレクトレバーの下に位置します。

スバル・XV 蓋付きドリンクホルダー

スバル・XV 蓋付きドリンクホルダー


スバル・XV 蓋付きドリンクホルダー

スバル・XV 蓋付きドリンクホルダー 使い勝手はどうだろうか?


少し取りずらい位置かな・・とも思うのですが、この辺は慣れもあるのでしょうか。

エアコンの下の部分も収納になっており、携帯デバイスなどの充電が可能なUSB出力電源が2か所にあります。

スバル・XV USB電源

スバル・XV USB電源

ドアポケットは運転席&助手席、後部座席にそれぞれあります。

スバル・XV 運転席ドア

スバル・XV 運転席ドア


スバル・XV 後席ドア

スバル・XV 後席ドア

助手席裏側のシートポケット

スバル・XV シートバックポケット

スバル・XV シートバックポケット

確認したのですが、やはり収納はこれが全てでしたね。
もう少しあっても良かったかな・・・やや物足りなさがあると思います。

後部座席からラゲッジルームは少し窮屈

後部座席はちょうどセンターにアームレスト兼ドリンクホルダーが装備されています。

スバル・XV 後席センターアームレスト兼ドリンクホルダー

スバル・XV 後席センターアームレスト兼ドリンクホルダー

こうして見ると決して広くない後部座席ですが・・・

スバル・XV 後席

スバル・XV 決して広いとは言えない後席

やっぱりここは広々快適空間というわけにはいきませんでした。
フル乗車でなく、比較的少人数で乗るのであればストレスにはならないというレベルですね。

ラゲッジルームもやはりレガシィOUTBACKやフォレスターなどと比べると狭さがあります。

スバル・XV ラゲッジルーム

スバル・XV ラゲッジルーム


スバル・XV ラゲッジルーム

スバル・XV 後席を前に倒した状態のラゲッジルーム

サブトランクも少量ながら、収納することは可能です。

スバル・XV 床下サブトランク

スバル・XV 床下サブトランク

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのスバル XVを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのスバル XVを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

スバル XVの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

スバル XVを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでスバル XVの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る