レクサス・NX試乗 豊富なカラー設定の内装インテリア(3/10)

レクサスNXのエクステリアについてはグレード間に大きな差はありませんでしたが、内装インテリアはどうかチェックしてみます。
ドアを開けて室内を見てみることで、各グレードによって雰囲気が大きく違うことがわかります。
でもそれには理由があるので、これから説明していきましょう。

自由に選択出来るインテリアカラーは数が豊富

まず、インテリアカラーについてです。
レクサスNXのインテリアカラーは、シートカラーとオーナメントパネルのことになります。
全グレードに設定されているブラックをはじめ、発注時に選択出来るインテリアカラーがあります。

レクサス・NX 内装

ベースグレード、”I Package”、”versionL”で選ぶことが出来るカラー、”F SPORT”はブラックをはじめ、ブラックをベースにダークローズを使用した専用インテリアカラーなど。
そのグレードに似合うカラーが設定されています。

各グレードで3~4種類、中にはグレード限定の設定インテリアカラーもあります。
シックさのあるものからバブルの名残を感じるものまで・・・
他のメーカーですと1種類とかが多い中で、ここまで種類があると混乱してしまいそうですね(汗)

”I Package”、”versionL”のみですが、設定されたインテリアカラーのホワイトオーカーもしくはブラックを選ぶことでも違いがあります。
そうすることでインストルメントパネル&ドアトリムカラーにホワイトオーカーを選ぶことも可能です。
イメージとしてはこんな感じでしょうか。
レクサス・NX インテリアカラー
他のグレードですと、ここはブラックで決まってしまいます。
ここはカタログと実写の見比べが必須ですね。

各グレードで違いのあるシートマテリアルも要チェック

インテリアカラーは自由に選べても、シートマテリアルは自由に選ぶことは出来ません。
レクサス・NX インテリアカラー

NX300h”versionL”、NX200t”versionL”・・・本革
NX300h”F SPORT”、NX200t”F SPORT”・・・”F SPORT”専用本革
NX300h”I Package”、NX200t”I Package”・・・L tex
NX300h、NX200t・・・ファブリック

そこはやはり価格の部分も出て来てしまいますね。
ユーザーのニーズに合わせる自然な流れではないかと思います。

L texシートの完成度の高さは一見の価値あり

”I Package”に使われているシート素材のL texですが、聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。
どんな素材?アルカンターラのよう素材なのか?
ここは販売スタッフに確認したところ、本革に近い風合いと手触りを追及した合成皮革なのだそうです。

レクサス・NX L texシート
こちらはNX200t”I Package”のシートです。
実際に見るとこんな感じですが、画像で見ただけでは本革とも変わりませんね。

ではNX300h”versionL”の本革とも比べてみましょう。
レクサス・NX 本革シート

カラーは同じブラックですが、本革とL texを触り比べてみても差はあまり感じません。
言われてみて「そうなんですね」としか返せない程度です。
この辺はレザーのスペシャリストクラスでないと分からないレベルとでも言うのでしょうか・・・?
ここはL texの完成度が高いことが分かります。
もし、本革が良くて”versionL”を視野に入れるのでしたら、”I Package”でも満足出来るかと思います。

スポンサーリンク

他のインテリアカラーも確認、ホワイトオーカーはおすすめか?

ディーラーには試乗車と展示車という形に展開されているのですが、中でも目をひいたのがコチラ!
レクサス・NX ホワイトオーカー

試乗車のNX300h”versionL”は展示車とは違い、インテリアカラーはホワイトオーカーでした。
レクサス・NX ホワイトオーカー

そして、インストルメントパネル&ドアトリムカラーをホワイトオーカーに変更したもの。
レクサス・NX 内装
”versionL”もしくは”I Package”のみで選べることが出来るカラーです。

こちらは素材云々よりも、存在感にただ圧倒されてしまいますね。
同じ本革でも見た目の上質感という意味合いでしたら、個人的にはホワイトオーカーが勝ってるように思います。

NX200t”F SPORT”の試乗車も確認出来ました。
レクサス・NX200t F SPORT ブラック&ダークローズ

こちらは”F SPORT”専用本革に”F SPORT”専用ブラック&ダークローズのインテリアカラー。
レクサス・NX200t F SPORT ブラック&ダークローズ
ダークローズというネーミングですが、実際には明るめの赤かも知れませんね。
オーナメントパネルの縞杢、その周りに施された専用の赤いステッチが格好良さを引き立たせています。

販売スタッフの方に聞いてみたのですが、やはり一番人気はブラックになるそうです。
出来ればホワイトオーカーを勧めたいそうですが、実際の購入時は無難な線にいってしまうことでしょうか。
都心部などに行くとホワイトオーカーが人気な店舗もあるそうなので、地域性によっての差もあるかも知れません。

ここまで第一弾としてインテリアカラーについて紹介しました。
カラーだけでもこれだけ豊富な設定があることから、インテリアの充実度が分かりますね。
インテリア第二弾でも引き続き紹介していこうと思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのNXを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのNXを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

NXの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

NXを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでNXの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る