ホンダ・N-BOX試乗 ノンターボでも街乗りなら十分な走り(1/5)

軽自動車の販売台数が2015年の上半期でNo.1という人気のN-BOXに試乗してきました。
今回試乗したのは、N-BOXの中ではスタンダードタイプ。
ターボ搭載車ではありません。
基本的に普段は普通車に乗っている私ですが、軽自動車に乗ってみて満足できるのか?不安を持ちつつの試乗です。
では、その走り心地と乗り心地についてご紹介します。

ホンダ・N-BOX 試乗車

ホンダ・N-BOX 試乗車

運転席が広くて居心地がいい

まずは乗る前に、意外とボディが大きいと感じました。
コンパクトミニバンのフリードよりも車高があるんですね。
(N-BOX全高:1,780mm/フリード全高:1,715mm)

おかげで運転席に座って、室内は天井までが遠いくらい(笑)

ホンダ・N-BOX 室内空間は申し分なし

ホンダ・N-BOX 室内空間は申し分なし

さすがハイトール系ワゴン、座っていても窮屈さは全くありませんでした。
天井までも遠いのですが、運転席自体の位置も高くて、運転席からの視界は普通車に乗っている感覚とあまり変わらないとも感じました。
軽自動車だとこの高さは珍しいみたいですね。
営業さんからは地上からの高さにこだわっているんです!とのことでした。

ホンダ・N-BOX 運転席に座ったときの目線はステップワゴンと同じくらいの高さ

ホンダ・N-BOX 運転席に座ったときの目線はステップワゴンと同じくらいの高さ

そして、運転席のシートも広くて座っていて余裕を感じます。
ギアが正面に、サイドブレーキが足元にあるので、助手席と運転席がつながったベンチシートなっています。

ホンダ・N-BOX 前席ベンチシート

ホンダ・N-BOX 前席はベンチシートで広々

ホンダのNシリーズは全てこのような形のシートのようです。
運転席を広く感じられるので、軽自動車なら助手席との隙間があるよりも断然いいと思います。
私は足元にパーキングブレーキがあった方が運転しやすいので、この仕様は大歓迎です。

スポンサーリンク

ノンターボでも街乗りならパワー十分

では実際に車を走らせてみての感想です。
やはり軽、エンジンの音が高く、普通車のような低い音は感じませんでした。
同じエンジン音でも低音がなくて、高音ばかりが響いている感じ。
ですので、走りも弱く軽いのかと思いきや、確かに軽いのですがいい走りをします。
車体が軽いということももちろんありますが、滑り出しも良く、軽やかに、いつのまにか一気にスピードが出ているという感じ。
こりゃまずいと思ってブレーキを踏むと、ブレーキングも軽やかな優しい踏み心地。
なかなか良いフィーリングに感じました。

N-BOXにはちゃんとECONモード(燃費を考えて車の動きを自動制御してくれるシステム)がついているので、街中で走る分には、エンジンが唸るような感じはありませんでした。
高速などで走る際には、ECONが自動制御してしまうと馬力が足りないかもしれない、と営業さんは話していましたが、通常走行では燃費優先で走り出しや停止時に制御してくれるのはとても助かると思います。
ECONを切った状態で運転してみましたが、確かに走りが良くなりますが、街中で普通に走っている分にはECONモーででも十分楽に運転できます。

ホンダ・N-BOX メーター

ホンダ・N-BOX メーター内の葉っぱのマークが「ECONモード」ONの状態

急な坂道でもヒルスタートシステム機能で安心

ターボエンジンなら別なのでしょうが、ノンターボだと急な坂ではやはり走りにパワー不足を感じました。
ECONを切ったまま急な坂道を走ってみましたが、やや物足りない加速で、これは軽自動車ということで許容範囲のパワーかと思います。
私はブレーキの効き方にこだわりがあるのですが、N-BOXしっかりと効いていたので、ブレーキに関しては安心感がありました。

そして、今回の試乗で初めて「ヒルスタートシステム」の良さを実感しました。
登坂の信号待ち等で停止した後に、ブレーキを離しても1秒くらいは車体が動かず、今の位置をキープしてくれるシステムが「ヒルスタートシステム」です。
試乗コースで急な坂道を走ったので、ちょうど体験することができました。
ホンダの車には、現在ほぼ搭載されている技術なんだそうです。

ノンターボの軽自動車でも、nboxなら走りやすく便利ですね。
車体が小さい分燃費もよく、良く走るので、コンパクトカーと同じくらい使い勝手はいいのではないかと思いました。
アクセルを踏むとすぐにスピードが出てしまうので、逆に気を付けて運転しないといけないかもと感じたくらいです。
気持ちよくてスピードを出したくなるような車でしたよ!

ホンダ・N-BOX 

2015年上半期の軽自動車販売台数No.1を獲得したホンダ・N-BOX 

今回試乗した【N-BOX】のスペック
車名 N-BOX メーカー名 ホンダ
グレード名 G Lパッケージ 車両重量 950kg
発売日 2015年11月20日
マイナーチェンジ
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1780mm
乗車定員 4人乗り ホイールベース 2520mm
排気量 658cc 最小回転半径 4.7m
駆動方式 FF 最高出力
(kW[PS]/rpm)
43[58]/ 7300
ミッション 8AT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
65[6.6]/ 4700
燃料 レギュラー エンジン 水冷直列3気筒DOHC12バルブ
JC08モード燃費 25.6km/L 型式 DBA-JF1
現行モデル発売 2011年11月~
[初代]
タイヤサイズ 155/65R14 75S
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのN-BOXを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのN-BOXを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

N-BOXの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

N-BOXを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでN-BOXの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る