【愛車レビュー】三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ) 究極のシティコミューター

皆さんは「EV」「電気自動車」と聞くと、どんなクルマを思い浮かべるでしょうか?
日産リーフ?テスラモデルS?
リチウムイオンバッテリーを搭載し、量産化した最初の電気自動車は三菱のi-MiEV(アイ・ミーブ)なのです。

このクルマはベース車である三菱i(アイ)のエンジンをモーターに変更し、床下にバッテリーを敷き詰めたものになります。

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)

普通のiもデザイン、レイアウト、パワートレインなど、未来を先取りしすぎたようなクルマでしたが、i-MiEV(アイ・ミーブ)はその変態度に磨きがかかっています。
デザイン上の大きな変更点はなく、運転席側後方のエアインテークが普通充電の為の蓋に変わっている事、マフラーがないこと、「i-MiEV」のバッヂがあることくらいしか違いはありません。

我が家のi-MiEV(アイ・ミーブ)は2013年式のベースグレードのものを中古購入しました。

デザインについて

デザインは未来的かつキュートでとても気に入っています。
欲を言うのであればスマートのようにフォーツー、フォーフォーと作り分けてもらうと、2シーター版はシティコミューターに磨きがかかったかと思います。
つまりサイドシルエットが少し長く、居住性を重視したことがわかります。

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ) 右サイド

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ) 右サイド

乗り心地と動力性能について

乗り心地はマイルドです。
重量物が床下に集中していますので重心が低く安定しています。
重量が重いのでゆったりとした乗り心地になります。

そうかと思うと動力性能は軽自動車としては異次元にあります。
トルクは1800ccのガソリン車に匹敵するほどありますし、スタート直後から発生する(厳密にはホイルスピン抑制のためか出足自体はマイルド)こともあり、町中ではちょっとしたスピードスターです。

初速、中間加速、アクセルレスポンスは軽自動車のそれとは一線を画し、ワンランク、ツーランク上のクルマとも渡り合えると思います。
ただし、最高速、高速安定性には不安が残ります。
この辺はトレッドが狭い軽自動車の宿命となります。ただ、ホイールベースはコルトなんかよりも長いのですがね。

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ) 内装

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ) 内装

スポンサーリンク

駆動方式はMR

さらにこのクルマはMR(厳密に言うとRRに近い気もする)というレイアウトを採用しています。
これはF1などの、「走る為に生まれたクルマ」に採用されることが多いレイアウトです。

大きな特徴は、最大の重量物であるエンジン(今回はモーター)をホイールベースの中に配置することにより慣性(遠心力)を最小限にすることを目的としていることにあります。
簡単に言うとよく曲がる、というかよく回るのです。
ただし、限界性能はそこまで高くなく、その前に前輪が負けるように、メーカーはあえて細いタイヤを履かせたと推測されます。とってもよく曲がるので調子に乗っていると、前輪が20000キロも持たずにボウズになってしまいました。

加えてランニングコストの安さは天下一品です。
1キロあたりの走行距離は、契約内容によりますが1円~2円で済みます。
10km/Lの走行コストが1キロあたり12円~13円でありますから、その差は計り知れません。
またオイル交換も不要ですので、走行にかかるコストはフロントタイヤの摩耗くらいのものです。

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ) メーター

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ) メーター

i-MiEV(アイ・ミーブ)の欠点

ここまで褒めちぎってきたi-MiEV(アイ・ミーブ)ですが、欠点ももちろんあります。

まずは新車の場合、本体価格が高額です。
250万程しますので、それなりのよいクルマが買えてしまいます。

また、一回の充電で走れる距離が多くて150キロ、短いと80キロほどのになり、安心して走れるのはそれぞれの20キロマイナス程度です。

ただ、中古車は人気がなくてとても安いので、今乗っているクルマのガソリン代を浮かせるような運用を行えば、セカンドカーを実質無料で入手できるかもしれません。

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ) リヤ

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ) リヤ

満足度評価
【i-MiEV】
総合評価 ★★★★☆
外観 ★★★★☆ 乗り心地 ★★★★☆
内装 ★★★☆☆ 安全装備 ★☆☆☆☆
エンジン ★★★★★ 燃費 ★★★★★
走り ★★★★☆ 価格 ★★☆☆☆
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのi-MiEVを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのi-MiEVを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

i-MiEVの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

i-MiEVの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

i-MiEVを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでi-MiEVの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

べす認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 大阪府在住

車大好きです。30歳にして13台の車をのってきました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る