トヨタ・エスティマ 2016年6月ビッグマイナーチェンジでの変更点(外観その1)1/5

現行モデルとしては2006年から発売されているエスティマが、2016年6月にビッグマイナーチェンジをしました。

トヨタ・エスティマ

トヨタ・エスティマ 2016年6月マイナーチェンジ

エスティマの人気は根強く、現行モデルの3代目エスティマはもう10年目に突入しているというのにフルモデルチェンジをせず、マイナーマイナーを繰り返すだけでもまだまだ人気です。
それでも古さを感じさせない・・・というのが本当にすごいと思います。

我が家も以前にミニバンを検討していた時、エスティマにするかステップワゴンにするかで最後まで悩み、最終的にはステップワゴンに決めたという経緯があったので、エスティマの存在はかなり気になります。

エスティマの魅力は何といっても流線形のスタイリッシュなデザインと、BOX系ミニバンとは違い、乗用車感覚で運転できる操作性の良さですよね。
デザインと使い勝手が上手く両立されているので、幅広いユーザーに支持されているのも納得できます。

我が家がミニバンを所有する前のことですが、1泊2日の旅行にレンタカーでエスティマを借りて運転した際、車格の割にとても運転しやすいと感じたことが印象的でした。
ただ、サスペンションのフワフワ感はちょっと気になりましたけど・・・。

ということで、新しくなったエスティマ、今回のマイナーチェンジでどう変わったのか?
詳しくお伝えしたいと思います。

マイナーチェンジ後の正式発売そのものは6/6でしたが、私のお邪魔したトヨタ店では6/8に新しいカタログが届いたところでした。

トヨタ・エスティマ カタログ

トヨタ・エスティマ カタログ(2016年6月6日マイナーチェンジ後)

グレード体系の変更点

まずグレード体系について、エスティマにはこれまでノーマルタイプ(「X」「G」)とエアロ仕様のアエラスの大きく2タイプが設定されていましたが、今回のマイナーチェンジでアエラスのみに1本化されました。

そしてガソリンモデルは、これまで2.4Lと3.5Lの2タイプ展開されていましたが、3.5Lが廃止され2.4Lのみに。
ハイブリッドモデルは、これまで通り2.4L+モーターとなります。

やはりアエラスの方が人気だったようですね。
発売当初は年齢層の高いユーザーも多かったようですが、ラージクラスのアルファードヴェルファイアが登場したことで、ユーザー層も分かれていったのでしょう。

エスティマ AERAS PREMIUM-G  (ガソリンモデル)

エスティマ AERAS PREMIUM-G(ガソリンモデル)
(Photo by TOYOTA Webcatalog)


エスティマ ハイブリッド  AERAS PREMIUM-G

エスティマ ハイブリッド AERAS PREMIUM-G
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

外観エクステリアの変更点

まず大きく変わったのがヘッドランプの形状とリアコンビランプです。
フロントフェイスはかなり印象が変わりました。

↓ こちらはマイナーチェンジ後の新型エスティマ

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ後

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ後
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

↓ こちらはマイナーチェンジ前です

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ前

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ前
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

ヘッドランプ周り

薄型でよりシャープになったヘッドランプに加えて、特徴的なのはアクセサリーランプが縦長に配置されています。
一見、シエンタの印象に近いように感じますね。

この縦長のアクセサリーランプはLEDで、デイライト機能付になっています。
デイライト、いいですね。
ヘッドランプもディスチャージタイプからBi-Beam式のLEDに変更になりました。

トヨタ・エスティマ Bi-Beam LEDヘッドランプ、デイライト機能付LEDアクセサリーランプ

トヨタ・エスティマ Bi-Beam LEDヘッドランプ、デイライト機能付LEDアクセサリーランプ
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

最近のトヨタ車に搭載されているBi-Beam(バイビーム)LED。
Bi-Beam(バイビーム)というのは、1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えをするというもので、しかも省電力!というトヨタが世界で初めて開発した先進技術のLEDランプですが、実際の明るさはどうなんでしょう?
我が家の30系アルファードはBi-Beam(バイビーム)式ではないので、実際の使用感はわかりません。

そして、気になったのはフォグランプは一体どこへ・・・?
どうやらフォグランプというもの自体がなくなったようで、最近はヘッドランプがLED化で明るくなってきたことで、フォグランプそのものの機能が不要になってきている
との営業さんからの説明でしたが・・・。
何だかフォグランプがないのは、個人的に少しさみしいような気がします。

スポンサーリンク

フロントグリル周り

そしてフロントグリル部分がバンパーの下部までつながって、アクアと同じような形状に思えるのは私だけでしょうか。

下に大きく開口部を広げているのが特徴的です。

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ後

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ後
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

リヤコンビネーションランプ周り

リヤコンビランプは、これまでアエラスの特徴でもあったクリアテールではなく、レッドテールになりました。
一見、ハリアーっぽいですね。

ストップランプは、最近流行りのライン発光になるそうです。

↓ こちらはマイナーチェンジ後の新型エスティマ

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ後

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ後
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

↓ こちらはマイナーチェンジ前です

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ前

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ前
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

アエラスなのにレッドテールになったという点については、ちょっと意外な感じですね。
あえてレッドテールにした理由は・・・?
個人的にはクリアテールよりレッドテールの方が好きなので、嬉しい変更ではあります。

私がお邪魔したトヨタ店の営業さんに聞くと、営業さんも個人的にはレッドテール派で、ユーザーの実際の声も好みは半々くらいだったそうです。
あくまでもその店舗に限ってのことですが、年齢層の高いユーザーの方がクリアテールを好まれたそうで、若いユーザーはレッド派だったとか。(地域によって違うそうですが)
私はてっきり逆かと思っていました。

というのも、若いユーザーをターゲットにしたヴェルファイアはクリアテールで、年齢層の高いユーザーをターゲットにしているアルファードはレッドテール、ということに何の異論もなく納得していたので。

以前、我が家がミニバン購入でエスティマを検討していた時、基本的な仕様はアエラスで問題なかったのですが、私が唯一ひっかかっていたのがクリアテールであるということ・・・。
オプションでレッドテールに変更できないのか!?と何度も尋ねたものです(笑)
恐らく私のように、アエラスでレッドテールにしたいと希望されるユーザーが多かったのかもしれませんね。

しかし、クリアテールが好きだった人には逆に不満ですよね(汗)
今回のマイナーチェンジで、オプション設定でもクリアテールに変更することはできないようです。

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ後

トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ後
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

以上のように、フロント・リヤは外観で大きく変わりましたが、サイドビューの流線形はこれまで通り美しく保たれています。

トヨタ・エスティマ

トヨタ・エスティマ
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

ここまで、主だった外観の変更点をご紹介しました。
その他の変更点については、次項でお伝えさせて頂きます。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのエスティマを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのエスティマを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

エスティマの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

エスティマを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでエスティマの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る