トヨタ・新型クラウンRS試乗レビュー クラウンの歴史は国産車の技術の歴史(4/6)

コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、1990年代まで長らくフレームシャシーに固執していた一方で、初代モデルからカークーラーやオートマチックトランスミッションを採用し、2代目からはパワーステアリングやパワーウィンドー、オートチューニングラジオなど当時最新の車載装備や用品を充実。

3代目に至っては当時、世界的に社会問題化していた交通事故に対応すべく、衝撃吸収構造のボディに三点支持シートベルトや衝撃吸収型のステアリングシャフト、軟質素材を使ったスイッチノブを採用し、当時のアメリカの安全基準を上回る安全性を確保、1970年代からは電子制御インジェクションを採用し、後に三元触媒を組み合わせることで世界でも最高レベルの排ガス浄化システムを実現します。

トヨタ・新型クラウン 試乗車

トヨタ・新型クラウン 試乗車

今回試乗したモデルは直列4気筒1998ccの直噴型エコターボエンジン、排気量だけ見れば昔のコロナと大差ないエンジンですが、スペックは最高出力180KW(245PS)/5200~5800、最大トルクは350N.m(35.7kgf/m)/1650~4400rpm、常用回転域で最大トルク(トルク=車軸を回転させる力)をキープしているため体感的には非常にパワフルなだけでなく、突然パワーが暴れだすという事も無く、8段ATとの組み合わせで回転数を上げずに変速だけで加速することも可能なので、エコドライブも容易です。

トヨタ・新型クラウンRS エンジンルーム

トヨタ・新型クラウンRS エンジンルーム

またダウンサイジングしたことでエンジンの搭載位置がまるでスポーツカーのように前輪の車軸に対して後退しているというのも見逃せないかもしれません。
ノーズが軽くオーバーハング内に重量物が無いという点で、フルサイズセダンながら回頭性の良さも期待できるでしょう。

トヨタ・新型クラウンRS エンジンルーム

トヨタ・新型クラウンRS エンジンルーム

この他に、V型6気筒2.5Lハイブリッド、V型6気筒2.5Lハイブリッド4WD、V型6気筒3.5Lハイブリッドのラインナップとなります。

今回のクラウンで注目すべきは、今やトヨタのキャッチコピーともなっている「CONNECTED」次世代の高度交通システムを見据えて、通信機能でしょう。

「T-Conect for Crown」というサービスを契約する事により、365日24時間、車内から先任のオペレーターをボタン一つで呼び出すことが可能で走行中でもドライバーに代わって目的地の検索とナビ設定、ホテルやレストラン、航空チケット等の予約をすることが可能です。

万一に備えて事故や急病時も緊急ボタンでオペレーターが警察や救急へ通報する「ヘルプネット」を採用、またエアバッグシステムが作動した場合は自動的に「ヘルプネット」のオペレーターにつながるシステムになっています。

車載情報通信システム自体は1997年にサービスを開始した「MONET」から始まり、MONETとGAZOOを融合させた2002年の「G-BOOKS」を経て、「T-Conect」で基本技術のプラットフォームが出来つつあるように感じます。

トヨタ・新型クラウン コネクティッドサービスについて

トヨタ・新型クラウン コネクティッドサービスについて

今までは、必要な情報を取得するだけでしたが、いよいよ対話型のオペレーションで必要な情報とアクセスしたり場合によっては予約手続きなどもこなせるなど、クラウンが移動の道具から相棒や友達のような存在になるとトヨタは豪語しています。

さらにはLINEアプリで離れた場所から自分のクラウンと「CONNECT」できるなど、筆者の世代からするとまるで「ナイトライダー」を彷彿とさせるものがあります。

高度道路交通システム(ITS)の管制システムに接続する事で、渋滞や進行方向の信号、さらには見通しの悪い交差点の接近車両や対向車、近づいてくる緊急車両の情報をドライバーにリアルタイムで提供する事も可能で、事故を未然に防いだり、渋滞の緩和に役立て、さらには情報を共有しているクルマ同士のビッグデータをもとに災害時に、通行可能な道路を表示することも可能となります。
これが自動運転技術への布石であることは言うまでもないでしょう。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのクラウンを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのクラウンを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

クラウンの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

クラウンを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでクラウンの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

天上院 聖璃華認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性

愛車は1973年型トヨタセリカLB2000GTと1969年型スバル360スーパーDXを所有する無類の旧車マニア。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る