トヨタ・新型クラウンRS試乗レビュー 走行性能には不満なしではあるが・・・(3/6)

ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。

トヨタ・新型クラウン 試乗車

トヨタ・新型クラウン 試乗車

なぜなら、保守的な人や特にこれと言ってクルマに求める物が無い人など、様々な嗜好のバラつきのある不特定多数のユーザーから一切不満が出ない事が求められる事で、さして特徴の無いハンドリングや走行性能が正義となるため、特にこれと言った印象が残らないのです。

ところでこの特徴の無いハンドリングと走行性能ですが、これは両刃の剣な一面があり、ハンドリングやエンジンパワー、シャシー性能の完全バランスを取ることに成功すれば、リニアな応答性と思い通りの走行ラインで曲がる事の出来るハンドリングとパワーで、時には数値的なスペックではたいしたことのない、可もなく不可もなくだれでも運転できる実用車でも、いざ腕の立つドライバーがワインディングロードを走りこんでみると、思い通りコントロールできる奥深いハンドリングだったという話があります。

メルセデスベンツや今なお絶大な人気を誇るハチロクことAE86型カローラレビン・スプリンタートレノがこれに相当します。

しかし、この特徴のないハンドリングを応答性を打ち消したり遮断する方向で特徴の無いハンドリングを出そうとすると、どんな乗り方をしても全く変化を感じないつまらないクルマになるばかりか、ドライバーやタイヤの限界を超えていたり、路面の舗装が荒れていたりヘビーウェットでいつコントロールを失ってもおかしくないのに、全くドライバーにはまったく危険に気づかないということにもなりかねなません。

一時期のクラウンはまさにこの後者のクルマの筆頭の様な存在だったのですが、現社長の「ワクワクドキドキするクルマの味付け」というモットーはクラウンも例外ではなく、今期型クラウンは国内販売メインのクルマながら、ニュルブルクリンクでの走行テストが話題となりドライバーズカーとしても素晴らしいものとなっています。

トヨタ・新型クラウンRS 試乗

トヨタ・新型クラウンRS 試乗

何度か旧型クラウンアスリートのハイブリッドモデルを運転したことがあるのですが、クラウンとしては足回りが固く感じ、また発進トルクが思ったよりもあるためパワーの制御に気を使うクルマだったのですが、今回試乗したRSは乗り心地も普通でスロットル操作もマイルドなものでした。

ニュルを走りこむCMのようにコーナリングの限界を試すような事はできませんでしたが、どっしりとした安定性と静寂性は流石クラウンです。

試しに8速ATのマニュアルモードを使って、パドルシフトでの変速もしてみたのですが、生憎40~50km/hで街中を流す分には使う意味は感じられませんでした。
こればかりは、ディーラーの試乗程度で論じることは難しいでしょう。

トヨタ・新型クラウンRS ナビゲーションモニター

トヨタ・新型クラウンRS ナビゲーションモニター

足回りは前述の通り、クラウンと言えばふわっとしたソフトな足回り(これはこれで悪くはないのですが)は過去の物となりましたが、筆者が以前運転したことのあるアスリート(ただし個人所有車の預かり物だったためショックが強化型に変えられていたのかもしれません)のように突き上げを感じる事も無く程よく締め上げられたサスペンションという感じでした。

昔のクラウンが雲に乗っているようと表現するのであれば、現行型は氷の上をすべるように走るといった感じでしょうか。
勿論ロードノイズや路面からの振動も皆無です。

走行性能も60km/hほどまでしか試すことは出来ませんでしたが、2リッターのダウンサイジングターボはターボの加給を感じる事も無くダウンサイジングエンジンのエコモデルであることを忘れさせるくらいのパワフルな走りを見せてくれます。

トヨタ・新型クラウンRS シフトレバー

トヨタ・新型クラウンRS シフトレバー

昔はクラウンと言えばもっさりとして燃費が悪いというイメージでしたが今やクラウンでもキレのある走りでリッターで10km以上の燃費を叩き出すのも当たり前なのには隔世の感を感じます。
ドライバーズカーとしては文句なしの性能と言えるでしょう。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのクラウンを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのクラウンを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

クラウンの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

クラウンを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでクラウンの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

天上院 聖璃華認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性

愛車は1973年型トヨタセリカLB2000GTと1969年型スバル360スーパーDXを所有する無類の旧車マニア。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る