ルノー・新型トゥインゴ試乗 革新か?先祖帰りか?RRを採用した新型トゥインゴ(1/7)

RRレイアウトを採用した新型トゥインゴに試乗しましたので、今回はそのリポートをお届けします。

広報資料には「革新的なリアエンジン・リアドライブ(RR)を採用しました」と書かれていますが、クルマの歴史にちょっとでも詳しい人なら「革新ではなく先祖帰りなのでは?」との疑問を持つことでしょう。
それというのも、今を去ること半世紀前、コンパクトカーの主流は、現在のようなフロントエンジン・フロントドライブ(FF)ではなくRRだったからです。

では、FFが全盛となった現在、なぜ今さらトゥインゴはRRレイアウトを採用したのでしょうか? 
その謎をひも解く前に、ここであらためてコンパクトカーの変遷をおさらいしておきましょう。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

RRのメリットとデメリット

コンパクトカーの駆動方式は昔はRR、現在ではFFが主流になっていることは、先程も述べました。これは限られた全長の中でキャビンを広く採るための必然でした。
RR、FFのいずれの方式も、エンジンやトランスミッションなどのパワートレインをリアエンド、もしくはフロントエンドに集中させることで、邪魔なドライブシャフトをフロア中央部から排除し、スペース効率を高く採ることができたのです。

しかしながら、RRの場合はラジエター(水冷エンジンの場合)やバッテリーなどの補器類の一部、マスターシリンダーやバキュームサーボ(マスターパック)などのブレーキ系はフロントボンネットの中に収めざるを得ず、その分フロントフード下のラゲッジスペースが制約を受けてしまいます。
さらに自動車の高速化や重量増加に対応するために足回りを強化すれば、サスペンションやブレーキなどの構成部品が大型化して、ただでさえ乏しいラゲッジスペースがますます小さくなってしまうのです。

RRは車体後部にエンジンなどの重量物が集中するため、発進時や坂道走行時でのトラクションに優れますが、その反面、高速安定性の確保が難しく、コーナリング時の操縦性がオーバーステア(ステアリングを一定の角度に切ったまま定常旋回に入ると、速度が上がるにつれて内側にどんどん回り込んで最終的にスピンしてしまう自動車の挙動を示します)になりやすいという宿痾がありました。

また、交通の高速化に合せて、エンジンを高性能化・高出力化して行くと、それに比例してエンジンから発する熱量も増えてしまいます。ところが、走行風がエンジン本体に当たりにくいRRは、構造的にエンジンの冷却がしにくいという問題がありました。

RRのレイアウト (フィアット・500)

RRのレイアウト (フィアット・500)

スポンサーリンク

RRがFFに取って代わられた理由

そこでRRを前後逆にしたようなFFに次第に注目が集まるようになります。
FFは世界最古の自動車レイアウト(1769年に試作された蒸気自動車『キュニョーの砲車』はFFでした)でありましたが、信頼性の高い等速ジョイントが安価に量産できなかったことから、長らく自動車設計者たちは、FFのスペース効率の高さを理解しつつも、消極的な理由から操舵と駆動を前・後輪で分担するRRレイアウトを採らざるを得なかったのです。

しかし、50年代後半になると技術的なブレイクスルーが起こり、安価かつ信頼性の高い等速ジョイントの開発が可能となり、量産化の目処もつくようになります。
FFはフロントエンドに重量物が集中しているため、高速走行時の直進安定性が高く、雨や雪などの悪天候に強いという長所がある反面、コーナリング時にアンダーステア(ステアリングを一定の角度で切ったまま定常旋回に入ると、速度が上がるにつれて外側にどんどん膨らんでコースアウトしてしまう自動車の挙動を示す)が出やすいという欠点がありました。

しかし、この問題はタイヤとサスペンション技術の進化によって、ほぼ解決できるようになったのです。
その上、後輪に駆動力が掛からないため、リアサスペンションの簡素化が図りやすく、パワートレインのモジュール化が容易で、派生車種を作りやすいという生産上のメリットがありました。
そのため、多くのメーカーがRRからFFへと生産をシフトしていったのでした。

フォルクスワーゲン・ビートル

代表的なRR車 フォルクスワーゲン・ビートル

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのトゥインゴを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのトゥインゴを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

トゥインゴの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

トゥインゴを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでトゥインゴの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

山崎 龍

山崎 龍

投稿者プロフィール

1973年1月東京生まれ。
自動車専門誌の編集を経て、現在はフリーライター。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る